橋本奈々未の貧乏は嘘!?美術大学(年間200万円)行ってるけど

乃木坂46を卒業し芸能界引退も発表した橋本奈々未が実家は貧乏だったと告白。

しかし北海道出身のななみんがどこの大学に行ったか調べると東京の美術大学に進学しているので貧乏話は嘘だった?!

年間200万円もする私立大学なんて選ばないのでは!?を検証してみた!

 

 
スポンサーリンク


橋本奈々未プロフィール

生年月日:1993年2月20日(23歳)
出身地:北海道旭川市
血液型:B型
身長 / 体重:163 cm / kg
靴のサイズ
23.5 cm
活動デビュー:乃木坂46 (2011年 – 2017年)
専属モデル:CanCam

 

橋本奈々未の貧乏は嘘?本当?

北海道の旭川市の大自然の中で育った橋本奈々未は実家は、電気やガスや水道も止められた経験もあることから裕福では無いという事は判明しました。が、一般的な家庭で水道光熱費の支払いができなくて止められる事なんてたまにあるので、それだけで貧乏という事とは限らないでしょう!!
でも高校のバスケ部の試合で初めて生まれ故郷の北海道から出た!って事はやはり旅行なんてできるような暮らしぶりではなかったので、やはり貧乏よりの生活を送っていたのかもしれません。
でもその分、家族の絆が強くなって橋本奈々未が弟の大学に入る為の学費を稼ぐために乃木坂46に加入したのはやはり家庭が貧乏だったからこその深いイイ話しであります。
お金持ちの家庭で育っていたら辛い人の気持ちが分かる人にはなっていなかったのかもしれません!
ただ、本当の貧乏だったら北海道に住んでいる家庭が東京の私立の大学を選ぶのか?甚だ疑問ではあります!
そもそも貧乏だったら高校を卒業したら就職するっていうのが一般的だと思います。
もし仮に大学に行くとしても地元の国公立の大学か自分のやりたいデザインなら専門学校も選択肢にあると思います。
それをわざわざ東京の私立の大学に行くという発想は本当の貧乏家庭なかなか出てこないと思います。
そういった部分では貧乏ではなかったのかもしれません。

 
スポンサーリンク


橋本奈々未はどこの大学に行ったの?学費はいくら?

橋本奈々未がどこの大学に行ったのか?調べると入学したのは東京にある「武蔵野美術大学」です。
この大学の学費や入学金などを調べてみるとなんと初年度が190万円で2年目以降が150万円です。
月々で考えると13~15万円が学費だけで消えていくという凄まじい金額が飛んでいきます。

しかも北海道から東京で1人暮らしするわけですから住む所や食費や生活費もそれなりにかかります。
大学の場所が東京の郊外にある国分寺市なのでワンルームマンションで家賃が5万円くらいの感じなので学費以外に10万円は必要になってくるでしょう!!
そうなってくると水道、ガス、電気が止められてしまうのは当たり前の世界になってきます!!

 

橋本奈々未の貧乏話しは嘘?のまとめ

橋本奈々未の実家は裕福か貧乏か?と言うと貧乏に入ると考えられます。
でも橋本奈々未の家族に対する思いやりや家族の絆や心はかなり裕福に溢れていました!
貧乏であっても家族が幸せであれることを証明してくれる心温まる過去があった事がわかりました。
乃木坂に入って5年が経ち、自分の力である程度の収入を得る事ができたと思うのでこれからは、本来自分が美術大学でしたかった、空間デザインの勉強を今後はお金の心配することなく思う存分楽しんでほしいと思います。
橋本奈々未さんみたいな控えめで心の優しいタイプは芸能界では少ないと思うので芸能界引退は残念でなりません。
また復活できる日があれば復活して欲しいと思います。

 
スポンサーリンク



 

関連記事

カテゴリー

最近の投稿

ブログランキング

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る