島木譲二 現在の病名は脳溢血だった!どんな病気?

スポンサーリンク
     

島木譲二が脳溢血のため入院中の大阪市内の病院で12月16日に72歳で死去した。

現在の病名は脳溢血だった?脳溢血とはどんな病気なのでしょうか?

島木譲二のギャグの「大阪名物パチパチパンチ」や「ポコポコヘッド」や「カンカンヘッド」が原因?


スポンサーリンク



島木譲二 現在の病名は脳溢血?

「大阪名物パチパチパンチ」のギャグで有名な吉本新喜劇の島木譲二が12月16日朝の9時頃に、脳溢血(のういっけつ)のため入院していた大阪市内の病院で死去したと報じられました。
島木譲二さんももう72歳とおじいちゃんだったのですね。
最近はテレビで見なかったのですが、吉本新喜劇ではよく拝見しておりましたが
昔のイメージでいうとまだ40~50歳の怖い感じのおっちゃんというイメージがありましたが
ギャクがユーモアがあってかわいらしいチャーミングな笑顔ですごく
癒されていました!!

そんな島木譲二さんは2010年12月26日が吉本新喜劇の仕事が最後で治療に専念したようですが
もう6年間も病気と闘っていたのですね!
その島木譲二さんが現在までに闘ってきた病名が脳溢血とはどんな病気なのでしょか?

島木譲二が現在まで脳溢血の病名を伏せていた病気はどんな感じ?

脳卒中の中に、脳梗塞・脳血栓・脳溢血があるようです。
その1つの脳溢血は脳組織内に出血を起こすことを言い脳内出血、くも膜下出血などがあります。

やはりこのような脳溢血の原因となったのが
島木譲二のギャグの「ポコポコヘッド」や「カンカンヘッド」で
頭に固いものをぶつける行動が脳に悪影響を与えていたのかもしれません!


スポンサーリンク



島木譲二が現在の病名「脳溢血」のまとめ

島木譲二さんが現在かかっていた病名は「脳溢血」であったようです!!
その島木譲二が死去してしまったようで残念であります。
6年前からその病気を治療する為に仕事はしていなかったようです!
だから最近島木譲二さんのギャグの大阪名物パチパチパンチやポコポコヘッドやカンカンヘッドを
見なかったのですね!


スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする