川井重勇 議長を落選させる予言が実行された?選挙区も苦情で炎上?

川井重勇議長を東京都議選で落選させる予言が実行されたのか?なぜ川井重勇都議会議長は落選させると言われてしまったのか?川井重勇の中野区の選挙区や東京都議会自民党苦情で炎上しているのは何故なのか?検証するとヤバい事実が明らかになった!



スポンサーリンク



川井重勇プロフィール

落選させると言われた川井重勇プロフィールは下記になります。
名前:川井重勇(かわい しげお)
生年月日:1947年11月23日(69歳)
出生地:東京都
出身校:武蔵工業大学工学部
所属政党:自由民主党
第47代 東京都議会議長
在任期間:2015年10月8日 – 現職
選挙区:中野区選挙区
当選回数:5回
在任期間:1997年7月23日 – 現職

当選回数5回という事は任期が4年なので20年間東京都の議員をやっていたのですね!
「落選させる」と言われていましたがかなりの重鎮を落選させるだけのネットのパワーがあったとは驚きです!

 川井重勇議長を落選させる原因は何?  

約20年務めた東京都議会議員の自民党の川井重勇議長を落選させる原因は何だったのか?という事ですが
やはり2016年に小池百合子都知事が初登庁で挨拶周りに行った時にこの川井重勇議長にも挨拶したがその時に小池都知事との握手や記念撮影を拒否した映像がテレビニュースなどで報じられた事がやはり印象が良くなかったのかもしれません。
これ以外にも小池百合子知事がブラジルのオリンピックから戻った時にも川井重勇議長は無視するような態度をとった事もニュースで報じられた事でイメージが悪くなって落選させるとネットで言われだしたのかもしれませんね!
これにより川井重勇議長の選挙区である中野区の事務所に苦情が増えたり東京都議会自民党のSNSが落選させるなどの苦情で炎上したようです!
やはりテレビなどのメディアの影響力は大きいものがあり小池百合子のファンも多い事から落選させるといったネットの声の広がりを見せた事で都民ファーストが大勝したのかもしれません!



スポンサーリンク



ネットの声

・この人は、小池さんとの写真撮影を拒否した時の姿がどうしても頭をよぎる。もうあの時点で、落選が決まっていたのでは?
・自民は小池を決められない知事として批判してたが自民はろくでもないことを決めて甘い利権をむさぼってた。どっちが悪かは言うまでもない
・小池氏が初登庁して都議会自民党へ挨拶に行ったときに、知事に無礼な態度で接したことを有権者はしっかり見ていました。
・器の小ささを見た有権者の反発を招いたことが今回の結果につながったと思います。
・ほかの候補はともかく、あなたの場合は都知事選のときの情けない態度を、都民は許していなかったってことでしょう

川井重勇議長まとめ

川井重勇議長を落選させるという検索キーワードが以前から川井重勇さんに出てきていましたが今回の東京都議選でその「落選させる」という予言が実行された形になってしまいました!
その原因はやはり小池百合子都知事に対する態度が悪かったという事であまり選挙に行かない人も今回の選挙に関しては自民党に入れずに都民ファーストや公明党に投票した人が増えたのかもしれません。
川井重勇議長の選挙区やネット上でも苦情が相次いで炎上するくらいの騒ぎにもなっていました!
その影響もあってか2017年の東京都議選で川井重勇議長は落選してしまいました。
川井重勇議長は政界の引退を示唆しているようですので「落選させる」から「引退させる」まで行ってしまったような感じになりました。



スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする