DASH村 現在がヤバい!場所は福島県浪江町で今後どうなる?

DASH村 現在

DASH村 現在が話題になっていますね。

「ザ!鉄腕!DASH!!」から生まれたDASH村は福島県浪江町の帰還困難区域にある事が判明。

いったいDASH村の現在とはどうなっているのか気になりますのでまとめていきます。

DASH村 現在がヤバい

スポンサーリンク


こちらがDASH村の現在に関する記事詳細です。

平成23年(2011)3月11日に発生した東日本大震災、福島第1原発事故から間もなく8年。復興は進んでいるが、福島には今なお名古屋市とほぼ同じ面積、337平方キロもの帰還困難区域が広がる。人気テレビ番組「ザ!鉄腕!DASH!!」から生まれたDASH村も浪江町の帰還困難区域にある。土地を提供した三瓶宝次さん(82)、漬物名人で「お母さん」として登場した孝子さん(82)夫妻を訪ねた。

【写真】DASH村への道。正面の門の先に村がある(三瓶さん撮影)

   ◇   ◇   ◇

福島市で避難生活を送る三瓶さん夫妻は2カ月に1度、浪江町津島の国道114号沿いにある自宅と、そこから2キロほど離れたDASH村を見回りに行く。114号は17年9月、通行規制が解除された。「除染してないし、線量も高いからなかなか行けないんですよ。夏は防護服着ると、暑くていられないから、春や秋の涼しいときに半日ぐらい」と孝子さん。

朽ちたため2年前に作り直したDASH村の扉を開け、村を見て回り、道路脇の草を刈る。役場も水車小屋もヤギ小屋もそのままだが、「イノシシに入られて中はガチャガチャ。ベニヤ板張って、入られないようにしているんだけれども」(宝次さん)。田んぼにはヤナギが生え、切ることもできないうちに「ヤナギの森になった」(孝子さん)という。

8年前までここは「山あり沢あり田んぼあり畑あり。フキノトウでもワラビでもマツタケでもシメジでも何でも採れて、自給自足できるぐらい豊富な恵みがある場所だった」(宝次さん)。しかし、村の南東約30キロにある福島第1原発の事故で津島の450戸、1459人の住民は四散した。

津島は戦後間もなく、食糧増産と引き揚げ者対策で、福島一の規模で国有林入植が行われた。血の汗を流すように開拓した土地が300町歩(300ヘクタール)ある。DASH村も宝次さんの親戚が入植し、開拓した土地だ。

宝次さんは「開拓団に入って満州に渡って、終戦後、ソ連の捕虜になったり、命からがら逃げてきて津島の開拓に入った人がいるんです。それが今度は原発で追われて。国の政策の失敗を2度体験させられる目に遭っているんです」と話す。

17年12月、津島支所を中心とした国道沿いの約4キロ、137ヘクタールが特定復興再生拠点に指定された。23年3月の避難指示解除を目指し、除染とインフラ整備が進められている。しかし、DASH村など国道から離れた地域は外れた。宝次さんは「一部に復興拠点ができても津島全体を再生するのは不可能。範囲を拡大して10年以内に津島全体の除染を終えるようにしないと、地域が消滅してしまう」と訴え、町に要望書を出した。

DASH村が誕生した2000年。中山間地整備事業で村の近くを流れる川沿いに200本の桜が植えられた。立派な桜並木になったが、皆で花見をすることもできない。「みんな分散して生活圏が破壊されました。東京の人たちの感覚と被災地の人の思いは時間がたてばたつほど、かけ離れていきます。忘れられてしまうんだろうな」。宝次さんの8年目の思いだった。【中嶋文明】

◆DASH村 日本テレビ系「ザ!鉄腕!DASH!!」(日曜午後7時~)のコーナーとして00年6月にスタートした。TOKIOのメンバーが故三瓶明雄さん、三瓶金光さん、三瓶孝子さんら地元の人に教わりながら、かやぶき屋根の廃屋を再生し、米、野菜を作り、シイタケを栽培。ヤギ、ヒツジなどを飼育した。4ヘクタールの用地には炭焼きがまや水車小屋もあった。03年1月、火災が起き、地元紙に報じられるハプニングがあったが、所在は非公表で、原発事故後の11年4月、浪江町津島にあることが初めて発表された。

