朝ドラ 1作目ヒロイン出演の真相がヤバい!

 

朝ドラ 1作目ヒロイン出演が話題になっていますね。

メディア報道、画像や口コミ情報もヤバい事になってきています。

いったい朝ドラの1作目ヒロイン出演とはどういう事なのか気になりますので詳細をまとめていきます。

 

スポンサーリンク

朝ドラ 1作目ヒロイン出演の真相がヤバい

スポンサーリンク


こちらが朝ドラの1作目ヒロイン出演に関する記事詳細です。

2日に放送されたNHK連続テレビ小説「なつぞら」に、朝ドラ1作目のヒロイン・北林早苗が登場。ネットでは「綺麗で品があると思った」「チョイ役ではもったいない」などの声が上がった。

 この日の「なつぞら」では、北海道の酪農家・柴田家に引き取られたなつが、必死に柴田家に溶け込もうと「働かせて欲しい。だからここにおいてほしい」と懇願。その後、東京で空襲に合った後の辛い記憶を思い起こすが、そこで、なつと妹に、さつまいもを分けてくれた優しい老女が北林だった。

 登場時間は約42秒。1分にも満たなかったが「なつぞら」公式ツイッターでも北林を紹介し「今回のオファーに『ぜひやりたい!』と二つ返事でOKしたそうです」とつぶやいた。

 北林は記念すべき朝ドラ1作目「娘と私」のヒロイン・麻理役だった。ネットでは「ただならぬオーラとただものでは無い感は感じました」「綺麗な女優さんだなと思いました」「少しだけの時間でも存在感がありました」「このきれいなおばあさんがそうだったんですね」など、納得の声が上がっていた。

出典元:headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190402-00000039-dal-ent

 

今回の朝ドラ1作目ヒロイン出演についてネットやSNS上ではどのように論評されているのか口コミ情報を見ていきます。

 

ヒロイン出演の朝ドラ1作目の画像や動画

スポンサーリンク


 

朝のドラマ1作目のヒロイン出演に関する口コミ情報

スポンサーリンク


 
 
子役の演技が上手。1ヶ月位、子供時代が有ったら更に深い話に成ってるかも。
戦争時代の暗く、シビアな話の描写が少ない感じがする。

 
 
主役より主役の子役の方の演技と可愛さで一発目に涙しました。
松嶋菜々子もやっぱりいい。

 
 
まなざしが温かかった。

 
 
録画してあるんだけど、何故かなかなか見る気になれないんだよね。

 
 
草刈正雄はオンジイのようになるのか?
何故幼い妹は引き取られなかったか気になります。

 
 
主観を排除して、冷静に分析すると、こうだ。これまでの朝ドラで最低だったのは純粋と愛。それでも、初回視聴率−平均視聴率は3%弱しか落ちてない。いかに初回視聴率が重要か認識すべし。
一方関東平均と関西平均とで4%弱の開きはまんぷく以上で頂けない。近畿圏からの視聴者増加がポイントの一つだ。

勝負は2点だ。1点目は明日発表させる第2話の視聴率。これが良ければ序盤はほぼ起動に乗る。関西圏から視聴者を呼び込めれば、もはや盤石だ。
2点目は平均視聴率だ。序盤が良くても中盤以降ダレるとマズイ。新宿編、アニメーション編と歴代ヒロインも登場し、キャスト陣はめちゃくちゃ豪華。が、NHKなセット内でのわちゃわちゃに終始すると、まんぷくのように後半尻すぼみする。この点でも、十勝の景色やキャストをうまく混ぜ飽きさせないことが肝要だ。

 
 
男性の演技がいまいちで残念だった

 
 
茶髪なのが気になった。
役作りはどうなってるんだろうか?

 
 
朝の連ドラは地上派で朝と昼に続く夜11時頃再放送してくれて面白ければ毎日観るよ。

 

おわりに

今回は朝ドラ1作目ヒロイン出演について調べてみました。 

ネットやSNS上ではいろいろな意見が出ています。

この後も引き続きどうなっていくのか注目し情報が入り次第、追記していきたいと思います。

 
スポンサーリンク