新元号は何?平成の次は「桜花」「富志」やひらがな案を総選挙で?

2年後の平成31(2019)年1月1日(元日)から平成に変わって次の新しい新元号は何に変わるのか?新元号には「桜花」「富志」やひらがな案「なごやか」「しあわせ」案も出てきたが一体何になるのか?国民総選挙で新元号を決める可能性は?


スポンサーリンク


平成の次の新元号は何になるのか?過去の元号から調査!

過去の元号はどんなものがあったかというと
大化~平成まで247回も変わっていたのであった!びっくりですね!
もっと少なければ一覧で書きだそうと思いましたが247もあるのであきらめました(笑)

でも私たちがなじみのある知っている元号はせいぜいこのくらいでしょう!
明治⇒大正⇒昭和⇒平成

現在でも大正生まれの方もご健在である方もいますので
その方はあと2年間生きることができれば
大正⇒昭和⇒平成⇒新元号
と元号を4回も渡り歩いてきたと言えますが
かなりの化石人だと言われるかもしれません!
昭和生まれの方が多いと思いますが平成に変わって新しい年号に変わると
なんか昔の人って思われちゃいますね!(泣く)

新元号は何になるのかのルールは?総選挙は?

新しい元号を選定するにはいろいろとルールがあるみたいですね!
例えば
●漢字2文字
●書きやすい
●以前の元号にない
●使用されていない(地名や会社名など)

などが今までの元号の決めるルールであったようです!

またその元号は誰が決めるのかというと
「専門家会議」⇒「有識者会議」⇒「内閣が決定」

するといった流れになっています!
よって今のルールではAKB総選挙みたいな新元号の国民総選挙はないようですが
ネットで投票できれば面白そうですね”
これが決まるのが2018年の夏に決まるようです(新元号になる半年前)

この専門家会議や有識者会議で「ひらがな案」や「日本風の案」が上がれば
もっとオシャレな新元号が出てくるかもしれませんね!


スポンサーリンク


平成の次の新元号は何?ひらがなや日本風の可能性は?

上のルールは天皇がなくなってからすぐに元号を決めなければならなかった時の新元号のつけ方だったのですが
今回は新元号が変わるまでに2年もあるという事で
それまでに上のルールを変えて新しい日本風の新元号という案も出てきているようです!
また「ひらがな」という案も出てきています!
どんな新元号があるのでしょうか?

まずひらがな案ですが
「なごやか」

「しあわせ」

という案も出てきています!

漢字じゃないので馴染みはないですが

「なごやか8年 生まれです」とか「今年はしあわせ18年です」
と言った感じで使われる日が来るのかもしれません!

大胆で斬新でなかなか良い感じですね!

また今までと同じように感じ2文字使うパターンで上がっている案は

「桜花」

「富志」

といった日本風の新元号も考えられているようです!

新元号は何になるかのまとめ

平成の次の新元号は2019年の元旦から切り替わるようですが新しい元号はその半年前の夏に決まるようですので
カレンダー制作会社もなんとか対応できそうです!
新元号はこれまで感じ2文字の中国由来のものが多く取り入れられてきましたが
2年後までにまだ時間があるので、法律的なルールが変われば
もっと日本らしい元号やひらがな元号の案も出ているので楽しみですね!


スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする