北朝鮮のICBMミサイルとは?いつ発射で日本に落ちる可能性は?

スポンサーリンク
     

北朝鮮が発射したICBM(大陸間弾道ミサイル)とはどんな意味?またICBMやミサイルはいつ発射で日本に落ちる可能性やもし落ちたらどう対応すれば良いのか?も心配になる。2017年夏についに完成してしまったICBMで北朝鮮はアメリカ本土を攻撃か?



スポンサーリンク


 北朝鮮のICBMミサイルとは? 

北朝鮮のICBMミサイルとは大陸間弾道ミサイルの事でありユーラシア大陸と北米大陸など大陸間を飛び超えていく程の距離が伸ばせてなおかつ核を搭載できるミサイルの事を言います!
現在までにアメリカやロシアや中国が射程距離が1万キロ以上飛ばせるICBMを持っていてインドも現在開発を行っているようです!
その4つの国に今回、北朝鮮もICBMの保有国として加わろうとしています。

アメリカとしてはこのICBMミサイルを北朝鮮に開発させたくなかったのですがこのICBMの実験が成功すれば核弾道を搭載したICBMミサイルが北朝鮮からアメリカまで飛ばす事ができるのでなんとしてもそれまでに潰しておきたかったのです。
このICBMが完成してしまうとアメリカも北朝鮮に下手に手を出せなくなりますからね!
という事は北朝鮮はこのまま核実験も成功させれば核保有国の仲間入りになってしまうのか?
非常に危険な国に核やICBMを持たせるのは隣国の日本としても止めて欲しいです

ただ残念ながら2017年7月4日に北朝鮮が特別重大報告発表でICBMを完成したとの発表があり実験にも成功したようです。
今回のICBM実験での発射したミサイルは日本のEEZ内に落ちたことも公表しました。
いよいよ日本にとって最大の脅威となってしまいました。

北朝鮮 ICBM


ICBMミサイルを北朝鮮はいつ発射で日本に落ちる可能性は?

日本の隣の国でこんな高性能のICBMミサイル技術を完成されると非常に怖いですよね!
ICBMミサイルは長距離用だけでも日本くらいの近い距離であれば
北朝鮮がすでにミサイル開発を完了している「スカット」「ノドン」「テポドン」「ムスダン」などいろいろな種類を持っているのでICBMを使用しなくてもこれらのミサイルで十分日本まで届きます!

現在開発されたミサイルの種類と射程距離の画像が下記になります。
日本はほとんどのミサイルで射程圏内に入っているので北朝鮮がミサイル発射すれば日本に落ちる可能性はかなり高いし精度も誤差7m以内と言われています!

北朝鮮 ICBM

また北朝鮮がICBMミサイルを使用する時は実験段階か攻撃国としているアメリカを標的にする場合に登場させるでしょう!
ただ2017年6月までは開発段階であったICBMがいつ発射されるのか注視していたのですがICBM実験でついに7月4日に発射させました!

よって北朝鮮のミサイルの命中率や完成度が精巧になってきているので実験にしろ日本を標的にして発射するにしろいつでも日本に落ちる可能性がでてきています。

この事により最近では日本政府も北朝鮮からのミサイル発射されて日本に落ちる可能性がある場合の対処法のCMを流し始めています!
これも異例な事ですがホントにミサイルが日本に飛んでくることを想定していつでも避難できるように準備しておいた方が良いと思われます。



スポンサーリンク


ネットの声

・日本国内にある北朝鮮系の資産を直ちに凍結して欲しい。
・善し悪しはともかく恐怖政治の一強状態だと国内で足の引っ張り合いが無いから進展が早いな
・だんだんと大人の階段のぼる北朝鮮。手がつけられなくなってる…
・韓国、北朝鮮が口だけなのは知っていたが、最近はアメリカも口だけやな!
・それでも国会じゃ閉会中審査までやって加計だってどこまで危機感ないのか

北朝鮮 ICBM


北朝鮮のICBMまとめ

北朝鮮のICBMミサイルとは大陸間弾道ミサイルの事であり約5000キロから1万キロという長距離までICBMを飛ばす事が出来るのでアメリカも射程圏内に入ってしまいました!
これによりアメリカとしてはどんな策にでるのかがまだわかりませんが最悪の場合は戦争秒読み状態になる可能性が2017年8月以降にも発生するのかもしれません。
もしそのような戦争状態になった場合には日本に対しては報復攻撃としてミサイルを発射されるでしょうから日本のどこの県にも落ちる可能性が出てきていますのでもしミサイルが発射された場合の避難訓練を実施しておいた方が良いでしょう!
どちらにせよ7月に北朝鮮はICBMの実験に成功したとの事なので非常に危険な国となってしまいアメリカでさえも手を出せなくするくらいにまで強い国になってしまいました!
今後の付き合い方を考える時が来たのかもしれません。
ぜひとも平和的に解決して欲しいと思います。



スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする