福岡県内の中学校で常人逮捕→生徒が教師に暴行→動画からどこの学校か判明!?

スポンサーリンク
     

福岡県内の中学校で10月3日にまたもや男子生徒が教師(男性教員)に暴行を行う校内暴力事件が発生!動画では拳で顔を殴られた教師が生徒を現行犯で常人逮捕した。この常人逮捕(私人逮捕)とはどのようなものなのか検証すると福岡県博多高校との相違があった!



スポンサーリンク


福岡県内の中学校で常人逮捕

10月3日にまたもや福岡県の中学校で生徒による教師への暴行事件が発生してしまいました!
そして今回驚くべきことは中学生の男子生徒が教員の顔を殴る校内暴力でありその場で現行犯で教師によって常人逮捕される事になりました。

相手が中学生なのに常人逮捕で警察に突き出すという事は中学校側では手に追えなかったからなのかもしれません。
高校生なら体格も大きく危険な目に遭う可能性が大きくなりますが中学生程度なら教師の方が体格も力も強いはずなのになぜ学校内だけで処理できなかったのかはわかりませんがやはり見せしめ的に暴力を振るううと警察に勾留されるって事を他の中学生徒にみせつけたかったのかもしれませんね。

先週発生した福岡県の博多高校では生徒がiPadを取り上げられた事が教師への暴行に繋がったのですが今回の中学生は何が理由で教師に暴力を働いたのかが明らかになっていませんがやはり何にせよ暴力はいけませんね!
最近は教師から生徒に対して手を出すとすぐに体罰だの暴力だの言われてしまうので先生方もやはり大人しくなってしまったのかもしれません。
昔の先生は生徒に対してすぐに手をあげていましたが時代が変わって今は生徒の方が調子に乗ってきているのでしょうね。

こういう状況になったからこと常人逮捕をもっと活用して警察と連携して生徒を更生させていく必要があるのかもしれません。

福岡県中学校での動画がまだ流出していない為に博多高校の教員への暴力の動画であります。

常人逮捕とは?

常人逮捕とは聞きなれない言葉ではありますが別名「私人逮捕」とも言われています!
通常、犯人の逮捕は警察官が行うものでありますが、現行犯に限り一般人の私人が逮捕する事が出来るといった事が刑事訴訟法第213条に記載されています。

よってその場に警察官がいない場合は現行犯の犯人を私人が取り押さえておいて警察官が来てから引き渡すといった事が成立するようです。
今回の福岡県の中学校の暴力事件に関しても目撃者がたくさんいて生徒が教師の顔面を数回殴った事から常人逮捕が行われました。

これからの学校の教師は常人逮捕ができるという事を知って、暴力をした生徒はすぐに常人逮捕して警察に突き出した方が良いのかもしれませんね。
そうする事によって教師は生徒には手を出すことができないが、生徒が先生に暴力をしたら逮捕されるという事をしっかりと教育した方が良いと思われます。


スポンサーリンク


福岡県内の中学校で常人逮捕まとめ

10月3日に福岡県の中学校でも校内暴力事件が発生して男子生徒が教員に対して顔面を殴るといった傷害事件が発生しました!
現在の教師は生徒に手を出さないというのを分かっていておちょくってくるので暴力を振るわれた時点ですぐに警察に通報するといった学校の体制を築いていった方が生徒の暴力も減ってくるように思います。
学校の体裁を考えて警察に通報して表沙汰にすると学校のイメージが悪くなったりすることを考えていると暴力を受けている先生達が可愛そうでありますので毅然として対応をしていくべきなのでしょう!
よって学校の教師への常人逮捕をもっと行って無線などを使用して学校内で連絡体制を密にしていくべきなのでしょう!

現在までに暴力のあった中学校がどこなのかは判明していませんがそのうちに特定されると思われます。


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする