畑健二郎が不祥事で引退か!

畑健二郎が不祥事で引退か!

畑健二郎の不祥事とは2004年に『週刊少年サンデー』(小学館)に読切「ハヤテの如く」が掲載されるが、作品中に『こちとら「ときメモファンド」の借金で首も回わらねぇんだ!!!』というセリフがあり、コナミから「ゲームファンド ときめきメモリアルについての記述に事実と異なる不適切な点がある」として抗議を受けてしまった。
小学館は『週刊少年サンデー』3月10日号に謝罪記事を掲載した。畑健二郎はこの騒動について後にツイッター上で「正直、漫画家人生が始まる前に終わったと思いました」と発言しているが、騒動をものともせず、同年45号より、読切から設定を引き継いだ『ハヤテのごとく!』の連載を開始、2017年20号まで連載された。

この不祥事で引退を決意もしたそうですね!


スポンサーリンク


畑健二郎のWIKI

名前:畑 健二郎

生誕:1975年10月19日

現年齢:42歳

出身地:福岡県

職業:漫画家

活動期間:2002年(平成14年) –

ジャンル:少年漫画、ギャグ漫画

代表作:ハヤテのごとく!


スポンサーリンク


畑健二郎の新連載「トニカクカワイイ」次号サンデーで開幕

「ハヤテのごとく!」の畑健二郎、「史上最強の弟子ケンイチ」の松江名俊による新連載の続報が、本日2月7日発売の週刊少年サンデー11号(小学館)に掲載された。

今冬新連載が始まることが告知されていた畑と松江名。畑の新連載「トニカクカワイイ」は2月14日発売の次号12号にて開幕し、今号には「さらにスペシャルゲストが新連載を祝って馳せ参じ…乱入読切!!」と予告が記された。また松江名の新連載「君は008(ダブルオーエイト)」は2月21日発売の同誌13号にてスタート。加えて2月28日発売の同誌14号では、新鋭・柳生卓哉の新連載「メメシス」が始動することも明かされた。

20代女性
やっとか。
畑健二郎先生年末に第一話書き終わったとか言ってたから待ちくたびれたよ

10代男性
ジャンプより楽しみな新連載企画だな


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする