モンテッソーリ教育とは?デメリットにも注意!有名人は誰?

スポンサーリンク
     

モンテッソーリ教育とは?0歳から6歳の子供の感覚や運動、言語などを身につける教育方法である!またこのモンテッソーリ教育にはメリットの他にデメリットもあるので注意が必要である!有名人では誰がいるのか検証すると意外な事実が発覚した!


スポンサーリンク


モンテッソーリ教育とは?

モンテッソーリ教育とは今から100年ほど前に女性のマリア・モンテッソーリが提唱した教育法であることからその名前から付けられた教育方法であります!
マリア・モンテッソーリの誕生日は1870年でイタリアの教育家で医師でもありました。
モンテッソーリ教育では0歳から6歳の間は感覚や運動、言語などを身につける重要な時期と考えられています。

目的は、子供の発達段階に応じて、「自立していて、有能で、責任感と他人への思いやりがあり、生涯学び続ける姿勢を持った人間に育てること」
そして、「子供は自ら成長する力を秘めており、大人は子供の自発的な行動をサポートする存在である。」という考えに基づいて、子供の自由に過ごせる環境を整え、自発的な行動を促します。

独自の教材や子どもの発達段階に合わせた作業を通じ、自主性、協調性を養う。
欧米では多くの実践例があり、日本でも取り入れる幼稚園が増えています。

出典元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170627-01846436-nksports-soci

モンテッソーリ教育のメリットとデメリットとは?

モンテッソーリ教育のメリットとデメリットとはどんな事があるのか調べてみました!
モンテッソーリ教育を掲げている幼稚園や保育園はたくさんありますが、園の方針によって格差が出やすく、指導者の力量によってその効果も変わってくるといわれています。
また、モンテッソーリ教育は個々の性質や個性を尊重する自由な教育方針のため、一人で黙々と一つの物事に取り組める集中力が身につく半面、「他人に合わせる」「足並みをそろえる」といった意識が低くなりがちです。そのため、集団行動が苦手で協調性に欠ける、といった傾向が見られます。

モンテッソーリ教育のメリット

•子供一人ひとりの個性が伸びやすい
•自己肯定感が育まれ、情緒的に安定して、何事にも前向きに取り組めるようになる
•物事を自分の頭で考え、自己主張できるようになる
•問題に直面しても、試行錯誤して解決できるようになる
•集中力が身につく
•社会性や協調性が身につき、年の差や性別に関わらず仲良くできるようになる
•たくさんの教具に触れることで手先が器用になる

モンテッソーリ教育のデメリット

•他人と足並みをそろえる経験が少なくなるため、集団行動に馴染めなくなる場合がある
•自発性が行き過ぎて、身勝手でわがままになる事も多い
•モンテッソーリ教育を実践する幼稚園の方針や職員の能力により、教育効果が左右され十分な効果が発揮しない場合もある

出典元:http://www.sunrisekids-education.jp/useful/montessori/montessori02.html


スポンサーリンク


モンテッソーリ教育を受けた有名人は誰?

モンテッソーリ教育を受けた有名人は誰なのか調べてみると
グーグルの創設者であるSergey Brin(サーゲイ・ブリン)氏、Larry Page(ラリー・ペイジ)氏は、モンテッソーリ教育を受けて育ち、Googleがあるのもモンテッソーリ教育のおかげだと言っているようです。
米マイクロソフトの創業者ビル・ゲイツ氏、アマゾンの創設者ジェフ・ベゾス氏もモンテッソーリ教育を受けています。
またFacebook、Wikipediaの創設者達など数多くの有名人がいます。
欧米ではこの教育方針の幼稚園が多いのかもしれませんね!
日本でもこのモンテッソーリ教育が1960年代から取り入れられていますが藤井四段が注目を浴びたことによって見直されています!
ただ藤井四段を見てもわかるかもしれませんが自分の能力はすごく高いのですが周りと馴染めないような性格的な部分も持っているようですね。
ただ大物になるにはそうした方が良いのかもしれませんね。


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする