降旗康男 死因は肺炎でパーキンソン病を患っていた【監督】

映画監督、降旗康男(ふるはた やすお)さんが5月20日午前9時44分死去する訃報が流れ日本中が悲しみに溢れています!

死因は肺炎で年齢は84歳でした。

しかし肺炎の前にはパーキンソン病を患っていたようで岡田准一さん主演「追憶」が最期の監督作品だったようで詳細とネットの情報を紐解いていきます。

 

スポンサーリンク

降旗康男 死因は肺炎でパーキンソン病も

スポンサーリンク


高倉健さん主演の「網走番外地」シリーズや「鉄道員(ぽっぽや)」「あ・うん」などを手がけた日本を代表する映画監督、降旗康男さんが20日午前9時44分、肺炎のため亡くなった。84歳。26日、東映が発表した。2016年に遺作となった岡田准一主演「追憶」(17年5月公開)の撮影終了後、しばらくしてパーキンソン病を発症。療養中の今年4月中旬に体調を崩して入院。その後、肺炎を患い、回復しないまま息を引き取った。

 

 長野県生まれ。浅間温泉で育った。祖父は衆院議員、父は県会議員を務めた後、逓信大臣に就任した。叔父は住友銀行の副頭取(当時)という家柄だった。

 1957年、東京大学文学部フランス文学部卒業後、東映に入社。63年、作家・村上元三氏の娘で7歳下の典子さんと結婚。66年、「非行少女ヨーコ」で監督デビューした。菅原文太さん主演「現代やくざ」シリーズや高倉さん主演「網走番外地」シリーズなどを手がけた。

出典元:headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190526-00000150-dal-ent

 

 

スポンサーリンク

降旗康男の略歴

名前:降旗康男(ふるはた・やすお)

生年月日:1934年(昭9)8月19日生まれ

生まれた場所:長野県生まれ

学歴:東大卒業

職歴:57年に東映入社

経歴:1966年「非行少女ヨーコ」で監督デビュー。同年「地獄の掟に明日はない」で高倉健主演作を初監督。以後も「新網走番外地」シリーズや「冬の華」「駅 STATION」「居酒屋兆治」「夜叉」「あ・うん」「鉄道員(ぽっぽや)」「ホタル」など高倉とのコンビでヒット作を連発。

78年に東映退社後はフリー。近年では、17年に岡田准一主演の「追憶」を手掛けていた。

出典元:headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190526-05260914-nksports-ent

スポンサーリンク


 

スポンサーリンク

ネットに悲しみの声が広がる

スポンサーリンク