朝井リョウ 自分地獄の真相は?グレーでいい、ずるくていい!

朝井リョウの自分地獄

作家・朝井リョウさんの自分地獄が注目されていますね!

いったい自分地獄とはどういう事なのでしょうか?

気になりますので結婚してた朝井リョウさんの自分地獄についてWIKI経歴や口コミ情報等から読み解いていきます。

朝井リョウさんの自分地獄の真相は?

スポンサードリンク


今回の朝井リョウさんの自分地獄に関する報道内容はこちらです。

気になりますので早速見ていきましょう!

「『時代』を語ることはできない」と作家の朝井リョウさん(29)は言う。元号が「平成」に変わった1989年に岐阜県で生まれ、20歳の時に『桐島、部活やめるってよ』でデビューした。この3月には「平成」に生きる若者たちを描いた『*にがいを求めて生きているの』が刊行された。元号の節目を迎え、さまざまなメディアから「平成とは?」という大きな質問を投げ掛けられ、そのたびに戸惑う。それでも「これまでに書いてきたことを振り返るかたちなら」と語ってくれた。

*一部伏字

出典元:https://news.yahoo.co.jp/feature/1242

20代女性
若いと思っていた朝井リョウさんがもう29歳か。
40代男性
待ちに待った朝井リョウ氏の新刊を読み進めている。昨日150ページくらいを読み、今で300ページくらい。どんどん続きを読みたい気持ちと読了したくないという気持ちがせめぎ合っている。450ページの厚みが有難い。
30代女性
自分より若くてびっくりした覚えがある。 自分地獄は分かる。

今回の朝井リョウさんの自分地獄についてネットやSNS上ではどのように論評されているのか口コミ情報を見ていきましょう。

朝井リョウさんの自分地獄について

スポンサードリンク




自分地獄これって、そろそろみんなが気づき始めたことじゃないかと…。



朝井リョウ氏 自滅生む自分地獄。(`-д-;)ゞ



これ、めちゃくちゃ勇気をもらえる全文覚えていたくなるインタビューだった、平成生まれに朝井リョウさんがいてくれてやっぱり良かったな



朝井リョウさんとっても良い記事だった……身につまされるほど真摯で豊饒なインタビュー



自分地獄とても興味深い。しかしここまできちんと言語化出来るのはさすが小説家。



最近、ぼんやり思っていたことが3つくらい入っていて、ネットの記事って赤線引けなくて不便です(?)
それにしても、この先生素敵だな。



平成とは何か?
「0-100以外認められない時代」グレーが許されない。
オンリーワンでいいって言うけど、比較することを辞められない苦しみ etc
平成生まれの自分の生きた時代の人に読んでもらいたい記事!



最後の方でノンフィクションの歌詞が。朝井リョウさん流石堅ちゃんファン。



オンリーワンで満足できる人はそれでいいと思う。僕はナンバーワンじゃないと満足できない



身に覚えがありすぎる。自分地獄!



やだ・・・すごく惹かれる青っぽい内容

スポンサードリンク




その通りでしかないと終始納得してしまった。



およそ3ヶ月に1回JFNで朝井さんのラジオがあって聴いていますが、平成生まれをテーマにしているので、平成が終わると番組もなくなるのでしょうか



頭いいなぁ…というか、感じていることを言葉にできる能力はすごいなというか



自分のことも他人のことも「受け入れる」「認める」ことが大事なのではないかな。でないと、ナンバーワンもオンリーワンも結局は同じことになってしまう。

おわりに

今回は朝井リョウさんの自分地獄について調べてみました。 

ネットやSNS上ではいろいろな意見が出ています。

この後も引き続きどうなっていくのか注目し情報が入り次第、追記していきたいと思います。

スポンサードリンク