夏野剛 ドコモスマホ押し売り過剰オプションはどこのショップ?店舗名は?

 

夏野剛さんの母親がドコモでスマホの名義変更したら押し売りで過剰オプションやアプリを10個ほど付けられていた事が発覚しましたね!

いったいどこのドコモショップで押し売りや過剰オプション販売をしているのか店舗名や場所は東京都練馬区で特定か!

通話やネット接続などに関係ないアプリ10個(約3000円分)の過剰なオプションを言葉巧みに契約させる手法に注意が必要ですね。

 

スポンサーリンク

夏野剛 ドコモ押し売りの真相は?

スポンサーリンク


元NTTドコモ執行役員の夏野剛さんがドコモ押し売りについてツイッターで問題提起をしました。

2月21日にツイートしたドコモの内容は現在3万リツイートもされて拡散されています。

そのドコモの押し売りに関するツイッターがこちらです。

この報道をフジテレビのめざましテレビでやっていましたが通話やネット接続など一般的に必要なもの以外で10個のアプリ(月々3000円分)の過剰オプションが付けられていたようです!

「dTV」「Dアニメストア」「Dヒッツ」「Dキッズ利用料」など76歳のおばあちゃんが使いそうもないアプリを契約させられていますね~!

手口は最初の1ヵ月は無料で1ヵ月以内に解約すれば費用はかからないと契約させてそのアプリの解約をするのを忘れさせたり解約するのを複雑化させるパターンなのかもしれませんね。

夏野剛さんの母親の年齢76歳でドコモショップのオプションの押し売りの説明の内容は覚えていないとの事です。

ドコモショップの店員もスマホリテラシーが低い高齢者の方が押し売りしやすいのでしょう。

 

スポンサーリンク

夏野剛のドコモ押し売り過剰オプションの報道

スポンサーリンク


今回の報道内容はこちらです。

「76歳の母になんてひどい押し売りしてるんだろう。OBとして情けない」──元NTTドコモ執行役員でドワンゴの夏野剛社長は2月22日、自身のTwitterアカウントで、請求書の写真とともにドコモへの苦言をツイートしている。

 ツイートによれば、ドコモの請求書を書面で届くように契約変更したところ、76歳の母が大量のオプション契約を結んでいることに気付いたという。

 夏野社長が公開した請求書には、「スゴ得コンテンツ利用料」「クラウド容量オプション利用料(50GB)」「dTV利用料」「dアニメストア利用料」「dヒッツ利用料」「dキッズ」「dマガジン」といったオプションサービスが並び、中には筋力トレーニングに関連するアプリが使い放題になる「Runtastic for docomo」といったサービスも含まれていた。上記オプションだけでも利用料金は3000円近くに上る。

出典元:headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190222-00000088-zdn_n-sci

 

スポンサーリンク

どこのドコモショップで店名や場所は?

今回発覚した過剰オプションの押し売りをしたドコモショップはどこなのか?

店名などを調べてみましたがネット上ではまだ流出していませんでした!

ただ夏野剛さんは神奈川県出身で現在はドワンゴの社長の為に東京か神奈川に住んでいる可能性は高いです!

学歴は東京都立井草高等学校から早稲田大学政治経済学部経済学科を卒業しています。

高校は通常実家から通うのでこの井草高校(東京都練馬区上石神井)の近くに母親の住んでいる実家がある事を考えると練馬区のドコモショップの可能性が考えられますね!

一応練馬区のドコモ店舗を調べてみると

東京都練馬区にはドコモショップが11店舗ありました。

スポンサーリンク


ドコモショップ江古田店

ドコモショップ大泉学園店

ドコモショップ上石神井店

ドコモショップ石神井公園店

ドコモショップ東武練馬駅前店

ドコモショップ中村橋店

ドコモショップ練馬駅前店

ドコモショップ練馬北町店

ドコモショップ光が丘IMAストリート店

ドコモショップ光が丘店

ドコモショップ氷川台店

出典元:www.nttdocomo.co.jp/support/shop/search/

※あくまでも夏野剛さんの母親が練馬区に住んでいると仮定した場合です。

 

スポンサーリンク

ドコモに関するネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

スポンサーリンク


40代女性
普通、サービスというのは、お客様に「分かりやすく安く、かつ便利に」感じられないと売れないし、業界で生き残れない。しかし、通信関係のビジネスは、”市民生活に不可欠なスマートフォン”って事を良いダシにして、プランや契約の「複雑さ」を温存して展開している。いい加減、情報弱者を搾取する詐欺まがいの行為やめないか?いち早く、安くて透明性のあるプランを作った通信業者が現れてほしい。とにかく、格安SIM業者・国が主導で、革新的なプランを推し進めて、キャリア三社の透明性のない複雑で高価なプランを駆逐して欲しい。
40代男性
購入する方もそれなりに前もって勉強しておかないと、不必要な契約をさせられてしまう。
無駄なプランに変更した場合、月の支払額が値上がりする恐れがある。
オプションも契約してもすぐ解約すれば良いので入ってくださいと、そこまでしてオプション契約結ばせないといけない事情があるようだ。必死だ。
光回線も必死に説明して勧めてくる。
全て断った。
最後に別の担当者が現れて光回線の担当の者です。
と又永遠と話しをしに来た。だからいらないってと断った。時間の無駄だったな
量販店で一括購入するのに、電気屋のポイントが溜まってたからポイント使って割引購入したかっただけだが、面倒だったな。
メーカーの社員証ぶら下げて入店許可書なんてのも首からぶら下げてから、キャリアから派遣されてる人のようだったけど、その仕事楽しいか?と思ってしまった。この先何年もその仕事続けられる?他に為になるサービスの話しないのか?
20代女性
私も機種変更の時には色々と契約されそうになりました。
タブレットも120ギガのSDカードもウォーターサーバーも全部断りましたが、70代になる頃には断る能力がなくなってるかもしれないと思うと不安です。
30代男性
契約時の説明では、最初の一月は無料でお試しいただけますので、ご不要でしたら解約できますので…と言われ、お試し期間が過ぎると課金する悪質な説明が横行してますね

スポンサーリンク


30代女性
うちもでした。
解約したいと思い、代わりにサービスセンターに電話。
本人からの電話でなければダメとのこと。→本人高齢だから無理といったところ、なんとか了承を得たが、契約内容を確認してもらったらいつのまにかタブレットも契約していたらしく、解約は店舗でしかできないとのこと。タブレットは、以前、携帯料金が安くなるといわれて契約したとのこと。
店舗にいったところ(予約してなかったのがまずかった)、待ち時間が2時間以上、土日は予約がいっぱいで1か月待ってくださいとのこと。
平日、親にメモを持って解約に行かせたが、解約どころか、安くなるといわれ、今度はひかりを契約してきたとのこと。ひかりは1週間まで無料解約できるとのことだったので、解約できたが、ドコモは、というか、携帯やひかりに会社らは、怖いと感じた。うちに親も親だが・・・。
50代男性
携帯業界出身です。
ドコモから代理店に月次指標目標があってそれを上回ると支払い金額が大きくなる。
またドコモに限らず代理店勤務のスタッフ評価は別途上乗せで設定されている事が多い。
店舗によっては一時間毎の進捗を追いかけるので、目の前の「お客様へ提案を一生懸命する」が当たり前。キャリアの姿勢や指標が変わらない限り続くことについて、お母様の話をキッカケにこの方はどう考えているのか聞いてみたいものですね。OBさんなんですよねと嫌味を言いたくなる消費者です。
20代女性
ドコモの直営店は少ない。
店舗によって対応も雲泥の差がある。
不親切で馬鹿にしたような扱いも受ける。
サービス業だがとにかく人を育てられてないのがよく分かる。
看板はドコモでも中身はとにかく効率良く売るだけ。
60代男性
以前の経験で、料金の支払い方法を変更しに行ったのに、料金は調べるのに時間がかかるといい、その間にタブレットを紹介するといい、その際に、プランについてという話をしたら1分もしないでプランを持ってきたという函館のドコモがある。必死なのはわかるが、明らかに他のものを売りつけようと満々でやっているのが見え見えの展開。実際料金の支払い方法は30分以上かかって出てきた。このドコモは函館市内の他のドコモが右へ左へと移動する中でここだけ全く動かないが、ここには行かない。他のドコモはそこまで売り込むことに力を入れずサービスの向上に力を入れているからだ。押し売りの仕方もみて店を選ぶ必要があるのだろうが、このようにとしをとったお年寄りは選択しようにも移動できないから動かせないしな…

 

スポンサーリンク

おわりに

いかがでしたでしょうか。

夏野剛さんの母親がドコモで押し売りの過剰オプションを付けられたのはどこのショップか調べてみましたが夏野剛さんが高校時代に住んでいた東京都練馬区の可能性もあるのかもしれません。

ただ法律家の見解では過剰オプションもちゃんと説明していれば違法ではないとの事です。

spモードは仕方ないとしても、写真にあるような大半のオプションはスマートフォンになってから登場した物が多いし、シニア層が使うことはないと思う。酷いの一言に尽きる。

ただ、ドコモショップ運営をしているのは代理店だし、お客様にあった適切なアドバイスや相談などの親切な対応よりも売り上げの方が大事になっている現状が改めて浮き彫りになった形。

まぁ、代理店によっては不要なオプション加入を強制するだけでなく”頭金”をすごく高く設定している店舗もあり、端末に関係するオプション購入すれば免除するとかも過去に経験しているから今回の件はまったく不思議ではない話ではある。

オンラインショップで購入すれば店舗独自の購入特典などは受けられないが、今回問題となった契約オプションの必要可否は自分で判断できる事が多い。

NTTドコモは今回相手が悪かったと考えて、各代理店へ改善策を指示した方が良い気がするが・・・。

 
スポンサーリンク