出典元:DASH村の今「思いかけ離れていく」提供者の叫び

今回のDASH村の現在についてネットやSNS上ではどのように論評されているのか口コミ情報を見ていきます。

DASH村の現在に関する口コミ情報

スポンサーリンク




原発とか関係なく、似たような限界集落の問題がこれからどんどん出てくる。集落の消滅や廃村といった臨界点はもちろん、それ以前の問題として「自活できない老人ばかりの村にどれだけコストをかけるのか」という話は必ず議題に上ってくる。要因こそ違えど、起きること・対応しなければならないこと自体にそう大した違いはない。

だからこそ、マスコミや番組には取り上げてほしいし、今の我々が何を考えなくてはいけないかを示してほしい。「なくさないために」ではなく、「我々が豊かな暮らしをするために」参考になることが、この村にはたくさんあると思う。



これだけの知名度があるDASH村を、帰還困難区域だからと手付かずにしておくのはもったいない。
除染を含め村の再生を試みていく内容を放送すれば大きな反響があるに違いない。
良きにしろ悪しきにしろ福島の現状を伝える媒体としてはこれ以上ないのではないか。
ただそうなるといちテレビの企画の範疇を超え、もはや民放だけの力では手に負えない。県、国などを巻き込まないと無理だろうが何か福島の希望になり得る企画ができると思うが。



DASH村に限らず、東日本大震災によるあの悲しみ、苦しみを忘れてはならない。8年という月日が流れ自分も含め地震があった事は覚えていても、その当時の気持ちや思いは薄れたように感じてます。
来週の月曜日は3.11。8年経とうとしている今も震災による傷痕は癒えてはいないでしょう。地震とはどう言うものなのか‥津波とはどう言うことなのか‥原発とはどう言うものなのか!色々な悲しみを想像してみて下さい。
テレビは、東日本大震災関連のVTRや報道をもっともっとするべき!24時間流してもいいと思います。



>開拓団に入って満州に渡って、終戦後、ソ連の捕虜になったり、命からがら逃げてきて津島の開拓に入った人がいるんです。

本当に、苦労に苦労を重ねたの平穏な暮らしを、高齢になってまた引き裂かれるとは。

すぐに高齢者優遇だと批判する人達がいるけど、今の70代以上の人達は、戦後の食糧難を経験してきた人達。
今の比じゃない貧しい国だったはず。
今の自分の尺度だけで、すぐに人のせいにするような民度では日本人はなかったはずだ。
もし、上から下までそうなってしまったら、この国は早晩衰退する。



ただただ、残念でならない。毎週、村の様子を見ることで月曜日の活力になってた。この記事のような形でも良いから、時折状況を伝えて欲しい。忘れ去られてしまうことを防ぐことが、いずれ人類の財産になると思うから。



ダッシュ村に限らず、震災当事者以外の人が原発の被害はもう大丈夫だろうと思っている。福島県産の野菜や海産物にしても、風評被害をまっさきに防ぎたい気持ちもわかりますが、もっと頻繁にテレビのニュースなどで報道すべきです。原発や周辺地域の状況などは、ニュースの冒頭で毎日コーナー化してもいいぐらいである。毎年、震災日になると、風化してはいけないなど、綺麗事だけの特集が組まれますが、年に一回思い出すだけの過去の出来事になりつつあります。



出来れば山口君にダッシュだけでも戻って来て欲しい、個人的には山口君を応援していたから、彼のものの取り組み方は本物だ、一つの事に集中している目は誰にも負けないし、真似できない、確かに酒に溺れ、過ちは起こしたがもっと悪いことして金と権力で隠蔽した芸能人は結構いますよ、みんなで追い込み掛けてあそこまでやる必要あったのか今でもぎもんがのこる、そろそろ復帰して欲しいと思うのは俺だけかな?



政権の福島が安全だって言うので一番被害を被ってるのは今現在福島に住んでる方たちですよね。
だって全然フクシマは収束してなじゃないですか?
生まれ育った人たちには本当に辛いことだろうけど生活の保障をして他の県で生活をやり直すのが一番じゃないでしょうか?
今のまま福島に住み続けて健康被害がおきても今の政権が認めるでしょうか?
原発で事故はおきないから問題ないと言ってたどこかの総理が?



