福岡 地震の予言が5月17日以降に!?避難や時間は?地震雲が不気味!

スポンサーリンク
     

高橋教授による福岡の地震が2017年5月13日から15日前後に来ると週刊女性で公表された事により九州全土で警戒されていたがその福岡地震が5月17日に延びた理由は熊本地震の影響?九州や福岡での地震雲から避難や時間なども明らかになった?!


スポンサーリンク


福岡の地震が5月17日に延期?

高橋教授は60日前にM2~4が数回発生して60日間の静穏期があってからマグニチュード3~4の地震があった半日後から3日後に大地震がくると予言されていました!
その60日前というのが福岡県では3月13日~14日の地震の事を指しているのですがその日から60日後が5月13日であった為に5月13日に福岡地震の警戒がされていました!

しかしながら5月13日から15日の間に福岡県に地震は発生しませんでした!
これはなぜなのかというと過去のデータを見ても確かにバラつきはあるようです。あくまでも60日目が5月13日という事であって
その前と後ろはどのくらいの期間を指しているのかが過去の大震災のデータより明らかになってきました。

阪神淡路大震災が69日目で熊本地震が64日目と実際は60日よりも4日と9日間長くなっているのです!

過去の似たようなデータで言えば阪神淡路大震災より九州で起きた熊本地震の64日という数字に着目した方がよいと地震の未来人が発言しているようです!

この64日後というと5月13日から4日後の5月17日が64日後となる為に5月17日に地震が発生するのではないかとの未来人の発言にネットがざわついています!

5月17日の福岡の地震の避難は?

未来人によって5月17日に発生すると予言されている福岡の地震に関しての避難は
高橋教授のデータからは1度マグニチュードで3~4クラスの地震が発生してから半日から3日後までに大震災が発生するとの事なので
5月17日前後にM3~4があってから警戒すれば大丈夫なのかもしれません。
このM3~4は震度ではなく震源地のマグニチュードなので震度では1~2クラスの可能性もあるので地震情報はしっかりと確認しておいた方がよいでしょう!

避難に関しては家族と避難場所の近くの小学校や中学校などの場所を確認しておく方がよいです!
また地震が発生した際の自宅や学校などの建物内から外への逃げ道を確保する為にすぐに玄関ドアやベランダのドアなど
地震でドアが曲がって開かなくなってしまう前にしっかりと避難経路を確保しておいた方が良いとも言われています!

5月17日の福岡の地震の時間は?

5月17日前後に発生すると言われている福岡地震の発生時間までは未来人は予言はしていないようですが
ネットの情報では朝3時という噂も出始めています!
ちなみに熊本地震の時は1回目が夜の21時頃で2回目が深夜1時に地震が発生しています!
また阪神淡路大震災は朝6時前でしたので西日本では比較的、夜の時間帯に大地震が発生していますので、夜中に地震が発生すると電気が止まって真っ暗の中で避難活動をしなければいけなくなるのでそういった地震の発生する時間が夜の事も想定して懐中電灯などはすぐにわかる場所に設置しておく方が良いのかもしれません!


スポンサーリンク


福岡に地震雲の情報が多発しています

5月13日ごろから九州や福岡においてさまざまな地震雲が確認されていてツイッターにもたくさんの情報が寄せられています!
高橋教授が予言した地震は5月13日前後にはなかったのですが地震雲に関しては不気味なほど発生しています!

この事から考えてもまだ福岡の大地震が完全になくなったとは言えない状況なのかもしれません。
下記がツイッターの地震雲の写真となります!



>>次のページ  福岡地震の高橋教授の予言が外れた?


スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする