ドクター中松 ガン克服の真相がヤバイ!【画像有り】

発明家のドクター中松氏のガン克服が話題になっていますね!

いったい前立腺導管がん克服したことを明かしたとはどういう事なのでしょうか?

今回は、発明品で有名な現在90歳のドクター中松氏について動画や画像やWIKIや

口コミ情報等で紐解いて見ていきましょう。


スポンサードリンク


ドクター中松氏のガン克服とは?

スポーツ報知他、メディア各局がドクター中松氏のガン克服に関して下記のようなニュースを報じ話題となっています。

 発明家のドクター中松氏(90)が21日、都内で「イグ・ノーベル賞の世界展」オープニングセレモニーに登場し、前立腺導管がんを克服したと明かした。
 35年以上にわたって自身の食事を撮影して体調に与える影響を研究し、2005年に同賞を受賞している。この日、車いすでゲスト出演。マイクを握り「私はこの研究でガンを見つけ、そして克服した」と明かすと、おもむろに立ち上がり「寿命は長く、スピーチは短く!」と言い放ってマイクを置き拍手を浴びた。

発明家のドクター中松氏(90)が21日、都内で「イグ・ノーベル賞の世界展」オープ - Yahoo!ニュース(スポーツ報知)

ドクター中松氏の口コミ情報

20代女性
高齢になっても、ガンになっても常に前向きに発明をし続ける。ドクター中松さん素晴らしいことだと思います。高齢になってくるとだんだんと保身をし、安定を求めることが多いと思いますが、なにかに情熱を注ぎ続けられるのは幸せなことだと思います。
40代男性
前立腺ガンは、予後が良いと思う。ステージ1~ステージ3の5年生存率は、治療した場合、100%だし。ステージ4でも、5年生存率は30%くらいあると思う。
まあ、ガン克服っていうのが正しいのかは、微妙だと思いますし、まあ、当人が、大げさに言うのが好きな方ではありますが、
こうして、ドクター中松氏のお元気な姿を拝見できるのは、なによりも、よかったと思います。
60代女性
ここ最近、年代性別、一般人・著名人問わずがんの告白やそれによる訃報を多く耳にする中でガン克服したこと自体はもちろん、ましてやドクター中松氏90歳という年齢を思うとすごいと感じ、これがきっかけでがんになったとしても前向きに捉え、ガン克服し、生き延びられる人たちが増えていったら嬉しいと思う話題でした。

スポンサードリンク