上月左知子の死因がヤバい!

上月左知子の死因は?

女優の上月左知子さんが死去した死因は心不全であった!!

87歳という若さでありながら死去した上月左知子さんの死因となtった心不全とはどういう病気なのか確認していきましょう。

上月左知子さんとは?

 上月さんは49年に宝塚歌劇団に入団し、上月あきらとして活躍。57年に退団後は上月左知子として活動し。
俳優南原宏治さんと結婚したが、その後に離婚。3人の子供も芸能活動をした。晩年も仕事を続け、16年公開の映画「八重子のハミング」に出演した。


スポンサーリンク


NHK大河「春日局」など出演

上月さんは1949年に「上月あきら」の芸名で宝塚歌劇団に入団し、男役として活躍。57年に宝塚を退団し、上月左知子として活動開始した。

 主な出演作は84年の映画「瀬戸内少年野球団」「空海」、89年のNHK大河ドラマ「春日局」、2010年のフジテレビ系「花嫁のれん(第1シリーズ)」、15年のテレビ東京系「永遠の0」など。

上月左知子さんの死因の心不全とは?

心不全とは、病名ではなく、「心臓の働きが不十分な結果、起きた体の状態」をいいます 。 もちろん、心臓の働きのうち、どの働きが、どの程度、低下しているのか、その低下が 急に起こってきたのか(急性心不全)、徐々に起こってきたのか(慢性心不全)によって、 心不全の種類や程度はさまざまです。

国立循環器病研究センターの循環器病情報サービスサイトでは心臓病や脳卒中などの循環器病の症状や原因、予防や治験についての情報を提供しています。


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする