櫻井翔と小川彩佳のホテルはどこ?「アンダーズ東京」だった!

 
週刊ポストの熱愛の交際報道で櫻井翔は小川彩佳アナの誕生日にどこの東京都内の超高級ホテルに泊まったのか?宿泊した180mのスペシャルルームでスカイツリーや丸の内のビル群が一望できるホテルの住所や場所は虎ノ門ヒルズのアンダーズ東京であった!

 
スポンサーリンク


 週刊ポストが報じた櫻井翔が小川彩佳の誕生日に泊まったホテルはどこ? 

2月27日に発売された週刊ポストの熱愛の交際報道で嵐の櫻井翔は小川彩佳アナの2月20日の32歳の誕生日にどこの東京都内の超高級ホテルに泊まったのでしょうか?
2人が宿泊したホテルがどこなのか住所や場所や写真から高さ180mのスペシャルルームのあるホテルを調査していきたいと思います!
まず、櫻井翔と小川彩佳アナがホテルに泊まったと報じた週刊ポストには下記のようなヒントが隠されていました!
(櫻井翔が泊まったホテルがどこかのヒント)
●都内の超高級ホテルで会っていた
●ホテルの高さが地上180メートル
●180mの最上階のスペシャルルームからは、スカイツリーや丸の内のビル群が一望できる
●ベッドはキングサイズが1台だけ

以上櫻井翔と小川彩佳アナが宿泊したホテルには4つのヒントが隠されていました!
このヒントから検証した結果ある1つのホテルがヒットしました!
それが
虎ノ門ヒルズ内にある「アンダーズ東京」でありました!

下記の画像はアンダーズ東京公式サイトですが
その説明欄に「スカイツリーや丸の内のビル群が一望できる」と「キングサイズが1台」と記載があるので週刊ポストと内容が合致します!
また虎ノ門ヒルズは247mの高さがありアンダーズ東京のホテルは上層階にあることから高さも180mくらいの高さにあると思われます!
公式サイトには部屋の高さが180mとは記載は発見できず・・・。
櫻井翔と小川彩佳のホテル

 
スポンサーリンク


 櫻井翔と小川彩佳アナが泊まったホテル「アンダーズ東京」とは?

櫻井翔と小川彩佳アナが泊まった虎ノ門ヒルズにある「アンダーズ東京」ホテルとは
虎ノ門駅から近くにある昨年の2014年6月にオープンしたホテルであります!

このホテル「アンダーズ東京」の住所は東京都港区虎ノ門1-23-4となっていて
地図はこちらです

最寄り駅が地下鉄でちょっと歩かないといけない場所にあるので電車で行くにはちょっと不便な場所にあるのですが
タクシーなどで行けばアンダーズホテル側のエントランスにつけてくれるでしょう♪

 櫻井翔と小川彩佳アナが泊まったホテル「アンダーズ東京」アンダーズラージキングの部屋の宿泊料金は? 

櫻井翔と小川彩佳アナが泊まったホテルは「アンダーズ東京」と判明しましたがどんな部屋に泊まったのでしょうか!?
週刊ポストの記事にあった丸の内とスカイツリーが見えてベッドはキングサイズが1台だけという部屋は
「アンダーズラージキング」という部屋にしかありませんでしたので恐らく櫻井翔と小川彩佳アナはこの「アンダーズラージキング」という部屋に泊まったのでしょう!
この部屋の料金ですが1泊1人が4万円前後で一般人からすると高めですが櫻井翔からしたらスイートルームじゃないのかよ!と突っ込みが入りそうですが
そういう堅実なところが櫻井翔の庶民感覚を忘れない良い性格なのかもわからないですね!
その櫻井翔が泊まった「アンダーズ東京」ホテルのアンダーズラージキングの部屋の詳細はこちらです⇒
アンダーズ東京の詳細と宿泊プラン

ただこのアンダーズ東京ホテルには1泊1人2万円代のプランからもあるので嵐の聖地巡礼の1つとして櫻井翔君ファンなら同じホテルに泊まってみるというのも良いかもしれないですね!
櫻井翔君が宿泊した部屋名は「アンダーズ東京」ホテルのアンダーズラージキングと言う部屋になります。

 櫻井翔と小川彩佳のホテルはどこ?「アンダーズ東京」のまとめ 

週刊ポストの熱愛交際報道で櫻井翔が小川彩佳アナの誕生日に東京都内の超高級ホテルに泊まったと報じられました。
そのホテルがどこのホテルか検証した結果、「アンダーズ東京」ホテルと判明しました!
そのホテルは高さが180mくらいの場所にあり丸の内のビル群やスカイツリーも見える事でも週刊ポストの記事内容と一致します。
「アンダーズ東京」アンダーズラージキングという部屋に宿泊した桜井翔と小川彩佳アナは彼女が誕生日であったことから
真珠の婚約指輪を贈り結婚のプロポーズをしたと思われます!
2人が泊まったホテルの詳細は⇒アンダーズ東京の詳細と宿泊プラン

恐らく婚約指輪を渡したことから今後は櫻井翔と小川彩佳アナのそれぞれの両親に挨拶にいき6月のジューンブライドで結婚発表をするのかもしれないです!
今後も2人の熱愛報道に目が離せないです♪

 
スポンサーリンク



 

関連記事

カテゴリー

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る