大竹まこと 謝罪記者会見のyoutube動画ノーカット【約20分】

大竹まことの謝罪記者会見

タレント・大竹まこと(68)が1日、東京・浜松町の文化放送で会見を行い、長女で会社員の女性(28)が1月末に大@取締法違反(所持)で逮捕されたことについて謝罪した。一方で、長女の人格に関わるような質問には多くを語らずだった。

 大竹によると、長女は都内で28日夜に職務質問された際に大@を所持し、翌日まで取り調べを受け、自宅ではなく大竹のいる実家に戻ったという。そして、大竹の妻の前で逮捕された。

 レギュラー出演する同局のラジオ番組『大竹まこと ゴールデンラジオ』(月~金 後1:00~3:30)前に会見を行った大竹は「娘が大@取締法違反という犯罪をしてしまい逮捕されてしまいました」と説明。「一生懸命に育てたつもりですが」と忸怩(じくじ)たる思いを語り「親の監督不行き届きです。お詫び申し上げます。本当に申し訳ございません」と8秒ほど頭を下げた。

 「娘の育つ過程で、私のとても仕事の忙しい時期と重なった。普通のお父さんのように娘と共有する時間がなかった。悔やまれてなりません」と唇を噛んだ大竹。それでも「普通のお父さんと同じように娘のことは愛している。戻ってきたときには、娘にどうしてこんな犯罪をしでかしてしまったのか、将来、娘はどうやって生きていくのか。そのことを含めて家族でよく話し合っていきたい」と心境を吐露。「信じていただけないかもしれませんが娘は二度と、このような犯罪を犯さないと信じています。そのように家族で過ごしていきたいと思っている」とじっくり考えながら口にした。

 大竹は会見中、何度も公人と私人の違いを強調した。長女の年齢は28歳、大学を出て社会人として6年も勤務し、実家も出て一人暮らしを行っている。父として「私は公人なので話す義務も責任ある」と会見を行ったが、長女の性格や仕事については「一般人。私もどこまで話していいのかわからない」と多くを語らず、報道陣から質問を重ねられると「どうしてもとおっしゃるならお話します」とやんわり拒否する場面も。交友関係など長女のパーソナリティに関わる質問には「娘が、この業界にいたら、もちろんそのようなこと(交友関係など)も申し上げなければいけないと思う。どうでしょうか。どうしてもとおっしゃるならお答えさせていただく」と報道陣に逆質問し、笑顔ですごむ場面も見られた。

 ただ、相次ぐ二世の逮捕劇について問われると「こういうことになるとは一切、思っておりません。私の監督不行き届きかもしれませんが、その話は他人事のように思っておりました」と本音も漏らし、自身の脇が甘かったことは認めた。

 大竹は「私は公人」と会見した理由を何度も口にし、矢面に立つ一方で、長女については「一般人」とし、今後の生活も見据えて守った。二世が逮捕される度に話題となる“親の責任”はどこまでなのか。結論は難しい。

タレント・大竹まこと(68)が1日、東京・浜松町の文化放送で会見を行い、長女で会社 - Yahoo!ニュース(オリコン)


スポンサーリンク



大竹まことの会見動画

動画は6分から始まりますので最初は飛ばしてください。

20代女性
大竹さんのキャラかもしれないが、他人へのコメントも厳しいよね。
まさか我が子とは、思わなかったでしょうね。

40代男性
親がタレントだからとは言え
正直、28歳なんだから
親がどうこうって話じゃないだろうに。

20代女性
大竹さんの返しはずるい大人の見本そのまんまでしたが、よろしいんじゃないでしょうか。

10代男性
問題提起をするのなら
娘はもう成人、俺とは関係ない!と一蹴するべきだった

60代女性
父親としては家事や育児を妻に丸投げしてきた昭和の親父だろうから、娘の性格や生活ぶりについては本当によく知らないんじゃないかな。その代わりにお金だけは存分に与えてきたと思う。

50代男性
まぁ本音で言やぁ大竹の肩持つわけじゃないけど、いい歳こいた息子や娘の後始末まで面倒見られんは分るヨ。
でも、あんたさぁ他人の時には結構辛辣なコメント出してたよね。
そういう意味ではブーメランになっちゃったんだよ。
普通の親のように接してやれなかったっていうけど、そんな人はサラリーマンにも多々おるぞ!

10代女性
これで、2世に関しても、あれに関しても辛口コメント出来なくなったね。

30代男性
立ち位置からして、(公人発言)ずれてるから、いろいろなずれが
子育てに影響してそう。タイプ的に自分の考え変えられないから
逆質問しちゃんだろうな。謝罪が主なら自分の考え方を主張する
ようなことは言わず、答えたくないことは娘は一般人なので
でいいだろう。人間人のことは言えても自分の危機管理は
難しいんだね。


スポンサーリンク




スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする