小林麻央 現在の余命は顎の癌転移でヤバい!食事や話す事も不可能に!

スポンサーリンク
     

小林麻央が顎(あご)にも癌が転移した事により現在の余命がヤバい状況に!とくに顎の骨がガン細胞に侵食されていくと「あご」の動きは食事や話す時に使う部位である為に今後、小林麻央は話す事も食事もできずに現在よりも激やせし余命が末期に?!


スポンサーリンク


小林麻央の現在の余命は顎の癌転移で危険!?

小林麻央さんがアメーバブログKOKOROの5月26日に最新のアメンバー限定記事を更新しました!
その内容や画像から察するに現在、小林麻央さんの顔の一部である顎にも癌の転移が見つかったような感じの話しが広がっています!

その顎の痛みを以前から感じていたようでご飯も最近は食べる事ができずに
現在は具無しの味噌汁やお粥など噛まなくても食べられるものしか口にできませんでした。
その原因は「がん」が顎の骨にも転移していたからです!

小林麻央さんの癌は乳がんから始まって骨や肺や皮膚など現在は全身にガンが広がってしまっています!
いわゆるステージ4で根治治療はできずに今あるがんと共に共存していこうとしているところであり、
痛みが発生するがんができた時に関しては放射線治療を行って痛み軽減のQOL治療で行きましょう!という事になっています!

要するに小林麻央さんの身体のガン細胞すべてを死滅させるには現在では既に手遅れになってしまった状態であります!
通常であれば日本人で多い胃がんや大腸がんや肺がんなど1か所の臓器のガンだけでも死に至ってしまうケースが多い中で小林麻央さんは骨、肺、皮膚、顎とあらゆる場所にガンが出来てしまっています!

その事から考えても現在の余命は危険領域に入っていると考えられます!
また麻央さんの専属の医師の方々からも余命は2016年の6月や7月などと言われていた事を海老蔵さんが明かしている事や現在の小林麻央さんが体重30キロ台まで激やせしてきている事から余命が5月から6月で危険な感じでヤバいとネット上ではざわざわしています!

小林麻央

小林麻央は顎への癌が転移で食事や話す事ができなくなる?

小林麻央さんの顎へのガンの転移が公表されましたが、チャコール湿布を貼っている事から
現在の顎の癌は皮膚のガンではなく顎の骨へのガン転移だと考えられます!

そうなると今後は顎が使えなくなってくる可能性も出てくるのかもしれません!
人間が顎の動きをする動作では「食べ物を噛んで食べる」「話しをする」「息をする為に口を開ける」などがありますがそれらの動作が全く出来なくなる恐れも考えられます!

その為に現在、小林麻央さんは顎が動かなくなった場合に口から息ができなくなる可能性もある為か酸素吸入器を鼻からチューブを差しています!
また食べ物を噛んで食べる事ができなくなった場合に備ええ現在は鎖骨下にポート(点滴)を埋め込んで口から食べ物を食べれなくなっても大丈夫なように装置を体内に埋め込んでいます。
そして話す事ができなくなってくる可能性も考えられますがその対策はブログKOKOROを見ている限りではまだ講じられていないような感じはします!

最悪、顎が動かせずに話す事が出来なくなった場合はシャ乱Qのつんくさんが喉頭がんで声が発せられなくなった時のようにパソコンを使用して会話をしていくのかもしれません。
そのファンへの会話の発信源がブログKOKOROになってKOKOROで会話していく事を想定しているのかもしれません!


スポンサーリンク


小林麻央の現在の余命のまとめ

小林麻央さんは3月までは自宅で子供たちと楽しく過ごしていたのがウソのようですが4月前半くらいから体の調子を崩して現在は慶応病院の1泊5万円の個室に入院しています!
入院してからも40度近くの高熱が毎日続いたり歩くことができなくなったりと過去最大級で危険な状況になりつつあります!
また顎の骨のガン転移が発覚したにも関わらず病院の医師の方が手を付けようとしないのもちょっと気になる点ではあります!
こういった事からやはり小林麻央さんの余命は現在では厳しい状況になってきている事を明かしているのかもしれません。
ただ小林麻央さんは生きるという強い気持ちが普通の人よりもはるかに大きいです!
その気持ちがあればガン細胞にやられない免疫力になってくると思うので必ず回復すると信じています!
これからもブログKOKOROの読者の皆さんと共に応援やお祈りをしていきたいと思います。

>>次のページ 小林麻央「顎」アメンバー限定の内容や画像がネタバレ



スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする