バンド・たま 現在の真相がヤバイ!【画像あり】

 

バンド・たまの現在が話題になっていますね。

スポンサーリンク

バンド・たまの現在とは?

石川浩司は今年、57歳になった。90年の特大ヒット曲「さよなら人類」で社会現象となったバンド「たま」で、丸刈り頭にランニングシャツでかけ声を発しながらのパフォーマンスを記憶している人は多いだろう。
たまは03年に解散したが「大きな理由はケンカ別れじゃない。個人の活動が忙しくなりすぎて、たまの時間がなくなった」から。今も“元たま”と紹介されることには「ポール・マッカートニーですら元ビートルズって言われるんですから」と達観。解散時のメンバー3人は「ちゃんとした再結成は大変だからしないけど、年にいっぺんぐらい(イベントで)尻軽にセッションする」という。

出典元:headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181210-00000051-dal-ent

スポンサードリンク


 

バンド・たまの口コミ情報

40代女性
バンド・たまはイカ天の中ではビギンと並びダントツの存在感でしたが、現在まだまだ現役で頑張っておられるのは嬉しいですね、でもちょっと痩せたかな。

40代男性
実は全員作詞作曲ボーカルが取れる事、「さよなら人類」を歌った人が程なくして脱退した為に、バンド・たまは以降3人でこの歌を歌わなかった事等は、結構知られてない。
その人も「たまは思い出」と言ってるから、再結成は無いだろうが、各個人で楽しく音楽をやれている事が嬉しく思う。
特に石川さんは一時期やってた店を畳んで行方不明なんて情報があったから、この記事を見て結構ホッとしてる。

 

 

20代女性
名前自体は知っていて、特徴的な曲で記憶に残っていたが、東京Walkerの25周年記念のかつての誌面を集めたムック本で石川さんがどのような人か書かれていたことを読んでみて驚いたことがあった。
他のメンバーは現在どうなっているか知りたいと思った。

30代男性
バンド・たまをただの一発屋のコミックバンドと思ってる人は人生損してる

スポンサードリンク


40代男性
元々、見るからに天才肌の4人が集まったビジネスパートナーって感じだったから、長続きはしないだろうと思ってた。
あの時代の空気の中で、あのメンバーが集まって才能を集結させたことに意味があったんだろうな。
グループ活動が長い短いじゃなくて、やりたいことをやったプロジェクト終了って感じの解散だったわw
50代男性
バンド・たまは時代を先取りし過ぎたと思う。
現在、当時の感じで出てきたらどれだけ評価されて人気が出ただろうか。
本当に素晴らしい曲がたくさんあるので、もっとみんなに聴いて欲しい。
20代女性
7年前に「たま」のファンになりました。最初は柳原君の「さよなら人類」を懐メロ的に聞きたくなってCDを購入。他の曲は「変なの」と思っているうちに・・・はまってしまった。知久君と石川君は天才だね。知久君のギターは上手すぎる。さくらももこさんは「ロシアのパン」の間奏を「世界で最も美しい間奏」と言ってたそうです。

 

 

60代男性
初めてイカ天でたまを見た時の印象は忘れません。
すっごいハマったと言うほどではないのに、
なぜか頭から離れないメロディー、歌詞
一つの時代でした
今考えると、天才だったんだと思う

50代男性
バンド・たま、イロモノの一発屋って見られてることが多いけど
現在改めて楽曲を聴いてみるとメチャクチャ芸術性高いんだよなぁ
まぁだからこそ『世間』からはイロモノと見られてしまう宿命なのかも知れないけど・・・
そして単純に演奏もスゲー高レベルなのよね
40代男性
石川浩司さんこの人、親父は東大卒の国家公務員で母は美智子様の御学友だぞ。ハイソな家庭の長男さん。
たまのドラムとか実はすごく上手いし、独特な感性も圧巻。
変わった人のように見られてるが、潜在能力は凄いと思うよ。

スポンサードリンク