新元号の予想や候補や案は?平成31年の年号を未来人が読みを予測!

スポンサーリンク
     

平成31年(2019年)1月1日(元日)から平成から変わる新元号とは何?新年号の案の候補や予想としては「桜花」「富志」やひらがな案「なごやか」「しあわせ」が出てきた。未来人が新しい元号の読みや株の関連銘柄を予測した!


スポンサーリンク


過去の元号から新元号(年号)の予想や候補や案を検証!

過去の新元号はどんなものがあったかというと
大化~平成まで247回も元号が変わっていたことが判明しました!
また大火から平成まで元号は247回かわっているのですが
この間の天皇は90人になっています!

基本的に天皇が変われば元号が変わるのですが
昔に限っては1人の天皇が何回も元号を変更したこともあったようです!
どういう時に新元号に変更したかというと
大きな災害(地震や天災など)があった時に元号を新しいものに変えたようです!
よって平均すると5年に1回は元号が変わってきたという計算になります!

ちなみに一番長い元号は昭和だそうです!(63年続きましたね)
一番短い元号は2か月で終わったものもあったようです!

この247回の新元号の漢字の中で良く使われたベスト3は
「永」が29回
「天」「元」が 27回
「治」が 21回
と永いという漢字が一番よく使われていたようですね!

新元号の法律的なルールや決まるまでの流れは?

新しい元号を選定するには現在では法律があるみたいですね!
例えば
●漢字2文字
●読みやすい
●書きやすい
●以前の元号にない
●俗用されていない(地名や会社名など)

などが新元号を決める時の法律となります!

またその元号は誰が決めるのかというと
「専門家会議」⇒「有識者会議」⇒「内閣が決定」

するといった流れになっています!
今回の2019年に切り替わる新元号は
2018年の夏に決まるようです(新元号になる半年前)


スポンサーリンク



新元号(新年号)は何になる?予想や候補や案は?

平成31年(2019年)1月1日(元日)から平成に変わる新元号(新年号)とは何になるのでしょうか?
予想や候補の中には「桜花」「富志」やひらがな案「なごやか」「しあわせ」が出てきているようです!

現在の新元号の法律には2文字の漢字というのがあるのですが
新元号ができるまでにまだ2年もあるので法律を変えれば
今後の新元号に「ひらがな」や「日本風の新元号」という事も付ける事ができるようになります!
どんな新元号の候補や案や予想があるのでしょうか?

まずひらがな案の予想や候補ですが
「なごやか」

「しあわせ」

という案が有力とされています!

漢字じゃないので馴染みはないですが

「なごやか8年 生まれです」とか「今年はしあわせ18年です」
と言った感じで使われる日が2年後に来るのかもしれません!

大胆で斬新でなかなか良い感じですね!

また今までと同じように感じ2文字使うパターンで上がっている案は

「桜花」

「富志」

といった日本風の新元号も考えられているようです!
富士山や桜の漢字はいかにも日本らしくて良いですね!

平成31年の年号を未来人が読みを予測!

平成31年(2019年)1月1日(元日)からの新元号を未来人が読みや株の関連銘柄を予測した。
明治からの元号から考えると明治(M)⇒大正(T)⇒昭和(S)⇒平成(H)と
元号が変わってきましたが、その元号のイニシャルも影響してくるようです!
よって次の新しい元号は「M」「T]「S」「H」以外の言葉が利用されると読みが予測されています!

また株の関連銘柄も印刷業界が軒並み上がってくるであろうと考えられていますね


スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする