genking 性転換手術

genking 性転換手術

GENKINGの改名&性適合手術にファンからエール 「凄い勇気に感動」「素敵な人生を謳歌して」

タレントのGENKINGさんが1月29日、性適合手術を受けていたことをInstagramで告白。女性への性別変更も認められ、戸籍上でも本名の元輝(げんき)から沙奈(さな)に改名していたことを明かしました。本当によかった。

 手術と改名を経て現在の状態を「“自分で自分を生んだ”っていう感覚」と表現したGENKINGさん。2017年1月に性同一性障害を明かし、2月には2016年から続けていたホルモン治療を受けていることをSNSでファンに告白していました。1月29日には情報番組「ノンストップ!」(フジテレビ系)に出演し、2017年5月にタイで6時間にも及ぶ性適合手術を受けたこと、7月に戸籍上で女性として認められ、8月に女性名への変更が認められたことなどを涙ながらに語りました。

 GENKINGさんはユニセックス系の“オネエキャラ”として2015年にブレイク。幼少期から体は男性で心が女性であることに苦しみ、ユニセックス系だと偽ることが唯一自分を守る方法だったと言います。芸能界で人気が出たらそのつらさから解放されると思っていたところ、今度は本来の自分とファンの思い描く自分とのギャップで悩むことに。性同一性障害だということを告白できない日々に苦しむGENKINGさんでしたが、2016年にホルモン治療を開始。2017年5月には、「本来産まれるべき姿に戻る為」にタイへ足を運び、性転換手術を受けました。

 術後、「双子というか、前世の記憶をもったまま生きているっていうか……」と、“元輝”としての人生が自分のものとは思えなかったという不思議な感覚を味わったというGENKINGさん。性転換後は幼少からの悩みや苦しみが驚くほど小さくなったそうで、その理由を心が満たされ始めたことが大きいのではないかと分析しています。

 「両親や家族と何度も話し合い、家族は私の生き方を尊重してくれています」と家族の支えがあったことも明かしたGENKINGさん。この告白にファンからは「きっと新しい人生輝いて行きますよ!」「凄い勇気に感動いたしました」「沙奈さんとして新たな人生の一歩を踏み出せて本当によかった!」「これからも貴女らしい素敵な人生を謳歌してください」と激励するコメントが多く寄せられています。心から幸せになってほしい。

20代女性
「凄い勇気に感動」

やりたい事をやる事に「勇気」は必要でしょうか?
親に頂いた体にメスを入れる事に、本人も親も同意してれば他人がとやかく言う事もないかと


40代男性
女性になろうが整形しようがどうでもいい。
ただ過去の行動や言動であなたを不快に思う人も多いはず。

20代女性
今の時代だから性の選択は個人の自由です
まぁ
早く素敵な彼氏見つけて下さい(⁎⁍̴̛ᴗ⁍̴̛⁎)



スポンサーリンク



GENKING「“女”として0からのスタート」性別適合手術

GENKING「“女”として0からのスタート」性別適合手術をインスタで報告…コメント1000件超の大反響

タレントのGENKINGが29日、自身のインスタグラムを更新し、昨年5月にタイで性別適合手術を受けていたことを改めて報告した。

 GENKINGは「私GENKINGは、去年本来産まれるべき女の子に生まれ変わり、名前も元輝(げんき)から沙奈(さな)になりました。しばらく芸能活動をお休みしてた理由はそのためです」とコメント。この日放送のフジテレビ系「ノンストップ!」(月~金曜・前9時50分)で事実を初公表したが、「以前は自分の人生を振り返ってみたときに、とにかく辛かった。今回、TVで公表するのも正直不安で悩み、凄く怖かった」と明かした。

 「幼い頃からの偏見の言葉を思い出す暮らしの中で、自分を守る為に偽る事が、唯一自分を守る方法だった」としたが、「とにかく満たされない日々が生きるほどに苦しくなりました。平気なフリをしてる毎日が限界だった」と吐露。

 手術を受けた後は「幼い頃からの悩みや、苦しんできた事は何だったんだろうっていうくらいに、悩みは小さくなり生きやすくなりました」とし、「今は、“沙奈”としての新しい人生を歩んでいます。仕事、プライベート、恋愛。“女”として全て0からのスタートです」とつづった。

 また「両親や家族と何度も話し合い、家族は私の生き方を尊重してくれています」と明かし、「ママありがとう“元輝”の人生は、私の中で幕を閉じました」と母に呼びかけた。

 インスタグラムには投稿から約3時間で約4万件の「いいね」と、「さなさんにいっぱいの溢れる幸せをお祈りしてます」「女性からみても素敵な女性」など1000件を超えるコメントが寄せられている。

30代女性
前に海外でも活躍されている、著名な外科医のお話をうかがう機会がありました。
男性、女性、それぞれ体と心が「完全に」一致している人というのは実は少数なんだそうです。

10代男性
オネェの人でもはるな愛やIKKOやマツコやミッツは面白いと思うがゲンキングだけは受け付けれない。

20代女性
適合手術受けて納得して幸せに暮らせるならそれが1番。
でも、カバちゃんみたいに、次から次へと整形を繰り返し、
整形依存みたいになるのは本末転倒、痛々しい。
心の病を治すのが先、と思ってしまうわ。

10代女性
テレビとかあんまり見ないので『GENKING』って格闘家と思ってました。

50代男性
この人の芸能人としての評価って……
「男だけど、並の女よりも女らしくてすごい」
と言うのが売りだと思ってたんだけど……




スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする