小林麻央 退院決意は余命が2月?ブログで最期の真相と理由を語る


小林麻央の退院決意をした理由は余命が2月~3月までなので子供と1日でも多く過ごす噂は嘘?真相は麻央ブログKOKOROで最期を語ると言われているが放射線治療が無事に終了し痛みが無くなった為に退院し自宅でQOLの終末医療を行う?


スポンサーリンク


小林麻央の退院決意をした理由は余命が2月~3月までの噂は嘘?

小林麻央さんが2017年1月29日に慶応病院を退院したとブログKOKOROで公表しました!
自宅に戻ると子供たちが退院祝いとしてプレゼントを渡したそうですが、その贈り物もブログ内で公開されていました!
この写真を見ただけでわかると思いますが小林麻央さんはまた痛みが再発するかもわからない状況であったり
現在も放射線食道炎にかかっている状態なのでまだ完全に回復はできていない状況ではあったのです。
それにも関わらずに1日でも多く子供たちと過ごしたいという強い希望で退院して自宅に戻る許可を主治医の高橋医師からもらえたので退院を決意したと思われます!
ただ余命に関しては医師からは昨年の夏までだと言われていることも市川海老蔵さんが公表している事から
余命は2月3月までとの噂は信じたくないですがステージ4のがんであることから考えても通常の人よりは余命が短いのかもしれません!
でもその余命が最期だといわれている中でも精いっぱい生きている小林麻央さんに感銘を受けているブログKOKOROの読者ファンも多いと思われます!
小林麻央さんみたいに強い気持ちがあれば余命なんて無限大にもなるものであるとブログKOKOROで確認させられました。


スポンサーリンク


小林麻央ブログKOKOROで最期の退院決意の真相と理由を語る? 

小林麻央ブログKOKOROで1月28日に退院決意を発表していましたがまさか翌日の29日に退院するとは思ってもいませんでしたが
退院できるまでに体調も良くなってきたことにファンとしてもホッとしているところであります!
12月の上旬に終わった放射線治療の副作用で一時期は痛烈な痛みが発生してブログKOKOROも5日間も更新がない日が続いたりと
心配していたファンも多かったのです。
その後12月20日ごろに痛みに耐えきれずに再入院することになってしまい、約1か月間の放射線治療が無事に終わり1月29日に退院できました!
ただ、あくまでも小林麻央さんの身体は放射線治療によってがんを死滅させて痛みが無くなった状態にまでなっただけであって
ガンが根治はできていないのでまた痛みが発生するかもしれないですし、現在は放射線食道炎でごはんが食べることが困難な状況になっている
事からも激やせしてしまう可能性も指摘されています!
小林麻央さんが退院中の最期に決意していたようにやはり体重をキープすることが重要になってくるのだと思われます!
小林麻央さんが真相を暴露していましたが一時期は体重が11kgも減ったと話しています!
小林麻央さんも激やせになるとヤバいという事は理解しているようなので退院してからも食べる事を時間をかけてでも行っているようです。

小林麻央の退院決意は余命が2月?ブログで最期の真相のまとめ

12月から慶應病院に入院していた小林麻央さんが1日も早く退院決意したのは子供たちと暮らしたいという想いが強かったのだと思います!
余命が2月や3月までとも噂されていますが小林麻央さんは子供たちが居るからずっと寝たきりでいるわけにもいかないのです。
ものすごい生命力で必ずがんに打ち勝って回復して奇跡を起こしてくれると皆が信じています!
痛みは取れたのですがまだ放射線食道炎という副作用が残っていますので今後もブログで最期のがんとの闘いの真相を語っていって私たち勇気を与えてくれると思います!


スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク