ブラックインターン 実態が衝撃的!内定しといて無給で働かせる企業の内実!

ブラックインターンの実態

 

ブラックインターンの実態が話題になっていますね!

いったい実態はアパレル会社のはずが居酒屋でタダ働きとはどういう事なのでしょうか?

気になりますのでブラックインターンの実態について詳細を読み解いていきましょう。

 

スポンサーリンク

ブラックインターンの実態の真相は?

スポンサードリンク


今回の報道内容はこちらです。
早速気になりますので見ていきましょう!

 売り手市場と呼ばれるここ数年の就活市場。とはいえ、大手・人気企業は依然として高倍率で、内定獲得するのもひと苦労です。
 学生としてはこの時期に行われるインターンを「なんとか内定への糸口としてつなげたい」と考えるでしょう。しかし、なかにはとんでもない“ブラックインターン”も存在するそうです。
 「学生に“内定”というニンジン(エサ)をぶら下げて、無給で働かせる企業の内実はブラックか、あるいは将来ブラックになる要素が含んでいると思いました。それにアパレルブランドならほかにもいくらでもあります」

出典元:headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190220-00125884-bizspa-bus_all&p=1

ブラックインターンの実態は内定しといて無給で働かせる企業の内実です!
信じられないですがアパレル業界など結構あるそうです!
では皆さんの口コミはどんな感想をお持ちなのか見ていきましょう。

20代女性
実態はインターンの内容を「偽装」することで安い(あるいは無料の)労働力として学生を使い捨てるブラックインターンも多いと聞いたことがあります。
30代女性
この会社どうなのよ?無給?で七時間も?ヤバい会社だね。どこのブランドか気になります。
40代男性
労基署に訴えたら、問題になる内容なのでは?
30代男性
こういう企業結構ありますね
実際に見たのはスポーツ・レジャー関係の企業なのに居酒屋などの飲食業も兼任してる所
そんな所に限ってスピード1日内定とか一次試験免除とか上手いこと言ってましたね

 

 

スポンサーリンク

ブラックインターンの実態について

スポンサードリンク


 
 
まず、無給のインターン生に実業務をさせるのは違法行為だ。
学生は内定をもらうために我慢すると言うが、不誠実な対応をする会社だと分かった後もなお、その会社に就職したいと思っていることが私は不思議でならない。
これから何年も(あるいは一生)その会社で働かなくてはいけないのに、いくら表面上が魅力的でも、実態はろくでもないと分かった会社に何故まだ入ろうとするのだろう。
表面上は地味でも誠実な会社は世の中にたくさんあるし、そんな地味な会社は大抵人材不足で困窮している。
そんな会社に入社して真面目に働けば、会社からも大事にしてもらえる。
なにより、私なら、そんなろくでもない会社が作った服だと分かった時点で、そのブランドへの愛情も消えると思うのだが。

 
 
ブラックインターンひどいな。
インターンは無給ってのが法律で通るのか?

 
 
インターンでそれが経験出来てむしろ良かったんじゃないかと思う。
学生の頃は色々なことに夢見がちで、それこそ今なんて売り手市場と言われ、インターンで行ったら手取り足取りチヤホヤ教えてもらえると思って参加してる学生も多いと思う。
正社員じゃないんだから嫌なものは速攻断るべきだし、翌日からは行かなくてもいいと思う。
こういうあるまじき事が卒業し社会人になったら自分の責任で選択したこととされてしまうのだから、今のうちにいっぱい失敗しておいた方が良い。

 
 
いつの時代もデザイナーは、変わりません。数十年前から服飾系は、養成校を出て
デザイナーになれる人は10%未満です。勿論オリジナルをメインでやってる会社はあるのですが、実態は流行りのデザインがあるとその洋服を買って、パターンをコピーそして中国などの量産工場にパターンを送るのが仕事なんてのが結構ある業界です。服飾系は旬が短く、いかに速く、流行を捉え、流通にのせるか!が勝負の世界なんです。学校で教える事と実社会のギャップはこれから山ほど体験するでしょう。それも人生の経験の内かも。そして、最終的に自分が、生きて行ける道を探すのも人生です。

 
 
お金貰ってないんだし、チーフに意見したのは良かったと思う。
これで下手にお金もらってたら口をつぐんでたかもしれない。
しかしこの世はヤバイ会社が多いね。労働の対価を払わずに人をこき使おうとする輩は滅んでほしいわまったく。

 
 
こういう企業に間違っても就職してはダメというのが分かって良かったですね!
インターンで自分に合うのか合わないのか、そして企業がマトモなのかを判断できる。
本当は学業に支障がないように複数箇所行ければいいのだけど、なかなかそうは行かないのが現状ですね。
インターンシップで最悪な思いをしたという記事ですが、この悲劇が就職で起きなくて良かったというインターンシップの有効性を示した記事でもありますね!

 
 
ブラックインターン訴えた方がいい、労働に見会う対価を貰うのは当然です。

 
 
ブラックインターン酷い話だ。こんな所からバイト不適切が起こるのではないか?

 
 
会社は傍目で見るのと、実際に中に入って働いて知る実情では違う。
それを知る為にもインターン制度は良い事だ。
実態が思ったのと違うのなら辞めればいいだけの事で、実際に入社してしまうと辞める事も大変で、しかも転職となる。

 
 
その選択、間違ってないです。
インターンの時点で分かって良かった。
焦ってしがみつかなくても、まだやり直せるし、その経験がよりよい職場を自分に引き寄せる。
これから長い間在籍する社会人生からみたら、ほんの短い出来事。
未来の為に、勇気ある決断を他の人もしてほしい。

スポンサードリンク