常温自販機 増加理由の真相がヤバい!

常温自販機 増加理由

 

常温自販機 増加理由が話題になっていますね。

メディア報道、画像や口コミ情報もヤバい事になってきています。

いったい常温自販機の増加理由とはどういう事なのか気になりますので詳細をまとめていきます。

 

スポンサーリンク

常温自販機 増加理由の真相がヤバい

スポンサーリンク


こちらが常温自販機の増加理由に関する記事詳細です。

春が本格化し、暖かい日が増えてくると、清涼飲料水やコーヒー、お茶などを販売する街頭の自動販売機から「あたたかい」飲み物が減っていきます。しかし、「つめたい」飲み物を求める人が増える一方、常温の飲料を欲しがる人もいるようで、「常温」対応機種を見かける機会も増えてきました。常温対応自販機を展開しているアサヒグループホールディングス(HD)の広報担当者に聞きました。

全国で1万3000台が稼働
Q.なぜ、常温対応の自販機を展開しているのですか。

担当者「健康管理の観点から、冷えた飲み物を飲みたくないという人が一定数存在しています。現状のドリンク市場では、常温販売がその受け皿となると考えたからです」

 内科医の市原由美江さんは、常温飲料のメリットについて次のように話しています。

「冷たい飲料を一気にたくさん飲むと胃腸が刺激され、腹痛や下痢を引き起こすことがあります。また、効率よく水分補給をしたいときも、冷たい水ではなく、刺激の少ない常温の水や白湯がお勧めです。水は胃では吸収されず、腸に到達してから吸収されます。冷たい水は一時的に胃の働きを弱めるため、胃から腸への水の移動がゆっくりとなり、結果として水の吸収が遅れるのです」

「常温」表示のある自販機を見かけたら、一度試してみては?

出典元:headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190315-00035858-otonans-soci

 

今回の常温自販機の増加理由についてネットやSNS上ではどのように論評されているのか口コミ情報を見ていきます。

 

常温自販機増加理由の画像や動画

スポンサーリンク


 

常温自販機の増加した理由に関する口コミ情報

スポンサーリンク


 
 
常温自販機よりホット自販機で良くない?私は健康のために夏でもホットで飲むけど。
もちろん環境のために常温のほうがよいならそれでいい。
しかし、環境のためになるべくペットボトルは買わないようにしてる。

 
 
滅多に客が来ないところの自販機の”あたたかい” を飲むと、変な味の物があるし、季節が変わるとそのあたたかいをそのまま”つめたい”にシフトしただけの自販機があり、これまた冷たい変な味がする。それなら常温でよいわ

 
 
炭酸以外はスーパーで買った物を家では常温で飲みます。自販機がある事は知りませんでした。ぜひ使って見たい。ドンドン増やして下さい。

 
 
常温はありがたい、が。暖かいのはもっと嬉しい。夏場の常温自販機は不要じゃないのか!?

 
 
身体を冷やすのはよくないから、ありがたい措置だ、特に小さい子供に冷たいものは飲ませたくないので困っていた。

 
 
>効率よく水分補給をしたいときも、冷たい水ではなく、刺激の少ない常温の水や白湯がお勧めです。

あたたかいミネラルウォーターって需要あるかね?

 
 
冷たい飲み物が口当たりよく美味しいのですが、
お腹が負けてしまうので常温販売は大変ありがたいと思います!

 
 
基本的には内臓と同じ温度の飲み物が良いそうですね。何度かわからないけど。。。

 
 
梅雨時、夏場に『あたたか~い』飲み物が欲しいと思う時がある。
日本は冷やしすぎ。

 
 
自販機からあたたかい飲み物がなくなってくると非常に残念だ。あたたかい飲み物は年中自販機に置いてほしいものだ。お茶系やコーヒーは夏でもホット派の人、結構多いはず!!

 

おわりに

今回は常温自販機の増加理由について調べてみました。 

ネットやSNS上ではいろいろな意見が出ています。

この後も引き続きどうなっていくのか注目し情報が入り次第、追記していきたいと思います。

 
スポンサーリンク