愛児の家(中野区) 石綿徳太郎園長の顔画像あり!虐待した職員は誰で名前は?

愛児の家(中野区)

東京・中野区にある児童養護施設「愛児の家」(あいじのいえ)で職員による虐待や暴行疑惑が報道されました!

この記事では

・「愛児の家」施設長(園長)の石綿徳太郎さんの顔画像は?

・虐待をした職員は誰?名前や顔画像は?

・愛児の家の虐待報道や場所

について調査してまとめていきたいと思います。

 

「愛児の家」施設長(園長)の石綿徳太郎さんの顔画像は?

 
Sponsored Link


 

虐待疑惑が浮上した愛児の家は東京都中野区にある児童養護施設で2歳から18歳の子ども36人が生活しているようです!

その施設の長である石綿徳太郎園長が記者会見に応じた事で顔画像が判明しました!

白髪交じりの優しいそうな感じの石綿徳太郎園長の年齢は公表されていませんでしたが恐らく50~60歳代といった感じの男性であります!

顔画像はTBSのJNNで報道されました。

「愛児の家」施設長(園長)の石綿徳太郎さん

出典元:headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20190523-00000061-jnn-soci TBS系(JNN)

「石綿徳太郎」施設長の名前以外の経歴プロフィールに関してはまだネット上ではあまり出ていませんでしたので年齢や学歴や家族などわかりましたが追記で対応していきたいと思います。

 

虐待をした職員は誰?名前や顔画像は?

 
Sponsored Link


 

児童養護施設「愛児の家」の職員が児童に対する虐待があったと報道されました!

いったい誰が虐待をしてしまったのでしょうか!?

メディアの情報をみるとまだ職員は特定されていないどころか「愛児の家」側は虐待や暴行について全面否定しています!

この愛児の家には何人の職員が勤務しているのか見ていきます!

公式HPに職員の人数などの情報が記載されていました。

現況:職員(園長1、事務員1、保育士及び指導員10、家庭支援専門相談員1、心理療法担当職員1、調理関係者4、嘱託医及び非常勤職員若干名)
児童定員:36名
役員:理事長 神戸 澄雄
理事:5名
監事:2名

「愛児の家」の職員

出典元:http://www.aijinoie.jp/about.html

これによると園長も含めて18人以上が「愛児の家」で勤務していたって事が分かります!

そしてこの職員の中で児童に接する機会が一番多いのが「保育士及び指導員」の10名であると思われます!

虐待が行われていたのであればこの保育士指導員の10人の中の誰かの可能性が濃厚になっています。

愛児の家の公式HPには施設長や役員の名前一覧は掲載されていましたが

職員の名前や顔画像は掲載されていませんでしたので今のところ、虐待をした職員の名前や顔写真は特定できませんでした!

またネット上でタレこみ情報がアップされ次第、真相究明していきたいと思います。

 

愛児の家で虐待報道

 
Sponsored Link


 

TBSで中野区にある愛児の家の虐待問題を報道していました。

 東京・中野区の児童養護施設で職員による虐待が行われていた疑いがあるとして、弁護士会が是正勧告を行っていたことが分かりました。施設側は全面的に否定しています。

 是正勧告を受けたのは、東京・中野区の児童養護施設「愛児の家」で、虐待などの事情がある2歳から18歳の子ども36人が生活しています。

 東京弁護士会によりますと、2015年6月に人権救済の申し立てを受け、複数の児童に聞き取りを行ったところ、職員から首を絞め上げられたり、「死ね」などの暴言を浴びせられたなどの証言が得られたということです。

 このほかにも、高校に進学する際に「ルールを守らなければ施設から出て行かないといけない」などと記載された誓約書に署名するよう、複数の職員に強要されたとも指摘。「児童の基本的な安心感を著しく害する」として、今年2月に是正勧告を行ったということです。このほかにも、2013年に「虐待に該当しない」との判断を出した東京都に対しても、「調査方法が不適切だった」としています。

中野区の「愛児の家」の画像

出典元:headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20190523-00000061-jnn-soci

この愛児の家の住所は〒165-0032 東京都中野区鷺宮3-2-13です。

場所をGoogleマップで見てみます。

ストリートビューがこちらです。

 

おわりに

愛児の家で虐待報道がされました!

先日も介護士による高齢者への暴力のニュースが報じられました。

介護士さんや保育士さんい対する給与面の見直しや管理面強化の為の防犯カメラ設置など改善していかなければいけないのかもしれません。

今回の疑惑のあるような事件の背景・原因を検証する事で法整備や社会の仕組みが見直されてこのような弱者への虐待のニュースが無くなる事を切に願っております。

 
Sponsored Link