石牟礼道子の現在は病気で激やせ!?

石牟礼道子の現在は病気で激やせ!?

石牟礼道子WIKI

名前:石牟礼 道子

誕生:1927年3月11日

出身:熊本県天草郡河浦町

死去:2018年2月10日(90歳没)

職業:小説家・詩人

最終学歴:水俣実務学校

活動期間:1969年 – 2018年

ジャンル:小説・詩

主題:水俣病

石牟礼道子さんの激やせ画像

石牟礼道子さんの激やせと思われる画像がGoogle画像でも掲載されていました

石牟礼道子さんの激やせgoogle画像×3枚

現在は病気のパーキンソン病だった

作家の石牟礼道子さんが2018年2月10日、パーキンソン病による急性憎悪のため亡くなった。90歳だった。

 晩年はベーチェット病を患い、闘病生活を強いられた

熊本市の介護施設で死去

水俣病患者の苦しみや尊厳を描いた「苦海浄土」で知られる作家、石牟礼道子さんが10日未明、熊本市の介護施設で死去した。90歳だった

10日午前3時14分に死去

水俣病を描いた文学作品「苦海浄土」で知られ、近代文明の闇と向き合い続けた作家、石牟礼道子(いしむれ・みちこ)さんが10日午前3時14分、パーキンソン病による急性増悪のため熊本市内の介護施設で死去した。