園田義男の死因がヤバい!

園田義男の死因がヤバい!

園田義男さんの死因は大動脈瘤(りゅう)破裂だった!

柔道の1969年世界選手権軽量級覇者で、五輪2大会連続金メダルの谷(旧姓田村)亮子らを育てた園田義男(そのだ・よしお)さんが29日、大動脈瘤(りゅう)破裂のため福岡県みやま市内の病院で死去した。

柔道の1969年世界選手権軽量級覇者で、五輪2大会連続金メダルの谷(旧姓田村)亮 - Yahoo!ニュース(朝日新聞デジタル)


スポンサーリンク


大動脈瘤破裂とは?

大動脈瘤は、胸部大動脈あるいは腹部大動脈の径が拡大し、こぶ状になってきたものです。多くの大動脈瘤は、徐々に径の拡大が進行するために、初めはほとんど症状がありません。とくに、胸部大動脈は胸のなかにあるため胸部大動脈瘤の自覚症状は乏しく、胸部X線写真で異常な影を指摘されて、初めて気づくことがまれではありません。

 腹部大動脈瘤は、へそのあたりにどきどきと拍動するこぶを触れることにより発見されることが多いのですが、痛みを伴うことはまれなため見過ごされることもめずらしくありません。

大動脈瘤の情報です。


スポンサーリンク