ランサムウェア 注意喚起!【wannacry】サイバー攻撃とは?

スポンサーリンク
     

ランサムウェア(身代金要求型ウイルス)【wannacry】のサイバー攻撃が日本でも600件の2000台のPCに確認されていて警察庁なども注意喚起!一体ランサムウェアとは何なのか?対策や復元方法はあるのかミスターサンデーの注意喚起で検証!


スポンサーリンク


ランサムウェア【wannacry】とは?

ランサムウェアとはウィルスに感染したパソコンやスマホの操作をすべてロックされて、保存しているファイルをすべて暗号化されて使えなくされてしまいます。
その暗号化されたファイルを元に戻すことと引き換えに「身代金」を要求する不正プログラムが組み込まれてしまいます。
身代金要求型不正プログラムwannacryとも呼ばれます。
今回、世界的に出回っているランサムウェアは身代金としてビットコインで支払う事を命じてきます。

ランサムウェア

この表が「トレンドマイクロ社」が調べた
2年前の2015年7月からの「ランサムウェア」の国内の検出台数の推移となります。
7~9月の昨年対比で24倍と大幅に増えてきているのがわかると思います。
今までは外国人からすると日本語は難しいとされてきて狙われにくかったようですが
日本語も解析されてきたので今後は日本人をターゲットにしたランサムウェア【wannacry】が流行ってくるようです!

またミスターサンデーではその身代金を要求している所に電話をかけていましたが
連絡先の電話番号は東京の03と表示されていたにも関わらずその電話が中国と思われる場所に転送されて
電話の相手が中国人と思われる女性が日本語を片言で話していました!
相手の身代金の要求額は、ロック解除は2万3千円といった事を話していました!(PCの場合)

ランサムウェア【wannacry】の特徴

ランサムウェア

ランサムウェアの特徴としては上図のように
1、罰金支払い期限までのカウントダウンで精神的に時間的に追い詰めてきますので焦ってパニック状態になります。
 お金などは支払わずにまずは警察に対処法を相談しましょう。
2、顔写真や個人情報を表示して恐怖心をあおる。
 ランサムウェア【wannacry】はスマホに保存されている個人情報を読み取り画面に表示するプログラムが組み込まれています。
3、身代金額が1万円程度と払えそうな金額となっています。
  払ってもデータは復活しません。

スマホのランサムウェアとは?注意喚起

ランサムウェア

スマホのランサムウェア【wannacry】も注意が必要です。
このような画面が表示されるウィルスが主流だそうです。
ランサムウェアに感染するといきなりこのようなタイマーがついている画面が表示され72時間からカウントダウンが始まります。
それと同時にインカメラ機能で勝手に写真を撮られてそのカウントダウン表示の下側に顔写真も表示されるのでかなり焦るそうですので、落ち着いて警察に相談するようにしましょう!
決してお金などを支払ってはいけません!
スマホも注意喚起が必要となっています。

このスマホのランサムウェア【wannacry】の身代金の要求金額が1万円が相場となっているようで
プリペイドカードで支払うように書いてあるそうです。
それほど高くないという事で払ってしまう方が多いようですが
払ったところで解除はされないのです!
ミスターサンデーではこのランサムウェアの被害者が警察にスマホを持っていくとデータも削除せずに
治してもらえていましたのでスマホの場合は警察に相談してみるとよいと注意喚起をしていました。」

パソコンPCのランサムウェアとは?【注意喚起】

ランサムウェア

パソコンPCの場合はランサムウェア【wannacry】のウィルスに感染すると
PC内にあるファイルやフォルダがすべて暗号化でロックされてアイコンがすべて真っ白に変わってしまうので注意が必要です。
その後、「ここに電話してください」とメッセージが表示されて
その電話に掛けると中国につながって約2~3万円の身代金を要求されるパターンと
ビットコイン(約5万円)で支払うパターンもあるようです。
どちらもお金を支払ったところでデータは回復できないようです!

ランサムウェア【wannacry】はどうやって感染するのか?

ランサムウェア
スマホやタブレット端末の場合は
●非正規アプリのダウンロード

パソコンの場合は
●メールの添付ファイル
●改ざんされてホームページや不正な広告

となっています。
特にランサムウェアなどのウィルスは日本以外の外国からやってくるので
外国の怪しいサイトやメールは注意した方がよいようです。

ランサムウェアなどのサイバー攻撃の予防や対策は?

公式サイトのアプリ以外はダメ×
●覚えのないメールの添付ファイルは開かない
●OSやソフトは最新の状態に更新する
●スマホにもウィルス対策ソフトを入れる
●こまめなバックアップをする

ランサムウェアに対応しているソフトはこちら

「ウイルスバスタークラウド」は最新のランサムウェアにも対応していてスマホにも対応しているのでお勧めです!1か月に1台147円ですのでかなり安いと思います。

ランサムウェア【wannacry】などのサイバー攻撃を受けた場合は?

ランサムウェア(身代金要求型)などのサイバー攻撃で感染して画面がロックされた場合は、お金を払うことはせずにまずは警察の相談しましょう!

基本的にはファイルなどは解除や回復することができずにスマホやパソコンのデータ初期化するしか方法がないようです。
その為にもこまめにバックアップを取っておく必要があります。
またこういったウィルスが急激に増えてきていますので
感染しないようにウィルスバスタークラウドなどの対策ソフトを入れておく必要があります。


スポンサーリンク


ランサムウェアなどの【wannacry】方法は?

公式サイトのアプリ以外使わなかったり、覚えのないメールの添付ファイルは開かないなどしていても
最近は虚偽の偽サイトも作られているので知らず知らずのうちにウィルスに感染してしまう事も多いようです。
パソコンはもちろんの事、今後はスマホやタブレットにもウィルス対策ソフトを入れておいた方がよいでしょう!
1か月200~300円程度です。
ランサムウェアなどの新種のウィルスを防止してくれるソフトがトレンドマイクロソフトから発売されています。

パソコンにはウィルス対策ソフトを入れている方が多いですがスマホには対策していない方が多いので今後もスマホやタブレットが狙われてくると思われます。

特にこのような方は必要です。
PCやスマホ内に大事なデータや写真などがあってインターネットやSNSをよく利用される方は必ずランサムウェア対策ソフトを入れておきましょう。

ランサムウェアの口コミ

リンクを開くと感染するようですね。こういったことに疎い家族の行動が心配。

あれだけランサムウェア注意喚起されているのにバカか公務員は本当にアホばかり

ランサムウェア中国じゃね?

当方のPCなど対象外でしょうがここ何日かつづけて何通も迷惑メールが入ってます、何これと言う感じのものが多いですね、勿論開いては居ませんが。

ついに感染・・・ ランサムウェア厄介なウイルスなんだよね。攻撃元はどの国だろう?

ハッキングでライフラインがいつ止められてもおかしくないよね・・・

日本はセキュリティに対する危機感が低いから心配。

ランサムウェア添付ファイル開くな。メールで受け渡しするな

メールに添付されたアドレスを踏んで感染したという報告もあるようです。差出人を詐称してのメールにも注意したほうが良さそうですね


>>次のページ 『マイクロソフト安全認証チーム』のメールは危険!【注意喚起】


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする