ヒアリとは?毒の蟻が日本(福岡)に!刺される症状や被害の対処法

スポンサーリンク
     

毒の蟻とも言われているヒアリ(火蟻)が日本の福岡や神戸や尼崎に中国から入ってきた!ヒアリとはどんなアリなのか?刺される時や後の症状やヒアリによる被害があった場合の対処法を知る事により死亡率を減少させる事も可能!ヒアリWIKIから検証!

TBSのNスタで放送された「ヒアリ」の特集まとめです。
⇒ 殺人蟻の『ヒアリ』の特集(TBS Nスタより)

スポンサーリンク


ヒアリとは?火蟻のWIKI

WIKIではヒアリとは漢字では火蟻とかくようです!
ヒアリの大きさは体長が2.5~6ミリメートル程度なので肉眼で見る事のできる大きさであります。
一般的に公園でみる蟻と同じくらいの大きさでしょう!
ただ特徴的な見分け方として日本のアリは黒色ですがヒアリの色は赤茶色、腹部はやや黒っぽい色をしているので見分けがつきやすいと思います!
子供にも赤茶色の蟻は毒のアリなので触らない様言っておいた方がよいでしょう。
下記がヒアリの画像です。
攻撃性の強い蟻ですので絶対に触らないようにしてください。
アナフィラキシーショックを起こして呼吸困難になる場合もあるようです
ヒアリ

ヒアリが日本(福岡、神戸、尼崎)に上陸?

毒の蟻であるヒアリが2017年5月の下旬に日本に上陸してしまったようです。
過去には福岡にもヒアリが発見されたと言われていましたが今回は
中国からの貨物船のコンテナの中にヒアリや卵が大量に発見されました!
そのヒアリの居たコンテナは中国から神戸港に入港してそのコンテナは尼崎に運ばれた後にヒアリが発覚したようです!
よってその神戸から尼崎に運搬中にヒアリが落ちていればその地域にもヒアリが生息してしまう事にもなるので注意が必要です!
コンテナの中にいたヒアリは消毒した事によって死滅されたようですが逃げ出したヒアリもいるでしょうから繁殖して増殖していく可能性もでています。

ヒアリに刺される時の症状は?

ヒアリの巣を攻撃すると集団で襲い掛かってきますのでヒアリの巣がありそうな場所には近づかないようにしましょう!
ヒアリは噛みついてから尻尾にある毒針で何度も刺してきます。
ヒアリに刺される時の症状は腫れあがって痛みやかゆみが出てきます。
その後にじんましんや息苦しさや動悸を引き起こす場合があります。

アメリカでは1年間で100名もの死者もでているようですので日本でも注意が必要です。


スポンサーリンク


ヒアリ被害の対処法は?

ヒアリ被害の対処法として発見した場合は最寄りの区役所か地方環境事務所などに連絡しましょう。
駆除方法や対処法は「熱湯」「液剤」「ベイト剤」が効果があるようです!
詳細は下記をご覧ください!

ヒアリ

ヒアリに刺された場合の対処法

ヒアリに刺された場合の対処法は下記のようになります!
20~30分は安静にして体調に変化がないかチェックします。
体調に変化があった場合には病院にいくようにしましょう。その際にアリに刺された事とアナフィラキシーの可能性がある事を伝えてください。
ヒアリ

ヒアリのまとめ

TBSのNスタで放送された「ヒアリ」の特集まとめです。
⇒ 殺人蟻の『ヒアリ』の特集(TBS Nスタより)

ヒアリとは普通の日本にいる蟻と違って危険な毒を持つ蟻である事が判明しています!
日本の福岡にも上陸した噂がありましたが2017年5月にヒアリが神戸と尼崎で発見されました。
刺される時やその後の症状や被害の対処法などもしっかりとチェックしたうえでできるだけヒアリの巣の近くでは子供たちは遊ばせないようにした方が良いです!
ヒアリに刺されると大人でもアレルギー性のショックで死に至るケースもある非常に危険で毒の蟻のヒアリに日本でも注意する日がやってきてしまったのは残念です。

出展元:http://www.env.go.jp/press/104185.html


>>次のページ ヒアリ(火蟻)猛毒のアリに刺された場合の対処法3選



スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする