比嘉大吾 試合結果→引退か

比嘉大吾 試合結果

◆報知新聞社後援プロボクシング・ダブル世界戦 ▽WBC世界フライ級タイトルマッチ 前王者・比嘉大吾―同級2位・クリストファー・ロサレス(4月15日、神奈川・横浜アリーナ)

【写真】前日計量で900グラムオーバーの比嘉大吾(右は具志堅用高会長)

 14日に行われた前日計量で50・8キロのリミットを900グラム超過し、王座剥奪となったWBC世界フライ級前王者の比嘉大吾(22)=白井・具志堅スポーツ=と、同級2位クリストファーロサレス(23)=ニカラグア=の一戦が15日、スタートした。

◆報知新聞社後援プロボクシング・ダブル世界戦 ▽WBC世界フライ級タイトルマッチ  - Yahoo!ニュース(スポーツ報知)


スポンサーリンク


比嘉大吾vs.ロサレス

<WBC世界フライ級 タイトルマッチ12回戦>

●比嘉大吾

9R1分14秒 TKO

○クリストファー・ロサレス(ニカラグア)

※ロサレスが新王者に

9R

比嘉は疲れからか手が出せず、ロサレスの連打が続く。比嘉は打ちこまれると、セコンドから試合を止めるように指示が出るとレフェリーが試合を止めた。


スポンサーリンク


 4月15日(日)横浜アリーナで行われたボクシングWBC世界フライ級タイトルマッチで、前日計量で失敗し王座剥奪となった比嘉大吾(22=白井・具志堅スポーツジム)は当日計量にパスしてクリストファー・ロサレス(23=ニカラグア)と対戦したが、9R、セコンドからのタオル投入によりTKOで敗れ、ロサレスが新王者となった(比嘉の前日計量失敗により、ロサレス勝利の場合、新王者に、比嘉が勝利した場合は王座は空位になるという条件で試合が行われた)。

4月15日(日)横浜アリーナで行われたボクシングWBC世界フライ級タイトルマッチで、 - Yahoo!ニュース(イーファイト)

20代女性
残念だけど、今回はこの結果が正解。
最適解はやらないことだけど。
とにかく具志堅が悪い。それだけだ

10代男性
比嘉さんが1番悔しいと思う。
階級上げて頑張って欲しい

60代女性
嬉しかった試合と、何か複雑な試合の2つを観た気がしました。
村田選手、おめでとうございます!比嘉選手、ゆっくり休んで復活待ってます!

50代男性
とことん自分を追い詰めて失敗した比嘉と、楽して有利に試合に臨んだ確信犯のネリはやっぱり同じではないと思う

10代女性
比嘉はコンディション不良もあったけど、ロサレスがよく研究してたと思う。初めは距離取ってたけど、接近戦でもいけると思って打ち合いに出たのかな。とにかく二人ともナイスファイト!

30代男性
負けてしまったことは悔しいけど、今回はこれで良かったと思う。引退しちゃうのかも?

40代男性
勝って王座を空位にして欲しいと
いう気持ちと、ネリの時にも
思ったが、体重オーバーの選手は
試合させてはいけないという
気持ち?

見ていて虚しい気持ちのする
試合でした。


10代男性
やっぱり、違反した比嘉が敗れた方がすっきりもするし、良かった
違反したものが勝つ姿なんて見たくない

20代女性
これで良かった。比嘉が勝ってたら、後味悪かったと思う。

50代男性
体重を落とそうと、限界まで頑張ってたんだね。

負け惜しみではなく、今日の比嘉はいつもの動きではなかった。。
よく頑張ったと思います。

次のページはこちら ↓ 

ダブル世界戦 速報 ◆報知新聞社後援プロボクシング・ダブル世界戦 ▽WBC世界フライ級タイトルマッチ 前王者・比嘉大吾―同...


スポンサーリンク