フライデー 成宮寛貴のコカイン場面の肉声データの全文【西麻布編】

フライデーが12月9日(金)に成宮寛貴のコカイン場面である最新の続報として写真と肉声データ(音声)の内容(全文記事)を公表!

成宮が11月14日に西麻布のクラブから友人Aにチャーリーを買って持ってこさせる会話内容がすべて暴露された!

 
 
スポンサーリンク


フライデー 成宮寛貴のコカイン場面の肉声データの全文【西麻布編】

前編の「六本木編」はこちらです。

⇒ 成宮寛貴 六本木編

成宮寛貴は11月14日にも、友人Aにコカインを買ってきてほしいと電話で連絡をしたようです。

日付が変わって深夜の1時40分ごろ、港区西麻布のクラブで遊んでいたという成宮寛貴が友人Aに電話をかけたやり取りが肉声データとして残っていました。

というか友人Aが録音していたようです。

成宮寛貴が行ってたクラブですが
西麻布には2つのクラブがあって1つは昔からある有名な「MUSE(ミューズ)」で西麻布交差点の角にあり週末になると大混雑するクラブです。
もうひとつが昔、エーライフがあった西麻布から六本木に向かう左側にある大きな建物にあります。
現在のクラブ名が「BRAND TOKYO」でクラブ以外にもレストランやラウンジ的な場面もあるので
おそらく成宮寛貴はこっちの「BRAND TOKYO」のクラブで遊んでいたと思われます。

そのコカイン場面となったクラブで遊んでいた成宮寛貴が友人Aに話した内容(肉声データ)は下記の会話になります。

何が欲しいの?
チャーリー
1個?
2個、2個、2個。えっと……1万4000円?
ちゃんと立て替えてくれる?
もちろん、もちろん。いま欲しいの。いまから、Can you come to……西麻布?
うん……
出典元:http://friday.kodansha.ne.jp/

このようにチャーリー(=コカイン)に関しての生々しい電話でのコカイン場面でのやりとりが公表されました!!
この内容でもちょっとびっくりするのが
先日の六本木編でも友人Aにコカインを買ってきてと頼んで結構すぐに友人Aが手に入れている事にびっくりしましたね!!
西麻布にしろ六本木にしろそういった違法薬物が簡単に手に入る無法地帯の状況は警察が今回の成宮事件をきっかけに対応して欲しいですね!
麻布警察署管轄内でコカインの取引が1個7000円で行われている事実がフライデーが暴いてくれたので
まずは成宮寛貴よりもその売人を一斉摘発するべきでしょう!!

 
スポンサーリンク


友人Aがフライデーに成宮寛貴のコカイン場面を証言した理由は?

友人は以下のようにフライデーに話しました。

「ヒロキは有名人だから身元がわかるのが怖いという理由で、絶対に自分でコカインを買わない。

いつも『売人から買ってきてよ』と人に買いに行かせるんです。

なんで僕がこんなことをしないといけないのか……。これ以上、危ない橋は渡れないと思った」

この友人Aの発言内容から考えると友人Aはコカインなどの薬物はやっていないということがわかると思います。

前回の六本木編でもコカイン=チャーリーのことを成宮寛貴に「なんでみんなチャーリーって呼んでいるの」って

質問していたので薬物には手を染めていないと思われます。

よって薬物を購入している現場を警察官に見られたら友人Aが現行犯逮捕になるのでそれはそれはかなり「危ない橋」だと考えます!

でも友人ならフライデーに密告するよりも

成宮寛貴本人に「薬物(コカイン)辞めろよ」ってなぜ止めなさせなかったのでしょうか?

「コカインやめなかったら絶好する」などと言ってなんとか止めさすべきですよね!友人なら・・・。

まっ!そこまで深い友人じゃなかったのかもしれませんが、

ただこの友人がどういう経路でフライデーとつながったのか?そこも疑問に感じます。

もしかしたらこの友人とフライデーをつなげている今回の策略を考えた組織が間に入っているのかもしれません!

その組織が成宮寛貴の引退のコメントで書いてあった、

「心から信頼していた友人に裏切られ複数の人達が仕掛けた罠に落ちてしまいました」

っていうことにつながっているのかもしれません!

その友人Aとフライデーの間に入って罠を仕掛けた何者かはおそらくトップコートに恨みを持っている巨大な組織があるのかもしれません。

別ページでその巨大組織が何なのかを検証していきたいと思います。

 
スポンサーリンク



 

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る