超音速機 墜落した原因は?ロシア北西部で!

 

ロシア・超音速機の墜落が話題になっていますね!

いったい墜落とはどういう事なのでしょうか?

気になりますので超音速機の墜落について動画&画像や口コミ情報等で紐解いて見ていきましょう。

 
Sponsored Link


 

超音速機の墜落の真相は?

今回の報道内容はこちらです。

ロシア軍に所属するツポレフ社製の超音速機「Tu-22M3」1機が22日、同国北西部のムルマンスク州に墜落した。国営タス通信が伝えた。

タス通信が当局の発表を引用して報じたところによると、事故は午後1時40分に発生。当時Tu-22M3は着陸態勢に入っていた。

headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190123-35131660-cnn-int

 

超音速機の墜落のネットの口コミ

 
 
ロシアの戦闘機事故多いな。
軍事予算が足りてないのかな。原因不明だって。

 
 
超音速機の墜落事故はまだまだ続きそうだな。武器輸出にも影響が出て一層貧しい国になってほしい。

 
 
軍事費不足で、ロシアも老朽化している……?

 
 
ソ連時代なら公表されなかっただけで
マスコミを制御できなくなっただけではないかな

 
Sponsored Link


 

 
 
色眼鏡かもしれんが、ボーイング、エアバスに比べるとツボレスはやや信頼性に落ちるというイメージ。実際母国であるロシアの航空会社では積極的にアエロフロートなどツボレフ旅客機を使用しているが、日本含め世界市場ではほとんどエアバスとボーイングばかりの機材を購入されているがツボレフは世界市場ではほとんど人気がない。エアバス等と同じレヴェルの航空機と比較してもツボレフは安くてコスパがいいんだけどなぁ。
実際、エアバスだってボーイングだって墜落事故は毎年多発しているから、旧ソ連の悪い印象が人気ないんだろうけど、逆にエアバス、ボーイングの二大巨頭に殆ど分け入る隙が無い中で、ツボレフはよく頑張っていると思う。
アポロ宇宙戦争で米国と互角に戦ったのも旧ソ連だし、ロシアの航空技術力は侮れないかと。エアバスは欧州連合だという事を加味すれば、事実上米国と航空機で闘えるのはロシアのみかと思う。

 
 
ロシアは焦っているのでしょうか
日本はチャンスかもしれませんが安売りしては駄目です。
安倍首相は手柄が欲しいからと言って慌てて日本のたたき売りはやってはいけません。
暗○常習犯の国は信用できません。
時間をかけても国益にかなうよう取り組むべきです。
それより韓国への制裁をして下さい。これまでの関係を大きく変えましょう。
そのほうが確実に評価が上がります。

 
 
うーん、冷戦時代の超音速機ですからねぇ。
初飛行が1969年、初期型の量産開始が1972年。
今回事故を起こしたM3型は1983年から配備。
既に35年。
確かに世の中には長寿のものは有ります。
B-52は就航当時のままでメンテナンスをして使われています。
イボイノシシのニックネームのあるA-10も長寿です。
どちらも、余りに性能が良く 超える物が無かった。予算が付かず延命された。という経緯があります。
ロシアの場合であればTu-95等有りますが、超音速機(いらないって話も有りますが…)を使い続けなきゃいけないんですかね。
米軍でいうF-111。

 
 
ロシア機このところよく落ちるけど、整備に不備が増えてるのかな?
国力が落ちてるってことかな。

 
 
超音速機はロシア品質。

 
 
北による前回のロケット発射実験が失敗したが、同ロケットのプログラミングへの侵入によりアボートされたという噂がある。
ロシアの空軍機の墜落が最近続いているのも、もしかすると操縦プログラムに誤作動をおこして事故を引き起こしているためという可能性が否定できない。
そうすると、これは飛躍になるが、新冷戦で各国が不正を続ければ、報復措置として各国の商用旅客機を上空で墜落させることも、今後、可能になってくるのかもしれない。しかも、公には「原因不明の事故」としか報道されない。
ロシアの空軍機の墜落が続いていることが、何か悪い兆しの予感がしてならない。

 
Sponsored Link