小林麻央の再入院は12月 20日に慶応病院へ!

スポンサーリンク
     

小林麻央が12月20日に慶応病院に再入院となった!

「がんの陰に隠れないで」と名言を残した主治医の先生に再び入院の勧告が出た事を考えると放射線治療の副作用で喉や背中にもがんが転移してしまった可能性も考えられ非常に危険な状況なのかもしれない!



スポンサーリンク


小林麻央が12月20日に慶応病院に再入院!

小林麻央さんがブログKOKOROで再入院していることを公表しました!
以前からクリスマスには子供たちと自宅で過ごしたいという夢の直前で緊急ストップがかかり
慶応病院の主治医の先生に「今は頑張る時ではない」と再入院するように言われてしまったようです!
あの主治医の先生が再び入院するように命じるという事は
「小林麻央さんが危険な状態!」である事を意味しているのかもしれません!
現在ステージ4である小林麻央さんが10月に退院して現在までの
約2か月間ちょっとですが自宅でのQOL治療で体調も回復してきていると思われていました。
北斗晶さんやだいたひかるさんが乳がんからTVに復帰しようように、小林麻央さんもブログを見る限りでは
体調も回復してきて来年にはTVに復帰できるのでは?という風に感じるくらい12月の上旬まではそう思えました。
しかし11月から実施してきた放射線治療によって死滅されていると思われた癌細胞の一部が
暴れだして喉や背中にまで転移してきた可能性が出てきたようです!

それにより12月に入ってから小林麻央さんのブログ「KOKORO」の更新が5日間ない状態が続いたり
子供たちの幼稚園のパーティーにも参加できないような厳しい症状が続いてきており、
非常に危険な状況になっています!

ある記事によると小林麻央さんの余命が末期で年内12月まで持つかどうかという情報が広まっていますが
実際そのような形での再入院になってしまい心配しております!
そんなガセ情報は嘘であって欲しいとみんなが思っています。


小林麻央さんが12月に再入院した病院は?

小林麻央さんが12月20日のブログKOKOROで再入院していますと公開しましたがどこの病院に再入院したのかと言いますと
このブログの中に主治医さんというキーワードが出てきていますので
10月まで入院していた慶應病院であると思われます!!
前回の入院時にも慶応病院の個室1泊5万円の部屋に6月から10月まで入院していましたので
こちらでしばらく再入院しながら検査と治療を行っていくと思われます!
通院ではなく入院という事になるとしばらくは自宅には戻れずに
検査や治療や手術といった工程を繰り返すと考えられます。
体調が回復してきてると思われていただけに非常にショックであります。

なぜ小林麻央さんが12月20日に再び入院?その原因は?

小林麻央さんは10月から目黒の自宅で療養している様子をブログ「KOKORO」でもほぼ毎日更新してきましたが
12月に入ってからブログの更新がない状況も続いていました。
そのブログから再入院になった原因を読み解くと、11月から約1か月間放射線治療を行ってきたことによって副作用が出てきた事が原因や理由でしょう!
何故なのでしょうか?通常、放射線治療を行うとスポット的にがん細胞を死滅させることによって
ガンを減らしていく治療ではあるのですが、この治療で正常な細胞にも傷をつけてしまったか
それとも肺や骨やリンパに残っているがん細胞を活発化させてしまった可能性が高いです!
それにより12月10日以降は息苦しい症状やのどや背中が痛むことが発生してしまいました!


スポンサーリンク


小林麻央さんの12月に再入院のまとめ

小林麻央さんは12月20日に10月まで入院していた慶應病院に再入院しました!
原因は11月から25日間おこなった放射線治療での副作用や後遺症で
喉や背中の正常な細胞を壊してしまったか?
それとも、体内に潜んでいたがん腫瘍の細胞が暴れだし喉や背中にまで転移した可能性が考えられます!
小林麻央さんがChristmasに子供たちと過ごす目標が達成できずに再入院になってしまいましたが
先生がおっしゃるように今は一人で頑張らずに病院や家族一体となって、新たな病原菌と闘っていく必要があります!
小林麻央さんがブログを始めた当初の「まおのきもち」があれば必ずすぐに退院できるとみんなが信じています!


スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする