加藤一二三の引退決定した最後の勝負飯と伝説(ワイドスクランブルの特集)


加藤一二三の引退決定した最後の勝負飯と伝説(ワイドスクランブルの特集)
将棋界の「ひふみん」と呼ばれる77歳で九段の加藤一二三(かとうひふみ)がプロ棋士を6月20日に引退決定した!
その最後の引退の日の勝負飯は何だったのでしょうか?
テレ朝のワイドスクランブルでひふみんをゲストに呼んで特集していたのでそのまとめです。

将棋の対局は朝の10時から夜8時過ぎまで10時間以上も行われていたようです!
その間にひふみんはいろいろな食事をしていた事が明らかになったようです!
「うな重」「ぶどうジュース」「チーズ6ピース」「天ぷら定食+トマトサラダ」と美味しそうにたべていました!

また下記は加藤一二三(ひふみん)九段の新たな伝説が特集されていました!
よくしゃべる「ひふみん」ですが意外と神経質な部分もある事がわかりますね。
やはり将棋はそれだけ神経使って集中しなければならないのでごもっともな意見なのかもしれません。


スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする