立花胡桃 芸能界引退のたった1つの理由がヤバい!

立花胡桃 芸能界引退

立花胡桃 芸能界引退が話題になっていますね。

メディア報道、画像や口コミ情報も芸能界引退報道にヤバい展開になってきています。

いったい立花胡桃さんの芸能界引退とはどういう事なのか気になりますので詳細をまとめていきます。

立花胡桃 芸能界引退の真相がヤバい

スポンサーリンク


こちらが立花胡桃さんの芸能界引退に関する記事詳細です。

元カリスマキャバクラ嬢で作家・タレントとして活動する立花胡桃(37)が、3月いっぱいで芸能界を引退することを発表した。引退後は保育士として活動するという。

立花は20日更新のブログで「私は3月いっぱいでバラだんも芸能界も卒業して 本格的に保育士として生きていきます」と報告。昨年10月に専門学校に通い始めた頃から考えていたという。「私は今まで華やかな世界にいましたが 子どもたちと砂場遊びをしたり、泣いている子どもをあやしたり、赤ちゃんにミルクを飲ませたりする方が幸せを感じます そういった保育士として子どもの発達に寄り添いたい思いと、もう一つ、子どもの虐待に向き合っていきたいという思いがあります」とつづった。

幼い子どもを育てる母親として、昨今、児童虐待事件が相次いでいることに「私にも出来ることがあるんじゃないか…行動すべきじゃないか…とずっともどかしい思いを持ってきました」という。「私には8歳の息子がいますが、息子が生まれた年からある児童養護施設に支援をさせて頂いています 中々時間がなくて浅い付き合いになってしまっていますが、これからはもっと関わりを持っていきたいです」と立花。「保育士の収入が低いことも重労働なことも理解しています 不安もありますが、やる気でいっぱいです まだ専門学校卒業まで少し時間がありますが保育士として自分が出来ることを精一杯つとめていきたいと思います」と意気込みをつづった。

出典元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190320-03200191-nksports-ent

今回の立花胡桃さんの芸能界引退についてネットやSNS上ではどのように論評されているのか口コミ情報を見ていきます。

芸能界引退した立花胡桃の画像や動画

スポンサーリンク


立花胡桃芸能界引退に関する口コミ情報

スポンサーリンク




37歳で学校に通って、資格をとって、まったく関わりのなかった世界に飛び込む。
ましてや、人手不足で大変と言われている世界です。
自ら飛び込むにはそれなりの覚悟があるかと思います。
その姿勢は見習いたいものです。
大人の世界で人のあしらい方を学んだ方なら、モンスターペアレントもうまくかわすことができるでしょう。がんばってください。



転職はいい事だと思う。

ただ、給与という面で比較するとおじさま達とお話して店外でご飯ご馳走してもらったりで億稼げるのと異なり、
ほんとにやりたい事とはいえ月手取り15万程度の保育士の待遇に耐えられるのか。

そういう低賃金問題を影響力を活かして発信して制度を改革していく一人者になれればいいですね



心意気は素晴らしいと思います。

思いつきじゃなく、ぜひ長く頑張ってください。



いやいや、ただの保育士だけな訳ないでしょ。
1年程度保育士やった後、保育園を設立・経営する方になると思いますよー。
数年前にそういう事をおっしゃってたし。
実行力は素晴らしいと思います。



保育園を作ることが出来そうな人脈と資金力はありそうだけど、まずは保育士として少し修行してから。。。。ってことですかね

数年後は複数の保育園を運営する園長になっていそう。



20代だって大変だろうに30代で学校に通ったこと自体
すごいと思うよ。だって10代の子たちと一緒にやるんでしょ
わかったうえで入っても日々通ってるうちにどことなくつらくなる人も多いはず。実際保育士として働いていくかどうかはわからないけど
個人的には学校に通ったことだけでもすごいそう思う。



どんな世界でも上に行くにはバカでは無理
でもただ綺麗なだけだと「カリスマ」にはなれないよ
学歴もあるけどそれ以上に考える力と地頭の良さは必要だと思う
学校もちゃんと行ってるみたいだし、是非頑張って欲しい



ご主人の収入だけで充分生活が出来るけれど、保育士の資格あるからと働いている友人がいる。
自分の子が3歳になり、少し子供と距離置いて自分も社会と関わりたいと思って仕事探したけれどなかなか条件に合う仕事がなく、保育士ならすぐ働けるからやってみることにした、と。
体力はいるし、大変だけど性に合ってる!と彼女は今も続けてて本当楽しそう。
確かに給与面では恵まれてるとは言えないかも知れないけれど、生活がかかっていない彼女からしたら天職なんだと思う。
毎日赤ちゃん抱っこ出来る!と。
嘘や見栄じゃなく、本当に楽しんでる。
やはり給与面でもう少し余裕があれば、少しは保育士さんたちももっと本来の保育士としての仕事の良さを見つめられるのにな、と思う。



凄いことだと思う。勿論、自分の子どもがいるから興味や理解を持ったことだとは思うけど、でも、反面、ブラックな面も目の当たりにすると思う。
給与面や待遇面は社会的に介護系と比べてかなり低い。キャバクラで働いてきた時と比べ色々と思うこともあると思う。
芸能界を引退はされても、こうしたことをいつか何かの機会に公表して、環境面の改善など社会に変化を与えられるきっかけが作れたら良いと思う



その年齢で新しく幼児教育の場で働くのは凄い事だと思う。
今までの経験を活かして 現場でも活躍して欲しいと思うけど それ以上に今持ってるノウハウや人脈を活かして保育士の待遇改善や今のシステムを新しくする活動をして欲しいと思う。

スポンサーリンク




保育士は小さい子供の命を預かりかつ、子供に楽しみを与えながら保育する結構大変な仕事だと思う。さらには労働者を確保するための大きな要素であり、社会の基盤でもあると思う。
税金をこういうところに使って給与をあげて欲しいね。



素直に応援したい!中々口で言っても、行動が伴っていく人が少ない政治家ばかりで、子育てを通じてみずから考え行動して行く姿勢は素晴らしいと思います。 芸能界、確か離婚された旦那さんも、問題がある方だったと思う。
色々な経験をして、
自分が一番癒される、子育てに関わる仕事をしたい、虐待が蔓延してる社会で、その道を改革して行きたい気持ちも少なからず有ると思う。頑張って下さい!



この人自分の子供がわりと問題児だったような。
子供の発達や教育について調べたりしてる時に
保育士に興味が出てきたのかな?
シングルマザーになったし
色々子供から学ぶ事もあったんだろうね。
お金より自分が楽しいと思える仕事を
出来る事は素晴らしいと思います。



チャレンジすることはいい事だと思う。銭の為の転職ならやらないと思うから、真剣なんだと思う。介護師になると出任せを言って芸能界に戻ってきた人は見習うべきだと思う。



仕事は「相当に」できる方なんだと思う。

保育士不足や勤務実態のニュースは流れても、イマイチピンと来ていない人が多い。

そこで、こういったブログなどのアクセス数が多い方や、名の知られた方が、実際の現場に入って、その実体験を直接、ブログや書籍で訴えていくことは、大変意義のあることだと思う。

一定期間保育士をやった後、当然、ブログ、書籍化、(芸能人としてではなく)専門家としてのテレビ出演、政治家

まで、考えられているとは思うけど、

30歳代で専門学校に通って資格を取り、実際の現場で仕事をやる行動力は、素晴らしく、勇気づけられる方も多いと思う。



真っ黒なドロドロした夜の世界に居たからこそ、逆にお子さんを産んで普通の日常生活を過ごす事や、純粋で真っ直ぐな子供と触れ合う事に幸せを感じていたのでしょうね。ある程度の年齢になってから全く違う世界に飛び込むのは勇気が要る事ですが、この方なりの視点から見える子供たちの環境、保育士の労働環境等何かしら発信してくれたらいいと思います。



まず影響力のある人がこういう取り組みを初めるのが素晴らしいと思う!
イチローも言っていたが、無理だよ、出来ないよの中から、初めてやる奴になることに価値があると思う。
こういう事は2人目以降は出やすい。
ブレークスルーの連続で大変だと思うが、ぜひ初志貫徹して勇気を与える人物になって欲しい。



お子さんのお弁当もきちんと作っていましたし、しっかりと育児をしている姿を見たことがあります。きっと、この先々のことも考えて、転職なさったのだと思います。しっかり地に足をつけた立派な姿を、きっと息子さんも見ていると思います。



やりたいことがあれば年齢とか環境とか度外視でとびこんでいく、なかなかできることではありません。今の生活の方が楽とまでは言いませんが収入は安定しているでしょう。それを捨てる覚悟は立派だと思います。頑張って欲しいと思います。

おわりに

今回は立花胡桃さんの芸能界引退について調べてみました。 

芸能界引退の理由は保育士になる事のようです。

ネットやSNS上ではいろいろな意見が出ています。

この後も引き続きどうなっていくのか注目し情報が入り次第、追記していきたいと思います。


スポンサーリンク