風疹 大流行の兆しの真相が衝撃的!【画像有り】

 

関東地方を中心に風疹(ふうしん)の大流行の兆しが話題になっていますね!

いったい、すでに昨年1年間の患者数を超え大流行の兆しとはどういう事なのでしょうか?

今回は、予防接種や抗体検査をしたほうが良い風疹について動画や画像やWIKIや

口コミ情報等で紐解いて見ていきましょう。

 
スポンサードリンク


スポンサーリンク

風疹の大流行の兆しとは?

茨城新聞クロスアイ他、メディア各局が風疹の大流行の兆しに関して下記のようなニュースを報じ話題となっています。

 風疹が茨城県内でも流行の兆しを見せている。8月中に6人が発症し、すでに昨年1年間の患者数を超え、急増している。県健康危機管理対策室は今後も患者が増加する恐れがあるとして、ワクチン接種による予防を呼び掛けている。
 同室によると、風疹は千葉県など関東地方を中心に流行しており、7~29日に取手、結城、ひたちなか、常陸太田、守谷の5市で30~50代の男性6人が発症した。1月~8月6日の間に発症者はいなかった。いずれも発熱や発疹の症状を訴えたが、入院患者はなく快方に向かっているという。

headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180831-00000008-ibaraki-l08

スポンサーリンク

風疹の口コミ情報

20代女性
風疹大流行の兆し気を付けないとね!
40代男性
関東地方を中心に大流行の兆しかあ! 抗体検査しておいたほうがいいなあ。
60代女性
風疹大流行の兆しは心配!入院患者はなく快方に向かっているみたいで安心!