フランス デモ再激化の真相がヤバい!

フランス デモ再激化が話題になっていますね。【映像有り】

メディア報道、画像や口コミ情報もヤバい事になってきています。

いったいフランスのデモ再激化とはどういう事なのか気になりますので詳細をまとめていきます。

フランス デモ再激化の真相がヤバい

スポンサーリンク


こちらがフランスでのデモ再激化に関する記事詳細です。

フランスで続く反政権デモ、「黄色いベスト運動」は16日、再び激しさを増し、パリ中心部では混乱が相次ぎました。デモが珍しくないフランスですが、1つのデモがこれだけ長期間に及ぶのは異例です。人々はなぜデモを続けるのか、取材しました。大八木友之記者の報告です。

 フランス全土で続く反政権デモ。18週連続で行われ、これまでに、のべ140万人以上が参加したということです。

 「(大統領は)私たちの話を聞いてない。ばかにしている」(デモ参加者)

 燃料税引き上げ反対に端を発したこのデモは、全ての税金や経済政策など、マクロン政権そのものに反対する運動に姿を変えていきました。

 なぜ「黄色いベスト運動」は続くのか?地方や郊外に行くと、そのわけが見えてきます。

 高速道路の出入り口付近など、交通量の多い場所には毎日活動している人々がいます。こちらのロータリーには30人ほどが自然発生的に集まり、通過する車に向かって生活苦を訴えます。

 デモの鎮静化のため燃料税引き上げを断念し、最低賃金を月100ユーロ引き上げたマクロン大統領は、さらに国民との対話を深めるとして、今年1月から今月15日までフランス全土で討論会を実施してきました。

 「皆さんの不満は分かっています。一つ一つ解決していきます」(マクロン大統領)

 しかし、16日に行われたデモは先週よりも規模が拡大しています。社会の底流から起きた運動に終わりは来るのでしょうか。

出典元:なぜ?フランスで18週連続デモ、また激化

フランスのデモ再激化の詳細

 パリ中心部でデモ 破壊行為も相次ぐ 政権に根強い不満 -NHKニュース

 シャンゼリゼの名物カフェ炎上 「黄色いベスト」デモで放火 -産経新聞

今回のフランスでのデモ再激化についてネットやSNS上ではどのように論評されているのか口コミ情報を見ていきます。

デモ再激化したフランスの画像や動画

スポンサーリンク


フランス「デモ再激化」に関する口コミ情報

スポンサーリンク




フランスは働きや権利に対して賃金が高い。それでも苦しいのは物価が高く支出が大きいから。つまり賃金を引き上げても労働効率や製品の付加価値を引き上げないと楽にならないということ。しかも国の競争力が落ちるので皮肉にも仕事が減る。清掃の仕事が時給5,000円になったら、ランチも5,000円になるんだということです。日本での最低賃金引き上げも、この方向性になってきている。権利や義務、消費というもののバランスを考えた総合的な幸福の最大公約数を考えるのが良さそうです。



日本で考えたら夫婦収入で十分だとは思うけど、フランスは税金も物価も高いしな。
日本円で〜はあんまり参考にならないよ。



いろんな考えかたがあると思うが、フランスという国はデモが継続的にできるほど、ヒマで退屈なんだと思う…。

毎週日曜日が安息日ではなく、24時間とまではいかないまでも朝早くから夜遅くまで企業活動が自由にできるようにしてみては?

きっと、デモをやるきっかけとなった失業率や貧困、刺激的な変化を得るチャンスが訪れて、自然とこの手のデモ再激化はなくなるはずだよ。



政治も悪いのかもしれないけど、この人たちのお金の使い方も考えた方がいいのかも…、と思う。



とにかくフランスは物価が高いから、月に47万あっても苦しいだろう。
ゴーンに分けてもらうしかない。



たしかに税金が高いのかもしれないが、収入が47万円以上あって食費に月2万円しか充てられないのは何かおかしいと思う。



だって自分達で選んだんでしょ〜

ルペンさん頑張ってたじゃん
なのに極右とか言ってたよね
その点アメリカは何だかんだ言ってもトランプさんを選んで絶賛復活中️



ヨーロッパは物価がメチャクチャ高いから47万円あっても苦しいんだよ。



初夏にパリに行く予定があるけど、どうなることやら。
パリ滞在の経験あるけど、フランスは生活必需品の税率は低いです。付加価値税が高いだけで。これから消費税10%。日本もこれくらいのデモがあっていい。むしろ必要でしょ。



前にもトラックドライバーのストライキやデモを
起こして高速道路がトラックでいっぱい止まってて
通行止めになったし凄いよね

おわりに

今回はフランスのデモ再激化について調べてみました。

物価が高いようです。 

ネットやSNS上ではいろいろな意見が出ています。

この後も引き続きどうなっていくのか注目し情報が入り次第、追記していきたいと思います。


スポンサーリンク