485系 残り26両しかないホントの理由がこちら↓【画像有り】

 

臨時快速の観光列車きらきらうえつ・485系の残り26両が話題になっていますね!

いったい国鉄特急電車残り26両とはどういう事なのでしょうか?

今回は、華も引退間近の485系について動画や画像や

口コミ情報等で紐解いて見ていきましょう。

スポンサードリンク


スポンサーリンク

485系の残り26両とは?

乗りものニュース他、メディア各局が485系の残り26両に関して下記のようなニュースを報じ話題となっています。

 JR東日本新潟支社が土休日を中心に白新線、羽越本線で運行している臨時快速の観光列車「きらきらうえつ」がなくなります。新潟日報が11月14日に報じたところによると、新潟支社は「きらきらうえつ」の運行を2019年9月末で終了し、車両も廃車にする方針を固めたといいます。
 この「きらきらうえつ」で使われている車両の名は「485系」といいます。かつての国鉄とJRでは、赤とクリームの2色で塗られた特急列車が各地で多数運行されていましたが、その特急列車で使われていた車両の多くが485系でした。その姿を記憶にとどめている人も多いのではないでしょうか。

headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181125-00010000-norimono-bus_all

スポンサーリンク

485系の口コミ情報

20代女性
485系きらきらうえつより長い宴や華も、来年が山場ですかね。オリンピック臨まで持ちそうな感じはしなくなってきましたね。むしろ、オリンピックでE257やE653を波動用でフル活用するために、急ピッチで置き換えているのでしょうけど。
40代男性
新型車輌の導入が決定した事である程度の予測は付きましたが、残り26両引退はやむを得ないでしょう。
かつて特急[いなほ]が485系で運転されていた頃に一緒に撮影していましたが、撮影したい皆様、乗車したい皆様は早めに活動した方が良いと思います。
終わりが近くなってからでは全てが思うように行かなくなりますので。
60代女性
なんでもそうですが、昔ながらのものが失われていくのは寂しいものです。
ただ、残り26両こうやって限定感を出し、煽る事で、一部のファンによる迷惑行為が行われているのも実情です。
なので、引退する日は良いと思いますが、特に公共の乗り物などで「あと◯◯で引退」はやめていただきたいと切に願います。

スポンサードリンク


50代男性
485系ボディは載せ替えてたりするから大丈夫でしょうけど、足回りとかはさすがにダメでしょうね。
残り26両少数派になれば部品調達のコストも割高になるし、運用コストも高めとなると、大した儲けにもならない臨時快速で運用したって赤を出すだけですしね。
哀しいかな、かつての特急列車の代名詞的存在は合理化の波にもまれてしまうのですね。
60代男性
国鉄特急車ほんとに少なくなってきましたね。
185系も引退が決まり、長野にいる189系N102編成もいつ臨終してもおかしくない状態。
いつかは引退の時期が来てしまうのは仕方ないですが、やはり寂しいですね。
お疲れ様、と言いたいです!
30代男性
人気車両だからと残していたのでは昔の蒸気機関車を始めとして多数の電車を置くスペースが必要になる。廃車以外に外国にも旧型列車を売却しているようです。長期間活躍した列車が最後の運行になると多数の鉄道ファンが集まる。残り26両は時代の流れだから仕方ないな。列車にも(お疲れ)と言いたい。
20代女性
485系残り26両を撮影するのはいいけれどもね、みなさん、マナーを守ることを忘れずに。
30代女性
古い車両はメンテナンスするにも部品がなかったりで廃車するしかないんですよね。
メーカーに依頼すれば部品作れるんでしょうけど、コストがかかりそうですからね。
40代男性
『きらきらうえつ』には何度か乗車したが、土日祝日がメインではあったけれど、リゾート列車であると同時に、特急『いなほ』と遜色ない所要時間で新潟~酒田間を行き来できる速達性の高い快速列車としても非常に重宝した。
海側のA席を取れれば言う事なしだが、指定される席番にこだわりがなければ座席定員も多く、指定席の確保自体も非常に楽だった。
ただ、公開された後継列車の資料を見る限り、純然たる座席車が2両しかなく、内1両はグループ向けのセミコンパートメント車両と、一人旅でも気兼ねなく席を指定できる車両は実質1号車の1両だけのように思われる。
乗る楽しみは増えるのかもしれないけれど、指定席の確保が大変になりそうだ。
50代男性
僕の大好きな485系。鉄道ファンになったきっかけの車両であります。家族と出かけたときに485系こまくさに乗り、横手ー秋田間を往復。国鉄色が目立つ、唸るMT54、なんたってJNRマークとJRマークのWセットがかっこいい。今は亡き奥さんと中学のときに秋田や盛岡でいなほやはつかりを撮影しに出かけたのを覚えています。最後の485系いなほで新潟旅行へ。鉄道唱歌チャイムが流れたとたん、涙。国鉄の匂いが今でも漂う、485系。楽しい思い出をありがとう、お疲れ様でした。僕の心の中では一生、走り続けることでしょう。

スポンサードリンク


スポンサードリンク