RX-8 リコールの年式や車台番号や型式の対象車は?【火災注意】

マツダのRX-8がリコールを発表した!原因はガソリンが漏れて火災が発生するので早い修理が必要です!そのリコールの対象車になっているRX-8の年式や車台番号や型式は何なのか?また自分のクルマが該当車であればどこに電話するかのまとめです!


スポンサーリンク


マツダのRX-8がリコールの原因は?

マツダのRX-8が2017年6月1日にリコールを発表しました!
そのリコールの原因となったのがRX-8の燃料ポンプとパイプに異常が発覚したようです!
燃料ポンプはガソリンを燃料タンクからエンジン内部に送る為に樹脂製のパイプを使用しているのですがこのパイプが圧力やエンジン内部の熱さによってヒビや亀裂が入ってしまいガソリンが漏れだすという怖い不具合であります!

その漏れたガソリンが引火するとエンジン内部から出火して火災になってしまいますので早めにリコール対象車のRX-8を所有の方はマツダのリコールセンターに連絡して修理してもらいましょう!

RX-8のリコールの対象車は?

RX-8のリコールの対象車は下記のようになっています!

●車名:マツダ RX-8
●形式:LA-SE3P、ABA-SE3P
●通称名:RX-8
●リコール対象車の車台番号と年式 SE3P-100065~SE3P-144779(平成15年2月14日~平成20年2月16日)
●リコール対象台数:29,902台

簡単に言えば平成15年から平成20年のRX-8がリコール対象という事になります(約3万台)

RX-8のリコールの連絡先は?

問い合わせ先:マツダ(株)コールセンター
TEL 0120-386-919
となっています!

国土交通省が発表したRX-8のリコールの詳細です。
http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_002638.html


スポンサーリンク


RX-8のリコールのネットの声

ポンプは消耗品だからリコール対象になっていたらラッキー

走行中にエンジンルームから火が吹いたら怖いわな

この前高速の脇でRX-8が燃えてたニュースやってたな

樹脂部品は軽量・安価だが、使いどころを考えないとね

生産終了してから五年はたってるよ

10年も前のじゃん今更

RX-8って、まだ3万台も存在してるんだ〜

RX-8のまとめ

RX-8の年式が平成15年から平成20年の約3万台がリコール対象と発表されました。
RX-8はどちらかというとスポーツカータイプであるのでこのリコールが出ている部品を交換するまでは
長時間高速道路を走行したり過激なスポーツ走行(サーキットや峠)などはせずに安全運転で使用していた方が良いでしょう!
また運転する前にはボンネットを開けてパイプやホースなどから油漏れがないかなど点検はしましょう。
そしてできるだけ早めにマツダのディーラーなどに連絡して燃料ポンプや燃料パイプなどのリコール対象の部品を交換してもらったほうが安心です!
もしリコールが発生しているRX-8を修理せずに乗っているとエンジン内部でガソリンが漏れて炎上して火災になるので非常に危険であります!
注意喚起としてRX-8に乗っている知人や友人がいれば教えてあげましょう!


スポンサーリンク


 国交省によると、燃料ポンプに使われた樹脂製パイプの耐久性が不足していた。パイプはエンジンに送り出されるガソリンの通り道だが、圧力や周囲の熱気によって亀裂が入る可能性があり、最悪の場合は漏れたガソリンで火災が起きる。国内で11件、海外で69件の不具合が報告されている。 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする