衛藤美彩 異例卒コンの映像がヤバい【動画あり】

衛藤美彩 異例卒コン

 

衛藤美彩 異例卒コンが話題になっていますね。

メディア報道、画像や口コミ情報もヤバい事になってきています。

いったい衛藤美彩さんの異例の卒コンとはどういう事なのか気になりますので詳細をまとめていきます。

 

スポンサーリンク

衛藤美彩 異例卒コンの真相がヤバい

スポンサーリンク


こちらが衛藤美彩さんの異例卒コンに関する記事詳細です。

 乃木坂46の1期生、衛藤美彩(26)が19日、東京・両国国技館で卒業ソロコンサートを開催した。アイドルグループのメンバーの卒業コンサートとしては異例、乃木坂46としては初となるソロコンサートでラストステージを飾った衛藤は、苦境時代の葛藤を振り返って何度も涙をぬぐいながらも「本当に幸せです。これまで応援してくださって本当にありがとうございました」と感謝の思いを伝えた。

 2011年8月、1期生として加入して7年半。乃木坂46の一員として最後のステージで「夢の一つ」だったソロコンサートを実現させ、晴れ舞台に立った。乃木坂46のメンバーでは2017年12月に生田絵梨花が番組収録を兼ねたソロ公演を行ったことがあるが、興行として行われるのは今回が初。約8万件の応募が※到したため見切れ席やステージバック席も開放し、8000人の観客が国技館を衛藤カラーの赤一色に染め上げた。

 自身が考案したセットリストは、乃木坂46人生を象徴するかのように、アンダー(非選抜)時代の「狼に口笛を」からスタートした。バンド生演奏をバックに、肩出しの淡いブルーの清楚なワンピース姿で「おいでシャンプー」「自惚れビーチ」を歌って踊り、国技館は大歓声に包まれた。

※一部省略

出典元:headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190320-00000329-oric-ent

 

今回の衛藤美彩さんの異例卒コンについてネットやSNS上ではどのように論評されているのか口コミ情報を見ていきます。

 

スポンサーリンク

異例卒コンする衛藤美彩の画像や動画

スポンサーリンク


 

スポンサーリンク

衛藤美彩の異例の卒業コンサートに関する口コミ情報

スポンサーリンク


 
 
卒業おめでとうございます。
見るたびに綺麗さが増していて、大人の女性に成長されたと思いますよ

衛藤さんの進む道が明るいことを祈りつつ、これからも更なる飛躍を期待してます!

 
 
衛藤の歌う「アンダー」は格別だった。福岡での北野復活の時や東京ドームも良かったが、この曲のベストパフォーマンスは今日の衛藤。彼女の乃木坂での経緯を知っている者なら涙しない者はいないだろう。

あと歌唱は非常に安定している。乃木坂を卒業してもぜひまたライブをして欲しい。必ず観に行きたい。

 
 
それぞれの曲調や会場の盛り上がり方は抜きで、今日1番良かったのはアンダー。
バンド演奏の高い完成度と、表だって語ることの無いアンダー時代のみさ先輩の思いが歌声に乗ってグッときました。
歌っているメンバーは辛いかもしれないがアンダーは名曲。
理想や幻想を語る曲は気持ち良く聞けるけど、アンダーはリアルを歌っていて、上辺を超えて気持ちが入ってくる。

 
 
みさみさは本当に綺麗になりましたね。
若い子の理解者になったり、1人でいるメンバーの傍に寄り添ったり優しい子でしたね。
卒業は年齢的にも考えて事と思いますが、自分が退く事で次世代にチャンスが拡がる事を願っているのでしょう。
彼女の乃木坂の中での経験は他のメインメンバーとはまた違う貴重な経験をしていると思います。
それが彼女のこれからの活動を支えてくれると思います。
正直に言うと寂しい…すごくすごく寂しい…
絶対活躍して、そして幸せな人生を送って下さいね、みさ先輩。

 
 
自分の力で這い上がってきた人だなぁと感じます。
初期はなかなか選抜に入れず悔しい思いをしたからこそ、誰よりもステージに立てる喜びを知っている方ではないでしょうか。

選抜、アンダーを問わずに全部の列を経験して、どこにいても輝いている存在でした。
ただ、唯一経験していないのがセンター。

私は特別みさ先輩推しというわけではないですが、いないと寂しくなります。
できれば卒業センターをしてほしかったなぁ、。でも断ったのかな。
卒業に関係なくても1回くらい表題でセンターをさせてあげてもよかったとおもいます。

 
 
乃木坂46としての時間はまだ少し残っていますが、卒業おめでとうございます。乃木坂の中でも特に容姿端麗で中身は男前という非の打ち所がない美彩ちゃん。今では中心メンバーの美彩ちゃん。そんな方でもなかなか前に出てこれないアイドルの世界って厳しいなあって思った記憶があります。我々にはわからない苦労されてきたであろう美彩ちゃんが最後はソロコンサートで有終の美を飾りファンとしても感慨深いものがありました。
これからの道の方が険しいかもしれないけど、これからの衛藤美彩が楽しみです。ほんまに、お疲れ様でした、ありがとうございました。これからも応援してるけんなー

 
 
乃木坂と48グループ、アイドルグループとして根っ子は秋元プロデュースで同じだがその成長には違いがあるような気がする・・・48グループはAKBを手始めに各地域での姉妹グループを立ち上げて急速に拡大路線で勢力を伸ばしてきた。グループの核になるメンバーの卒業で新陳代謝を続けてきたグループにやや翳りがみえてきている。かたや乃木坂はAKBの公式ライバルグループとして誕生し知名度や活動で48グループに水を空けられたが地道な活動を続け今ではその差を逆転したように思う。現在4期生まで入っているが48グループのように活動拠点となる専用劇場を持たないし研究生からの昇格というものがないので確実な新陳代謝をしているように感じる、だから初期メンバーが卒業しても安定したものがあるのかなと思うが・・・

 
 
同い年のメンバーが「御三家」と称されて人気を誇る中,確かな実力と人気が有りながらもなかなか選抜に入れなかった美彩は,取り残されてしまった感じで本当に辛かったと思う。
でも,その経験があったからこそ,包容力のあるお姉さんの立ち位置を築けたのだと思う。
ソロコンサートができたのは,確かな歌唱力があるからこそ。
本当にお疲れ様でした。
これからの人生が幸せである事を,心から願います。

 
 
昨日は現地で見ていました。
バラードアレンジのパートで椅子に座って何曲もじっくりと聞くという今まで乃木坂のライブでは無かった貴重な体験をさせてもらいました。
卒コンソロライブがちゃんと意味があることが分かりましたし、ずっと推しだったみさみさのことは乃木坂のファンでいる間はずっと心に残して行きます。
もちろん4月からも衛藤美彩さんの一ファンとして応援していきます。
長い間ありがとうございました。

 
 
ミスマガジンという冠がある中で、
芸能生活全くなしのメンバーが
選抜に選ばれる事が葛藤になったと思う。

自分の居場所がここで良いのかと
思ったと自分でも言っていたが
よくやったと思う。

多くの事を学んだ下積みは決して無駄では無いので
何があっても弱音は吐かず、
最良の手法や手法を変えた方法など
困難に打ち勝つ事ができると思う。

おめでとう。

 

スポンサーリンク

おわりに

今回は衛藤美彩さんの異例卒コンについて調べてみました。 

ネットやSNS上ではいろいろな意見が出ています。

この後も引き続きどうなっていくのか注目し情報が入り次第、追記していきたいと思います。

 
スポンサーリンク