NHK 40代男性職員は誰で画像は?着服して死亡した理由は?

スポンサーリンク
     


NHKで受信料を数十万円を着服した40代の横浜放送局営業部の男性職員は誰なのか?画像は?なぜ、調査開始直後に自殺し死亡したのかその理由は?NHK過払い金のネコババ偽装とはどういった手口なのか?検証するとヤバい事実が発覚した!


スポンサーリンク


NHK 40代男性職員は誰で画像は?

NHKで受信料数十万円を着服していたのは誰なのか?
現在までに特定されているのが
横浜放送局営業部に所属していた40代の男性職員A氏というところまでNHKは明らかにしていますが
それ以外の個人情報をNHK側が隠そうとしています!
これは犯罪が成立するので顔出し公開するべき事件なのかもしれませんが今後どういった対応をNHKがするのかか注目です!
ただNHKの40代男性職員の画像で検索すると下記の画像が出てきますのでこの中に
今回の事件で受信料を着服した40代のNHK職員がいるのかもしれません!

⇒ NHK 男性職員の画像

NHK受信料の過払い金ネコババ偽装とはどういった手口なのか?

NHK受信料の過払い金ネコババ偽装とはどういった手口なのか
NHKの横浜放送局関係者が、着服の手口を明かしました!
NHKを見ている視聴者はNHKの受信料を前払いでお金を支払っていますが
解約する場合は前払いしていたお金の払い戻し金が発生します!
この仕組みを利用して40代男性職員A氏は架空の解約伝票を作成して
その払い戻し金が自分の口座に振り込まれるようにネコババして着服したようです。
その額が数十万円と言われています!

ただこれなら完全に足がつくのですぐにばれてしまいそうです!
こういった手口でネコババ着服している職員が他にもいるのではないか?とされていますが
NHK側は明らかにしていないようですね!


スポンサーリンク


調査開始直後に何故NHKの40代男性職員が自殺し死亡しのか?その理由は?

NHKは昨年の2016年10月にNHK受信料過払い着服の内部調査を始めた直後に40代男性職員が死亡したことから考えると
40代男性職員が事件がバレてしまってパニック状態になり自殺したという見方が強いでしょう!
まさかNHK側が事件の発覚を表沙汰にしたくなかったために暗殺したりパワハラで自殺を助長するような発言はしないと思いますので
NHK40代男性職員がパニック状態で自殺してしまったと思われます!
そもそもNHK職員であれば受信料を徴収する下請けの安月給でもないので、生活に困らない給料はもらえると思えるのですが
やはり着服してしまう精神状態の裏には多額の借金があった可能性が高いのでしょう!
NHKは被害額を確定させた上で、遺族らに弁済を求めるとしています!

NHK受信料の着服した40代男性職員のまとめ

NHKの受信料の着服した40代男性職員は横浜放送局営業部に勤務していたところまでは判明しています!
現在はこの事件が発覚後にNHKの内部調査を始めた直後に死亡してしまったのであまり情報が出てこないのかもしれません!
⇒ NHK 男性職員の画像

またこの40代男性職員行ったNHK受信料過払い金のネコババ偽装の手口は架空の解約伝票を作成して
その払い戻し金が自分の口座に振り込まれるようにして数十万円を着服したようです!
過払い金の着服ネコババはいけないことですがたった数十万円で自殺する事はないと思いますが精神的にかなり追い込まれていたのでしょうね!

また今回の一番の問題点はこの受信料の着服事件と40代男性職員が自殺した事実をNHK側が隠蔽しようとしていたことです。
こういった隠ぺいしようとする企業体質は変えていってほしいところであります!
NHKは番組は素晴らしいものを作っているので今後の企業隠ぺい体質からの脱却に期待しております!


スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする