世界最高齢 ギネス認定の田中カ子さんがヤバい!

世界最高齢 ギネス認定が話題になっていますね。

メディア報道、画像や口コミ情報もヤバい事になってきています。

いったい世界最高齢のギネス認定された田中カ子(たなかかね)さんとはどういう人物なのか気になりますので詳細をまとめていきます。

世界最高齢 ギネス認定の真相がヤバい

スポンサーリンク


こちらが世界最高齢のギネス認定に関する記事詳細です。

ギネスワールドレコーズ社は9日、福岡市在住の116歳の田中カ子さんを、男女を通じた「存命中の世界最高齢」に公式認定した。ギネス社の認定員が田中さんの暮らす同市東区の老人ホームを訪れて認定証を授与すると、田中さんは涙を浮かべながら「ありがとうございます」と感謝の言葉を述べた。

 田中さんは、これまで一番楽しかった出来事を報道陣に問われると「今」とうれしそうに語った。授与式には福岡市の高島宗一郎市長も同席し「世界一の長寿おめでとうございます」と祝福し、お祝い状を手渡した。

 ギネス社は、これまでの記録保持者が昨年7月に117歳で亡くなったことを受け調査していた。

出典元:福岡の116歳女性、世界最高齢 ギネス認定

世界最高齢の詳細

 世界最高齢者の日本人女性が死去、117歳 -CNN.co.jp

 最高齢男性は新潟の渡辺智哲さん 上越市在住、111歳 -共同通信

今回の世界最高齢のギネスの認定についてネットやSNS上ではどのように論評されているのか口コミ情報を見ていきます。

「世界最高齢」ギネス認定の画像や動画

スポンサーリンク


世界最高齢ギネス認定に関する口コミ情報

スポンサーリンク




今を楽しむって事が
一番良いってことだな。
説得力あります。



どこかで遺伝的には人間の生命の限界は120歳と聞いたことがあるが
是非この学説を覆してほしい150歳まで元気に



今が一番幸せと言えるところに素敵な女性であると感じました。



前向きな気持ちで長生きされているお姿、本当に素晴らしく、心からおめでとうございます。
これまで一番楽しかった事が「今」と答えられる時間、あったかな…あの時かな?って、過去を探してしまう自分を振り返り、憧れる気持ちを持ちました。



明治…3…計算できないです!何年生まれ?
当時は江戸時代の方も当然に存命で、日露戦争の時には既に生まれていたんですね!
元気で長生きって素晴らしいことですね。
おめでとうございます。



116歳とは、明治36年(明治36年生まれ)の方ですね。
明治、大正、昭和、平成、そして新たな元号へ5時代を生きる方が世界最高齢のギネス認定には重みがあります。
色んな歴史やご苦労を体験され、我々の想像を絶する年月。
これからも楽しい人生を謳歌してください。



すごいですね~。福岡はよいところ。長寿ということは、住みやすいんでしょう。おめでとうございます。



御長寿おめどうございます。
これからも、どうぞ楽しい人生を末永く
おすごしください。



酸いも甘いも
全て経験ずみ
まさかこのおばあちゃん
自分が一世紀以上も
生きるとは想像も
して無かったかもね



最高齢以上に、健康年齢も世界一が凄い。ギネスをわかってますね。

おわりに

今回は世界最高齢のギネス認定について調べてみました。 

ネットやSNS上ではいろいろな意見が出ています。

この後も田中カ子さんに注目し情報が入り次第、追記していきたいと思います。


スポンサーリンク