EBIHARA AUTOのバス会社が群馬県で転落!運転手の名前や顔画像についても!

 

群馬県南牧村で転落した水色のマイクロバスの会社名が「EBIHARA AUTO」(エビハラオート)と特定!

崖から15m転落させたバス運転手は「EBIHARA AUTO」に勤務している社員で名前や顔画像もすでに流出か!

またこのエビハラオートのバスチャーター会社の社長やドライバーの謝罪記者会見はあるのか紐解いていきましょう。

 

スポンサーリンク

EBIHARA AUTOのバス会社が群馬県で転落!?

スポンサーリンク


5月10日に群馬県で発生したチャーターのマイクロバスの転落事故の映像をフジテレビで報道していました!

その映像には水色のバスの車体には「EBIHARA AUTO」か「ERIHARA AUTO」というバス会社名と思われるロゴが見えます。

下記にフジテレビで報道された動画があります。

葉っぱに隠れて英語のローマ字がすべて見えませんが「エビハラ」か「エリハラ」と書かれているのがわかります。

群馬・南牧村で、マイクロバスが転落し、6人が重軽傷を負った事故の新しい映像が入ってきた。

10日午後2時50分ごろ、群馬・南牧村の大仁田ダム付近で、登山客19人が乗ったマイクロバスが林道下の林に転落した。

警察によると、運転手がバスの運転席を離れ、車の外に出ていたところ、バスが動き出して、林道を外れ転落したということで、警察は、くわしい状況を調べている。

EBIHARA AUTOのバス

出典元:headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn

 

EBIHARA AUTOバスとは?

スポンサーリンク


転落したバスの側面に記載されていた「EBIHARA AUTO」で検索してみたところ、そのような会社やチャーターバスなどは発見されませんでした。

茨城県牛久市には株式会社 オートサービス蛯原という中古車販売の店舗が出てきましたがこの中古車屋さんとは関係ないようです!

エビハラオートでも検索してみましたが、バスをチャーターするような会社が見つかりませんでした!

もしかしたらインターネットなどで自社のHPなど公開していない地元密着の会社なのかもしれません。

 

ERIHARA AUTOの可能性は?

転落したバスのサイドに書かれたローマ字の2文字目が「R」か「B」かは判別はできなかったので、もしかしたら「ERIHARA AUTO」(エリハラオート)の可能性もあると思い調べてみましたがこちらも関連する会社やバスチャーターする団体のHPは見つかりませんでした!

TBSで報道されたバスの映像をみるとERIHARAではなく「EBIHARA」であると判明しました。

群馬県で転落したバス会社の実態がいまいち謎のままです。

テレ朝のANNニュースでも動画で報じられました。

 

バスチャーター会社の社長の謝罪記者会見はいつ?

スポンサーリンク


5月10日の午後3時頃に群馬県南牧村で発生したマイクロバスの転落する事故で運転手がバスから降りていた時に勝手に動き出したようです!

バスやトラックなどの大型車などはマニュアルミッション(MT)車が多いためにサイドブレーキをしっかりひいてタイヤが動かないように車輪止めをする事が多いのですが今回のマイクロバスはタイヤストッパーをしていなかったようです!

このようなものです。

駐車場で登山客がバスに乗り込んでいる時に勝手に動き出したようですのでバス運転手やバス会社EBIHARAオートに過失があるようにも思えます!

またけが人も19人でそのうち重傷者も6人という事なのでバス会社エビハラオートの社長や会長は今回の転落事件の説明責任があるので謝罪記者会見を開くことになるでしょう!

まずは被害者の救護が第一なので全員が病院に搬送されしだいバスチャーター会社のEBIHARA AUTOかERIHARA AUTOは会見を開くことになるので事故当日の夜か翌日になると思われます。

スポンサーリンク