くまモン 熊本熊に改名した理由がヤバい!

くまモン 熊本熊

くまモン 熊本熊が話題になっていますね。

メディア報道、画像や口コミ情報もヤバい事になってきています。

いったいくまモンが中国では「熊本熊」とはどういう事なのか気になりますので詳細をまとめていきます。

くまモン 熊本熊の真相がヤバい

スポンサーリンク


こちらがくまモンの熊本熊に関する記事詳細です。

熊本県は7日、県のキャラクター「くまモン」の中国語圏での正式名称を「熊本熊(ションベンション)」に変更すると発表した。19日に中国・北京で記者会見する。2013年から「酷(ク)MA(マ)萌(モン)」という当て字を正式名称として使っていたが、不評で定着していなかった。

 くまモンは10年に登場し、11年の「ゆるキャラグランプリ」での優勝をきっかけに知名度が上昇。しかし、その活動が海外に広がる前に、インターネット上でくまモンの動画が拡散。中国語圏では「熊本熊」という非公式の愛称がつき、定着していった。

 熊本県は、くまモンは「クマではなく男の子」という設定があることや、中国国内で複数の「熊本熊」の商標申請があったことから「熊本熊」を使わないと決定。県上海事務所の現地スタッフらと話しあい、13年に「酷MA萌」を正式な中国語名にした。「酷」は最近、中国語で「COOL(クール)」(英語で『かっこいい』の意味)の当て字に使われ、「萌」はアニメ好きが「かわいい」などの意味で使う「萌え」の意味だ。

 しかし、「熊本熊」がすでに定着していたことに加え、「酷MA萌」は文字を見ただけでは何を表しているかわからず、浸透していなかった。

出典元:くまモン、クマじゃないのに…中国では正式に「熊本熊」に

今回のくまモン熊本熊についてネットやSNS上ではどのように論評されているのか口コミ情報を見ていきます。

くまモン 熊本熊に関する口コミ情報

スポンサーリンク




えーでも、商標で揉めるのが目に見えてますよね。それともすでに問題解消(商標権買取り)したんですかね。



クマならここにいるぞ



ベンジョンションでいいと思う



熊本の熊ならシンプルに見える。



えっ?
クマじゃないの?



中国なんかに行ってほしくないね(怒)



ベンジョンション…
なんだか足が速そうな名前だね。



熊本の発音がションベンだったことにショック!
ちなみに、スワヒリ語でクマモトと言うと
放送禁止用語になるそうです。
熊本って奥が深い。

スポンサーリンク




「酷」は中国語で「cool」に近い意味があります
例えば楽天も中国では「楽酷天」としています
読みは「クー」に近いです
カタカナや英語表記の名前は、中国で初めてニュースに載るときには現地が勝手に読みの近い漢字を当ててきて、そのときひどいニュアンスの漢字を使用されることもありますので
中国に進出する際には公式で漢字表記を定めておくのが重要です
尚、くまモンが今頃公式表記を変えて意味があるのかはわかりません。そもそも以前の酷MA萌は全く使われていないという報道を見た覚えがありますので、今回の変更後も…



いい名前だと思います。中国人は日本への関心が強いはずなので広まると思います。



くまモンも長いこと頑張ってるね。



くまモンは熊本県全体で盛り上げてる気がして熊本県民の一体感が感じられると思う



九州には野生のクマハイないそうです。だから熊本熊がくまモンで問題ないんだ。



態本熊なキャラを作るアル。



ところでくまもんの発音問題は
熊本県内では未だに未解決?



ゆるキャラグランプリの初代で優勝した事がでかいな。



山本山のCM思い出す



鳥取鳥

おわりに

今回はくまモンの熊本熊について調べてみました。 

ネットやSNS上ではいろいろな意見が出ています。

この後も引き続きどうなっていくのか注目し情報が入り次第、追記していきたいと思います。


スポンサーリンク