藤井聡太七段 苦笑いした質問がヤバい!何故回答しなかった?

 

藤井聡太七段 苦笑いが話題になっていますね。

ちびっ子からの質問タイムで小学1年時の担任の名前は?と問われて「記憶力を試されているのかなと思いますが・・・すぐには思い出せない」と苦笑いして胡麻化した。

いったい藤井聡太七段の苦笑いとなったホントの理由は何だったのか気になりますので詳細をまとめていきます。

 

スポンサーリンク

藤井聡太七段 苦笑いした質問がヤバい!何故回答しなかった?

スポンサーリンク


将棋の藤井聡太七段(16歳)が苦笑いした事が注目されていますね!

本日4月14日に開催されたイベント「竜王アカデミーin名古屋」に師匠の杉本昌隆八段(50)と一緒に参加したがそこでとんでもない質問が飛び出したようです!

質問タイムで藤井7段の小学1年時の担任先生の名前は?と質問されて思い出せなくて回答できなかったようです!

藤井聡太七段なら記憶力もずば抜けてよいように思ったのですが意外と10年も経過してしまうと忘れてしまいますよね。

上の名前だけは覚えている方も多いとは思いますね。

 

スポンサーリンク

藤井聡太七段の苦笑いに関する口コミや評判

今回の藤井聡太七段の苦笑いについてネットやSNS上ではどのような声や反応が出ているのか口コミ情報を見ていきます。

スポンサーリンク


 
 
>同じ先生に教わった小4女児が質問者だったが

多分、その先生が「あの藤井七段も先生が教えた」とか自慢げに言ってたんだろうなあ。

 
 
懸命に思い出そうとするところに人柄が出てる。

 
 
藤井さんは、将棋の時代を塗り替え、躍進してきた。まだ、高校生なのに、自分自身と比べると頭が上がりません!
淡々と、将棋を攻め、かつ頭が良いだけでなく、記憶に残る将棋の攻め方が出来るから、プロだと思う。

 
 
場が盛り上がる凄くいい質問したね、お嬢ちゃん。

 
 
師匠と並んでいるとほほえましく、二人とも頑張ってほしい。
藤井七段は受け答えに頭のよさがでてる。
この人に決して「失言」は無い。

 
 
おぉ、これは全く想定外の意外な展開だ!

16才の天才少年の意外な弱点を暴くとは!
想定外のネタにメディアは大喜びだろう!

質問者の小学4年生の女の子は大手柄だ!

 
 
いくら記憶力が良くても当然キャパはある。
優れた人ほど、忘れてよい記憶は残さないと思います。

 
 
面白い質問ですね
歳をとると過去ばかり思い出しますが
藤井聡太七段の年齢では
過去よりも未来ですよね

 
 
パソコンはAMD派の藤井君
ぜひイメージキャラクターに

 
 
1週間前の夕食は?

との質問でも良かったかも?
でも、家族しか正解わからないね(^_^;)

スポンサーリンク

藤井聡太七段苦笑いの詳細

スポンサーリンク


こちらがYahoo!ニュースなど各メディアで報道された藤井聡太七段の苦笑に関する記事詳細です。

将棋の最年少棋士、藤井聡太七段(16)が14日、名古屋市で開かれた将棋普及イベント「竜王アカデミーin名古屋」に師匠の杉本昌隆八段(50)とともに参加した。

 3月末の詰将棋解答選手権チャンピオン戦でV5を達成するなど昨年度の活躍が改めて紹介されると、会場を埋めた地元ファン約200人から拍手を浴び、照れながら一礼。昨年3月に王将戦予選で公式戦で初めて実現した時以来となる師弟対局もエキシビションで行い、「楽しかった」と笑顔を浮かべた。

 ただ、ちびっ子からの質問タイムでは目が点になる事態も。小学1年時の担任の名前は?と問われ、「ええっと、記憶力を試されているのかなと思いますが…。いや…ええ~!すぐには思い出せない」と、あまりに想定外の内容だったためプチパニック状態に。

 必死に思い出そうとするが結局、正解を導き出せず「棋士だと記憶力がいいと思われることも少なくないんですが、すべて覚えているわけではないので」と降参。同じ先生に教わった小4女児が質問者だったが、答えに詰まらされての“完敗”に苦笑いだった。

 鉄道マニアとして知られるが、最近はAIを使った将棋研究が高じてパソコンも趣味になったと告白。現在は昨年購入したものを使っているが「今年買い換えるつもり」とし、令和元年に“藤井コンピューター”の更なるバージョンアップを図ることを示唆した。

出典元:headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190414-00000245-spnannex-ent スポニチアネックス

このトッピクスは本日、大変話題になっているので抑えておきたいポイントですね♪

でも毎日毎日いろんな出来事が出てきますね~(*_*;

 

 

スポンサーリンク

苦笑いした藤井聡太七段の画像や動画

スポンサーリンク


 

スポンサーリンク

おわりに

今回は藤井聡太七段の苦笑いについて調べてみました。 

苦笑いの内容は10年前の学校の担任の先生の名前を思い出せなかったという事でした。

藤井聡太七段は将棋をしている事から過去よりも先を読む未来の方が得意だったのでしょう。

ネットやSNS上ではいろいろな意見が出ていますが概ねよい質問であったと言われています。

この後も引き続きどうなっていくのか注目し情報が入り次第、追記していきたいと思います。

 
スポンサーリンク