高山善廣 現在は頸髄完全損傷の容態→怪我をさせた相手は誰で動画は?

スポンサーリンク
     

プロレスラーの高山善廣(たかやま よしひろ)が5月のプロレスの試合で怪我をし現在は頸髄完全損傷の容態である事をブログで公表!現在の高山善廣の画像からも首から下が動かない頸髄損傷である!怪我をさせた相手のプロレスラーは誰で動画はあるのか!?



スポンサーリンク


高山善廣のWIKIや経歴プロフィール

高山善廣のWIKIや経歴プロフィールは下記になります

名前:高山善廣
リングネーム:高山善廣(たかやま よしひろ)
ニックネーム:プロレス界の帝王
身長:196cm
体重:125kg
誕生日:1966年9月19日(50歳)
出身地:東京都墨田区
デビュー:1992年6月28日
高校:東海大学付属相模高等学校
大学:東海大学文学部文明学科卒業
出典元 高山善廣のWIKI

2017年5月のプロレスの試合中に怪我をし頸髄完全損傷と診断される!
現在の容態は首から下が動かない為にリハビリを行って回復を目指している。

高山善廣の現在の容態は頸髄完全損傷

50歳になっても現役のプロレスラーであった高山善廣5月4日のプロレス(DDT豊中大会)の試合中に怪我をしていた事が判明しました!
6人タッグマッチに出場した高山善廣は回転エビ固めを行ったときに頭から落ち、そのまま動けなくなり救急搬送されました。
その怪我の容態が重傷であり「頸髄損傷および変形性頚椎症」と病院から診断されていたようです。
この頸髄完全損傷の怪我の容態がブログでも発表されましたが「現在、(高山善廣の)首から下が動かない容態」であると公表されました。

現在はリハビリを行ってこの頸髄完全損傷の怪我からの回復を目指しているようです。
一体この頸髄完全損傷とはどういった怪我や病気なのかWIKIで検索してきました。

頸髄完全損傷とは?

現在の高山善廣の病状でもある頸髄完全損傷とはどういった怪我の容態なのかWIKIでチェックしてみると

頸髄損傷(けいずいそんしょう、英語:Quadriplegia、米国英語:Cervical cord injury)は、交通事故・スポーツ事故・高所からの転落等での頸椎の脱臼・骨折や頸髄自体の病気(腫瘍等)等により、頸髄を損傷して手足を動かしたり、痛みや温度等を感じたりすることができなくなってしまう(四肢麻痺)後遺障害。脊髄損傷で首の部分の脊髄の損傷を頸髄損傷と呼ぶ。略して頸損(けいそん)と呼ぶ。
引用元 頸髄完全損傷のWIKI

とこのように体の麻痺で動かせない状況になってしまっています。
ただ高山善廣の意識はしっかりしているのでこの全身麻痺の状態から立ち上がろうと必死にリハビリを行っているようです!
その頑張りに応援するファンが日増しに増えていて今では「TAKAYAMANIA」を設立して寄付を募っています。


スポンサーリンク


高山善廣に怪我をさせた相手のプロレスラーは誰で動画は?

5月4日のプロレスの試合中に頚椎を痛めて首から下が全く動かずになってしまった原因となった相手は誰なのか?
ネットで調査してみるとDDT豊中大会に出場していたプロレスラーが判明しました。
そのプロレスは6人マッチで3人対3人の試合でありました
そのプロレスラーの6人の名前が「HARASHIMA&高尾蒼馬&ヤス・ウラノ vs 高山善廣&樋口和貞&勝俣瞬馬」であります。
高山善廣は回転エビ固めを行ったときに頭から落ち、そのまま動けなくなり救急搬送されたことから対戦相手の誰からの攻撃で頸髄完全損傷になったのかは不明でありますがこの3人のうちの誰かになるのでしょう。
しかしプロレスの試合は相手を頸髄完全損傷にしてやろうと思って闘っていないのでプロレス中に起きた事故としてとらえられているようで対戦相手が悪いとは誰も思っていない様であります。
またその高山善廣で怪我をした時の試合のyoutube動画などは現在のところ発見できませんでした。
ただ高山善廣が怪我をした回転エビ固めは下記のようなプロレス技となります!10秒のyoutube動画です。


ネットの口コミコメント

35: 口コミ@名無し 2017年09月04日
プロレスには台本があり、その通りに演技する芝居である。
しかもプロレス技は『相手と協力して』2人でやるものである
つまり今回の高山善廣「事故=頸髄完全損傷」は
1)台本そのものがあいまいだった
 →回転エビ固めをかけられるか、かえすかの連係ミス
2)選手の体調に基づいて台本を作っていなかった
いずれにしてもDDTという会社の責任が大きい
にも関わらず1選手の単独の演技の失敗により過失にしてしまう
男子プロレスの『いい加減さ』『責任逃れ』がよく出ていますね
これは労災です
DDTがこのままダンマリ決め込むなら誰か告発して
台本をちゃんと作って演技いたかどうか警察で調べてください


78: 口コミ@名無し2017年09月04日
持ち前の根性で高山善廣リハビリ頑張って欲しい。無責任だけど、今はこんなことしか言えないよ。  


89: 口コミ@名無し 2017年09月04日
天山、中西あたりはそろそろ引き際を考えた方がいい。
致命的なケガを負ってからでは遅いし、後進の為にも
早目にリングを降り、見本となって欲しい。
今の新日本なら、会社には残してくれるだろうし・・・


103: コメント@名無し 2017年09月04日
良くも悪くもプロレスの一時代を築いた人が高山善廣。
せめて頸髄損傷から普通に生活できるくらいでいいから回復してほしいな。


156: コメント@名無し 2017年09月04日
高山善廣の現在の容態が心配である!頸髄完全損傷ってかなり重症っぽいけがの名前だな。


228: コメント@名無し 2017年09月04日

高山の体型で回転エビ固めをやるのは無謀すぎる。
昔はジュニアの選手しか使ってなかったのに。


273: コメント@名無し 2017年09月04日
回転エビ固めを高山が狙ったけどヤスウラノが強引に耐えたところ、自分から脳天マットに突き刺してしまった。正直このムーブでこんな結末になることなんてありえないんだけど、高山の動きが本当に悪く、自分の体を支えきれずにこうなってしまったらしい。
高山には一刻も早く回復してほしいけど、怪我直前の高山の体でマットに上がってほしくもなかった。このことで一番自責の念に駆られているのは既に退団してしまったヤスウラノだろうなあ(退団自体は事故の前から決まっていた)。

高山善廣まとめ

高山善廣が5月のプロレスの試合で怪我をしてしまい現在は頸髄完全損傷の容態で入院中でありました!
この頸髄完全損傷という怪我の内容が首から下が動かないという麻痺状態になっている為に高山善廣選手は懸命にリハビリを行っています!
1日も早い回復を願っています!
また怪我をさせた相手のプロレスラーは誰なのかという事で調べてみたところ対戦相手が判明しましたが動画は確認できずでありました。


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする