北朝鮮 ミサイル発射⇒日本に落ちる場所はどこ?【対策方法3選】

 

【速報】北朝鮮とアメリカとの戦争が秒読みとなりミサイル発射のXデーが間近に!北朝鮮がミサイルを発射して日本や韓国に落ちる場所はどこなのか?着弾点はどこをいつ狙うのか?東京、神奈川、沖縄、青森三沢、京都、大阪、福井県が危険エリアに!?

 
スポンサーリンク


北朝鮮のミサイル発射【速報】

Xデーが近くなった戦争秒読みの北朝鮮が報復攻撃としてミサイル発射が現実味を帯びてきています!
アメリカからの空爆攻撃を受けた北朝鮮はミサイル発射で報復をしてくることは明白であります。
ただ現在はアメリカまで届くミサイル(大陸間弾道ミサイルICBM)は開発されていない為に北朝鮮は日本や韓国の米軍基地を狙うと宣告もしています!
この北朝鮮のミサイル発射は早くて本日2017年4月15日の太陽節に合わせて核実験とともにミサイル発射も計画されています!
また4月27日の新月にもアメリカの先制攻撃で北朝鮮も応戦してくる可能性もあります!
どちらにしても余談を許さない状況となってきておりミサイル発射に対してどう行動していけば良いのかを知っておく必要があります。

ミサイル発射(北朝鮮)で日本に落ちる場所はどこ?

北朝鮮が報復攻撃で使用するミサイルはノドンの可能性が高いです!
このノドンのミサイルは射程距離が1300キロメートルとなっていますので日本全国が射程圏内にあります。
そう考えると日本に落ちる場所はどこでも可能なのですが北朝鮮が日本のどこを狙うかと言いますと金正恩第一書記が先日発表した米軍基地を狙うと考えられます!
よって日本では東京、神奈川、沖縄、青森三沢、山口、京都、大阪、福井県などがミサイルの着弾点に設定されていて狙われている可能性が高くなっています!
また原発も狙われやすいので原発の近くもミサイルが落ちる場所としては狙われるかもしれません!
その北朝鮮のミサイルの精度も正確ではないと思われれるので実際に狙っていた場所と違う場所に着弾する事もあり得るので日本全国どこにでも落ちてしまう可能性が高くなっていると考えるのが正しいのかもしれません。
そのミサイルには核弾道のパターンとサリンなどの猛毒の化学兵器の可能性もあります!

 
スポンサーリンク


北朝鮮からミサイルが発射された際の対応策は?

北朝鮮のミサイルが発射されてから約10分で日本に到着すると言われています!
しかし実際には7分でミサイルが日本のどこかに落ちるとも言われています。
そしてJアラート(全国瞬時警報システム:国民保護サイレン)が鳴るのがミサイル発射から約4分経過してからと言われていますので、
残り3分でどういった対応するのかというと、核ミサイルの場合は外に居て核の光を浴びると人間も一瞬で気化して影になってしまうので
Jアラートの国民保護サイレンが鳴った場合にはすぐに建物の中に入るようにしてください!
できれば地下があれば地下の方が安全だと言われています!
コンクリートの建物は爆風にも耐えるとされていますので建物のできるだけ窓から離れた中の方の壁の内側にいれば爆心地でも助かるようです!
よって北朝鮮のミサイルが発射された場合は頑丈な建物の中に入って身を隠すのが一番です!そのタイムリミットは約3分です!

また別の対応策として北朝鮮のミサイルが飛んでこないとされる北海道にしばらくの間、滞在するっていうのもありなのかもしれません!
そしてミサイルが発射された日本や韓国は交通機関がマヒしているのでしばらくは物流が止まる事により食料不足などが考えられるので
2017年4月に関しては防災グッズや水や食料などの備蓄品を多めに自宅に用意しておく方がよいかもしれません!
防災士厳選の防災グッズ36点セット
この防災グッズ36点セットは今ならすぐに届くようですが戦争が始まれば防災グッズはあっという間に売り切れるのかもしれません。買わなくても済むように平和的に解決して欲しいところです(><)

北朝鮮のミサイル発射まとめ

北朝鮮のミサイル発射は2017年4月15日か4月27日が濃厚とされています!
そのミサイル発射された場合に日本のどこに落ちるか心配でありますが、北朝鮮はかねてから米軍基地を狙うと宣言しているので
米軍基地のある京都、東京、福井県、青森三沢、神奈川、沖縄、大阪、などが危険であると推測されます。
もし北朝鮮からミサイルが発射された場合は約7分で着弾するのでJアラート(全国瞬時警報システム:国民保護サイレン)が鳴った際に屋外に居た場合は
すぐに頑丈な建物内に入って被ばくを避けるようにしてください!
建物や地下に居る事で爆心地であっても助かる可能性が高くなります!
広島や長崎の核爆弾の際には木造の家屋は一瞬で吹っ飛びましたのでやはりコンクリートの頑丈な建物に逃げ込みましょう!
Jアラートが鳴ってからは約3分しか猶予はありませんので4月は常にテレビやラジオなどで情報をキャッチしておいた方が良いでしょう!
また自宅では雨戸シャッターやカーテンも閉めておいた方が4月中は良いのかもしれません!
防災グッズをしっかりと確認しておいた方がよいでしょう。

 
 

>>次のページ 北朝鮮のXデーで東京、神奈川、三沢が危険!

 

 
スポンサーリンク



 

関連記事

カテゴリー

最近の投稿

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る