古市憲寿 心境がヤバい【画像有り】

 

古市憲寿さんの心境が話題になっていますね!

古市憲寿さんの著書「平成くん、さようなら」が芥川賞の候補作に上がるも、受賞を逃した心境がヤバい!

34歳で慶応大学出身の古市憲寿さんについて動画や画像や口コミ情報等で紐解いて見ていきましょう。

スポンサーリンク

古市憲寿の心境とは?

 第160回芥川賞の候補作に上がるも、受賞を逃した社会学者の古市憲寿氏(34)が17日、木曜コメンテーターを務めるフジテレビ「とくダネ!」(月~金曜前8・00)に出演。悔しい胸のうちを明かした。

古市氏の著書「平成くん、さようなら」も候補6作品にノミネートされていたが、受賞を逃し、発表直後に、自身のツイッターで「がーーーーーん」とだけ短くつづっていた。

 番組では、古市氏が選考会当日、文芸春秋社からの電話に「ダメだったってことか」と落胆し「残念だなって。ツイッターに書こうかな」と話し、ツイッターを投稿する様子を放送。「周りが取れるって感じだったから。アイドルみたいにみんなが応援してくれて、アイドルってこんな気分だったんだなって。こうやって注目されて、応援されて、なんか輝くアイドルに近かったかな」などと率直な思いを語るVTRが流れた。

出典元:headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190117-00000064-spnannex-ent

 
スポンサーリンク


スポンサーリンク

古市憲寿の口コミ

40代女性
賞を取るためにこういうの書こうっていうのは本末転倒。書きたいことがあって、テーマによって小説でもいいし、評論でもいいし、テーマが合わさった時に書けばいい。その賞はさらに先のほうにある。
いいこと言うねと思いました。
素直な気持ちなんでしょうね。
今日、とくダネがあって、こちらは良かった。
友達もたくさんいて、人柄はいいんだろうね。
40代男性

古市氏のコメントが意外にも本音で面白かった。
まあ他の候補は、受賞で本が売れるし、業界の扱いも激変するが、既に世間に名を知られている彼はそうでもない。
賞のために書く訳じゃない、は確かだけど、賞でも取らねばなかなか作家で食っていけないのも事実だからね。
20代女性
古市さんは嫌いだったが、最近突き抜けて痛快に感じるのです。公共の電波にはそぐわないかも知れないが、近くにいたら仲良くなれそうな自分がいるのも事実です。
30代男性
古市さんには申し訳ないですけど受賞は無いなと思ってましたー
とくダネ!は十分宣伝になったと思います
それに今日絶対放送直に取り上げられるなと思い(案の定)テレビ前で待機した、申し訳ないが面白かった!
受賞は逃したけど受賞した作品より古市さんの作品が1番読みたいです!
…続編の期待は読んでからにしよ(笑)

スポンサーリンク


30代女性
昨日と今日のとくダネは、古市さんの本来の繊細でシャイな人間性が垣間見れた感じがして、ちょっとほっこりしました。
テレビに出て率直に発言しちゃうとすぐ叩かれるから、当たり障りないことをどうしても皆言いがち。
古市さんはいつもちょっと尖ったこと言って、それを叩かれて内心は傷つくこともあるだろうから、今回のことで少し楽になれるんじゃないかな。
そんなこと余計なお世話ですって言われるかな(笑)
50代男性
本人の心中は、有名税と言ってもちょっと気の毒ですが、特ダネのおかげで、落選した他の候補者も読んでみようかな?と心が動いた。
20代女性
某政治家の「2位じゃダメなんですか?」ではないが、候補になっただけでも、十分名誉なことだと思う
60代男性
来年もまた盛り上がりそう。だいたいどこの賞も審査員の好みと自分の弟子をなるべく受賞させたいだけなのではなかろうか。
50代男性
古市さんって番組でわざと突っ込んだコメントするけど実直で好きなんだよね
分別のある人だと思う
10代男性
昔ほど芥川賞、直木賞の価値がなくなった感じがする

 
スポンサーリンク