明石家さんま 思い出トークの内容はテレビでいつどこで放送されるか判明!

明石家さんまの思い出トーク

 

明石家さんまさんが前日に亡くなった師匠との思い出トークを劇場で話しました!

その内容は師匠・松之助さんが死去する3か月前に会いにいったという話しです。

桂三枝さんから「もうアカンで。すぐ(会いに)行け」と連絡があったようです!

しかし師匠はすごい元気だったようで、「何しに来たんじゃ、アホ! 弱ってる姿は見せたくないんじゃ、お前(さんま)には!」と言われたようです。

この明石家さんまさんの思い出トークの内容がテレビではいつどこで見れる(放送される)のか確認していきましょう!

スポンサーリンク

明石家さんまさんの思い出トークの内容は?

スポンサーリンク


明石家さんまの思い出トークの内容をまとめたものがこちらです。

ポイント 明石家さんまさんが2月23日、大阪市にオープンした劇場「COOL JAPAN PARK OSAKA(クールジャパンパーク大阪)」のこけら落とし公演に出演。

ポイント 出演したのはコメディー劇「さんま・岡村の花の駐在さん」

ポイント 3カ月前に桂文枝さんから「(松之助さんが)もうアカンで。すぐ(会いに)行け」と連絡があり、明石家さんまさんは師匠のもとへ駆けつけた。

ポイント しかし師匠は「すっごい元気やった!」松之助さんは「何しに来たんじゃ、アホ! 弱ってる姿は見せたくないんじゃ、お前には!」と、さんまさんをすぐに追い返したそうです。

20代女性
明石家さんまさんの思い出トークの内容はテレビでいつ見れるんやろうね?

30代女性
「さんま・岡村の花の駐在さん」の模様は3月9日午後3時~4時半、ABCテレビ(関西ローカル)で放送される。

40代男性
関西ローカルだったら関東や東京ではみれないのかな~?

30代男性
ABCテレビはテレビ朝日系列だから明石家さんまの思い出トークを全国で放送して欲しいですね。視聴率が15%は行くと思う。

スポンサーリンク

明石家さんまの思い出トークについて

 
スポンサーリンク


 
 
さんまさん 笑いに厳しいことで有名ですが ちらほら人優しいところや配慮が感じられる

自分が目立ちたいだけ 笑いが欲しいだけというのはそうなのだろうが それだけでいつも終わらない 周りを巻き込んで いつも誰かの株上げたり 村八分になっているタレントさんに道作るような笑いであったり 干されていたタレントさんをさんまさんが 笑いネタにして 言いにくいことを突っ込んで 世間にさらけ出させて 禊にすることもある

この師匠あっての さんまさんなんだなぁ
この記事からも 感謝ややさしさのある笑いだなと感じた

 
 
さんまが来てくれて師匠もほんとは嬉しかったんだろうなぁ。

 
 
天才が弟子でいいことも悪いこともあっただろうけど、いいことのほうが多かっただろうと思う。

 
 
さんまさんは以前家族が亡くなり笑うことが出来ず引退を考えた時、オール巨人さんに舞台でギャグにされ乗り越えられたと言っていた。
そういう人生観を持っているんだと思う。
普段忙しいのに、この日に大阪で笑いの舞台に立つ仕事があったのは奇跡的だと思う、大好きな師匠からのさんまさんを励ますための最後のプレゼントかもしれない。舞台で、自分から笑いに出来て良かった。

 
 
さんまが若い頃に師匠に黙って上京したが、なかなかうまくいかず失意のまま大阪に帰ってきた時、普通なら説教したり激怒する所を今までと変わらない態度で接してくださったんだよな、たしか

さんまからしたら笑いの世界でどれだけ成功して地位を築いても師匠には生涯頭が上がらなかっただろうね

 
 
この人はいつだってそう。
なんでも笑いに変えられる。

誰かの葬儀のときに、
さんまさんはこんな時まで笑いを取ろうとするんですねって言われて、
『芸人やからね』って答えたらしい。

この人は根っからのお笑い芸人。
この人を超える様な芸人は出てこないのかな。
すごい面白いネタがとかそういうことじゃない。人気がどうのの問題でもない。
さんまさんは、細胞レベルまでお笑い芸人。

 
 
さんまのまんまに師匠が出はったとき、珍しく恐縮しきりのさんまさん。
とはいえ、スキをついて師匠に悪態ついたり突っ込んだりね(笑)
面白い回でした。
師匠。まだまだお元気で過ごしてはると思っててんけどなぁ。93歳にお成りやったんですねぇ
上方の落語家の組織からは少し距離を起きながらのご活躍、師匠の飄々とした芸とお人柄がマッチしてましたね。
師匠を取り上げた、ナイトinナイト枠のナンバ壱番館、好きな回の1つです
寂しなります。上方落語会に重鎮がおらんようになってしまう。寂しいです

 
 
師匠、弟子、、、今の養成所では絶対に築けない関係。さんまみたいに売れる芸人は、やはり上下関係には厳しい。

 
 
新喜劇とはまた違った感じで面白そうですね。なつかしいメンバーで。

 
 
師匠の、弱っている所を見せられるか。
無理して、元気を振り絞ったんでしょうね。

スポンサーリンク


 
 
松之助師匠もさんまさんを見て、
「師匠の死まで笑いにつなげるとはたいしたやっちゃわ。」
と、笑っておられるだろう。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

 
 
タモリも赤塚不二夫の弔辞を読んだ時、お前も芸人なら弔辞で会場を笑わせてみろと、赤塚不二夫がこの場にいるなら思うだろう。といった内容のこと言っていたね。
たけしにたも深見千三郎というよき師がいたし。ビッグ3にはそれぞれ素晴らしい師匠がいたんだなあ。

 
 
これこそが亡き師匠への恩返しやな。

 
 
さんまさんが何故この位置にいるかが納得できる。ネタにすんのは、遠慮してる周りの人への気遣い、笑いの人間として師匠への気遣い、潰れそうな心を隠す意地……

 
 
また今日これだけのメンバーが揃ってるというのが縁ですね。
松之助さんも笑顔で旅立って行かれたような気がします。

 
 
さんまさん、益々ファンになりました。
いつまでも笑いを提供し続けて欲しい。

 
 
早くテレビで見たい。
今から楽しみ。
さんまさん、悲しい時こそ明るくする性格やから。偉いなー。

 
 
たけしみたいに昔の弟子時代のこと、本書いてほしいなー、絶対読みたい。

 
 
こういう師匠との話をみなさんに楽しく話せば話すほど悲しみが募っているんだろうなと思った。

 

スポンサーリンク

おわりに

松之助師匠は見舞いに来てもらったさんまさんへの照れと心配をかけたく無いという気遣いだと思います。ただ弱ってる姿を見られたく無いのは本心かもしれません。
さんまさんも松之助師匠のその時の状態を真剣に話をするより思い出トークで笑いに変える方事が松之助師匠への恩返しで弔いの気持ちだったのだと思います。

松之助師匠がいたからこそのさんまさん。
師匠への思いは人一倍のはずで松之助師匠の話をする時のさんまさんからは尊敬と感謝気持ちが感じられていました。
芸への厳しさも人への優しさも松之助師匠から教わったのだと、さんまさんは笑いをかっさらってる様に思われますが若い芸人にもチャンスを与え伸ばそうとしてくれる優しさとトークのキラーパスやダメ出ししたり芸への厳しさ両方持ってます。そこは松之助師匠譲りなのではと思います。
さんまさんも本当に悲しい気持ちだと思いますが芸人として松之助師匠が望む姿を今体現してるのだと思います。

 
スポンサーリンク