なんだろう?
残せとか除染しろとかの意見って。

現実から目をそむけ、報道でも触れない。
現実は現実。

汚染地域の除染や復興の予算は
避難した方々が新しい生活が出来る為のケア、補償をもっと手厚くする為に使うべきだと思う。
戻るなら自己責任で、という位にするべき。



やっぱり戻れないままなのかなぁ。島や新宿でやってるけど村でのいろいろなのが見れないのが残念。周りの人達との繋がりとか見れて良かったのが懐かしい。今更だけど山口居ないと企画の製作するのがスカスカだと改めて思う

スポンサーリンク




同じ過ちを繰り返さないためにも亡くなった方を悼むためにも、忘れてはいけないとは思います。
でも、阪神淡路大震災のドラマの放送があった時に、私は見なかったと言うよりは見れませんでした。報道も苦手です。近畿に住んではいますが、凄い揺れは経験しましたが被害はなかったです。それでも見たくないんです。
私のように思ってる人もいるんじゃないかなぁと思います。



福島県の浜通りに住んでいた事があるから、浪江や広野など浜通りは温泉も多くてよく遊びに行っていました。Dash村の件も含めて寂しい限り。
しかし、除染がしっかりできれば帰れる可能性はあるので、こうした支援を継続的に我々が訴え続けていくしかないのか。
やっぱり、震災当時の政権の問題もあるから、安倍政権では出来るだけ進めて欲しい。一番は、震災担当大臣が財務省から予算をぶんどれる国会議員でないとな。



名古屋市と同じくらいの面積が帰還困難地域とのことだが、その何倍もの地域が世界的に見れば人体実験レベルの放射性物質汚染地域だ。
 もし、これだけの国土を他国に侵略されたとして、それを取り戻すのにどれだけの人命と国防費がかかるのか考えてほしい。原発など無用ということはすぐに分かるだろう。よく、経済的な側面だけを見て、あとは千年に1回のレアケースとする原発復活論が見られるが、全く論理的ではなく前提自体がが間違っている。



>東京の人たちの感覚と被災地の人の思いは
>時間がたてばたつほど、かけ離れていきます。

おっしゃる通り。
避難経路に積まれた古新聞
ビールケースが置かれて閉まらないであろう防火扉
喫煙所の灰皿のすぐ横に古雑誌の束
災害時の備蓄用飲料水としてポリタンクに入れた水は半年経過
etc・・・

ひどいもんですよ。
あの時、助かったのは、陰で災害に備えて
色々な努力をしてくれた人達のおかげだし、
それでも助かったのは運と偶然なのに

それを忘れて慢心と楽観。
その行動で、天井まで積み上げられた古新聞を
この現状を見た、被災者の心の傷を更に傷つけてる事にも気づかず



事故以来の映像は記録していないのでしょうか。
淡々と変化の様子を紹介していただけるだけで色々な意味で勉強になると思うのですが。番組上、何らかのコメントや立ち位置は必要になるのでしょうが、できるだけ「ありのまま」の状況と変化を見せていただきたいものです。



番組でもなかなか触れないのでDASH村どうなったのかな…と気になっていました
きちんと見て回ってくれていることを知って少し安心しました
安易には言えないのかも知れないけれど、あののどかで癒されたDASH村を、いつの日かまた放送して欲しいです



DASHの企画の殆どが
山口で成り立っていて
国分とリーダーの絡みで楽しさが増していた。
松岡と長瀬は他の仕事の絡みか
DASH村など遠方で長期な企画には出番が少ない感じ。
DASH村は震災後も山口が訪れた企画があって…避難生活中にあきおサンが亡くなった事や山口の事件でTOKIOも人助けどころじゃない感じ。
思いを馳せてるのはリーダーと国分だけじゃないかな?



地元が近いので言わせてもらいます
震災や原発事故が無くてもあそこは消える地区だったと思う
そして事故がなければ誰もあの場所を知ることもなく人知れず消えていったのだ
確かに事故によりそうなったのかもしれないが住めないと言われた事は住まないと皆に言われる事とどちらが残酷なのだろう
過疎化地域全体の問題も含まれている事を忘れないでほしい



番組がちゃんと手入れして報告しなきゃダメじゃない?後は知らないよッて無責任。島を開拓とかより現実を伝えるのも大切だと思うんだけど。高齢の二人がやるのとキャストやスタッフ全員で一時間作業やるのとでは違うと思う。



国策の失敗が自治体の消滅を速めている。
しかし政治家や省庁に危機感はないと思う。
自治体は国を頼らず知恵を絞るべき。
しかし、個人では解決しない問題!
日本の人口減少は避けて通れない現実。
まず、インフラが老朽化し人が住めなくなる。
人の住む場所を集約しなければ日本の存続は危いと思う。

おわりに

今回はDASH村の現在について調べてみました。 

ネットやSNS上ではいろいろな意見が出ています。

この後も引き続きどうなっていくのか注目し情報が入り次第、追記していきたいと思います。


スポンサーリンク